おはようございます。

 

「洗濯機がカビ臭い。」

 

「洗濯機したのに汚れる。」

 

なんて困りごとの解決策に

 

「洗濯機の洗浄」

 

これが話題になります。

 

洗濯機に水を入れる。

 

そこに

 

過炭酸ナトリウム

 

(市販では色柄もの用の漂白剤で粉のタイプ)

 

これを一本丸ごと入れる。

 

1時間以上放置。

 

そうすると

 

「スライム状のゴミが洗濯機に浮いている。」

 

これを取り除いて空運転。

 

これで洗濯機の洗濯完了。

 

の筈ですが

 

「カビが洗濯機に発生する。」

 

その原因は他にもあるようです。

 

その原因は

 

「金属石鹸」

 

と呼ばれる物質。

 

石鹸は

 

動物や植物の脂と

 

アルカリ剤

 

が合成して出来るもの。

 

そのアルカリ剤が

 

「ナトリウム」

 

 

「カリウム」

 

なら

 

「洗浄に使う石鹸」

 

となるのですが

 

「カルシウム」

 

 

「マグネシウム」

 

と合成すると

 

「金属石鹸」

 

になります。

 

これになると

 

水に溶けない。

 

石のような物質となります。

 

「洗濯で石鹸なんて作らない。」

 

ですよね。

 

実は洗濯機の中でこれが合成してるんです。

 

洗濯する衣類には

 

人の体から出た

 

 

これが染み込んでます。

 

洗濯する水には

 

「カルシウムやマグネシウム」

 

これが微量ですが溶けています。

 

それが洗濯中で合成。

 

洗濯機の見えないところで

 

金属石鹸としてこびり付く。

 

そこにカビなどが巣として入り込む。

 

この金属石鹸は

 

「一度できると中々除去できない。」

 

なので予防することが一番の対策です。

 

洗濯のプロでは

 

「キレート剤」

 

という専用の薬品を使って

 

水中のカルシウムやマグネシウムが脂と合成しない。

 

工夫をしています。

 

家庭向けには単独でこれを販売していません。

 

ただ洗剤の成分表を見ると

 

水軟化剤

 

という成分が配合されいる。

 

この洗剤を使えば金属石鹸は出来にくいです。

 

 

 

 

 

 

 

クリーニング用洗剤

 

業務用洗剤

 

リネン用洗剤

 

ユニフォーム用洗剤

 

作業着用洗剤

 

の事ならMCSへ。