【クローゼットが はちきれそうなのに 着る服がない!
そんな私が、1年間洋服を買わないチャレンジをしてわかったこと】

2017年 10月 31日 初版第1版 発行

扶桑社 発行

著者 松尾 たいこ

アーティスト/イラストレーター。
アジアを代表するアーティストの一人として海外からの人気も高い。
ファッションやグッズにも造詣が深く、20代から60代までのあらゆる世代の女性に人気がある。
ミニマリストではあるが、ただ「減らす」のではなく、こだわりを持って「もの」「こと」に対峙し、どのように向き合えば、楽しく美しく生きていけるかを常に考え実践している。

(プロフィール 抜粋引用)


アーティストでイラストレーターの
松尾たいこさんの著書です。

アメブロで
ブログもされているそうです。

“ クローゼットを見渡しても
「着たい服がない!」

コンビニでチョコレートを買うよりも
服を買う方が多いというほど
服を買っているのに! ”

そんな 松尾たいこさんが
1年間 洋服を買わないチャレンジをして
見えてきたこと。


チョコレートハットチョコレートエプロンチョコレートハイヒールチョコレートふんわりリボンチョコレート




↓チョコレートならこれが好き!
(甘さが私に ちょうどいいです。)




ファッションが大好きで
ついつい洋服を買ってしまう
オシャレな人は
とても共感するところがあるのでは
ないでしょうか?

そういう方には
とても 参考になると思います。


洋服を買わないチャレンジに
向いている人 いない人についてや

チャレンジを続けるアイデア

洋服以外の工夫

チャレンジ中、チャレンジ後の変化 

等々

さらに 巻末に ファッション本の紹介まで。



気に入った洋服以外 捨てることにしたら
マッパになってしまいそうな 失礼!
私のような人でも そんなヒトいない?
参考になることだらけでした。


特に 松尾さんの
“ ファッションで大切にしている3つの信条 ”は
万人に共通するのでは?


● 清潔感

● 若作りをしない

● 客観性


化石やドライフラワーのようなファッションにならないように!
とおっしゃられています。

これは 本当に耳が痛くて
私は
「今の自分に似合う服」
を完全に見失っているのです。

そして 着たい服も よくわからない。

そして 枚数もそれほど持っていない
(何買っていいかわからない)
ので すぐに服が痛みます。
※ と言ってミニマルでもない


クローゼットが溢れかえっては
いないけど 着てない服はある。

着てない服は メルカリで売ったり
売れないものは処分したりして
断捨離したいですね。

もともと 少しずつ 進めては いますが!


松尾さんは

“「着ない服へのコスト」を考えてみると、断捨離が進む。”

とおっしゃっていますので 考えつつ
ますます 断捨離を進めて行きたいです。

そうしているうちに
着たい服・似合う服が
わかってくるといいなー。

服がなくなる前にガーン 怖




最後まで お付き合い
頂き、ありがとうございます!

参考になれば幸いです♫





ブログ村テーマ
読書好き集まれ~