7/13 相場展望

テーマ:
お世話になります、「株式必勝倶楽部」の生方です。
連日の米国株高や1ドル112円台後半まで進展した円安・ドル高を背景に輸出関連株中心に買い
が膨らみ、日経平均は400円程度の上昇で推移しています。

決算発表が始まって好決算が期待される企業への買いが強まり、上値抵抗線として意識されていた25日移動平均の22,300円を上抜けてきた一方、この水準からは戻り待ちの売り圧力も強まる
と予想されます。
焦点の米中の貿易摩擦については、ムニューシン米財務長官が「いつでも話し合いに応じる」とのコメントや米国の追加関税措置に対する中国の反応が抑制的とする報道程度で実際の交渉再開
に至っていないことから、投資を行う上ではもうしばらく様子を見る必要があると考えます。

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

6/21 配信メール

テーマ:

お世話になります、「株式必勝倶楽部」の生方です。

EUが米国の鉄鋼、アルミニ輸入制限措置に対する報復関税を22日に発動すると発表したこ

とを受け、日経平均は下落して始まりましたが、為替が円安ドル高に振れるに伴って100円超

の上昇に転じています。


中国に加え、EUと米国の貿易摩擦が一段と強まるとの見方がありますが、欧米の機関投資家

の間ではメリットのない世界的な貿易戦争に発展するとの見方は少なく、現在は上値は追えな

いものの、売り込む動きも限定的と言えます。

当面は貿易交渉の進展を見守る必要がありますが、NYダウが7日連続安で昨年末終値の24719

ドルを下回ったことは、トランプ大統領の政策見直しに繋がる可能性があるため、そうした変

化点に注目して新規投資のタイミングを捉える方針です。

 


それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

 

6/19 配信メール

テーマ:

お世話になります、「株式必勝倶楽部」の生方です。

日経平均は、米国が22兆円規模の対中追加関税による制裁を検討するとの報道を受けて、中国株が大幅に下落したことも売りに拍車をかけ、午後に入って下げ幅を拡大して300円超下落しています。


米国が中国への制裁関税を段階的に発動するのに対し、中国も同日から報復措置を実施することを表明したため、投機筋を中心としたリスク回避の売りが株のみならず、為替にも及んで1ドル110円割れの円高に繋がっている模様です。

報復関税の連鎖が米中両国にとってメリットがないことはわかっているものの、今後は落としどころが見つかるまでは慎重に対処する必要があるため、当面は状況が落ち着くのを待つ方針を取ります。



それでは、どうぞよろしくお願いいたします