おはようございます。

 

ついに

 

家で床暖房

 

会社でエアコン

 

このスイッチを押してしまいました。

 

例年よりは早いかな?

 

今年はたっぷり雪が降って

 

スノーリゾートを満喫したいな。

 

一番、スキーにはまった時期は

 

大学生時代

 

色々なスキー場に行きました。

 

その時の交通手段は

 

バス

 

深夜に出発

 

早朝に到着

 

何時間バスに乗ったか?

 

身体中が痛くなるほど乗った記憶があります。

 

ところが広島では

 

車で1時間ほどでスキー場へ。

 

リゾートも気軽に満喫できる広島です。

 

 

 

 

 

「去年は雪が降らなかったからスキーに行ってない。」

 

かなり残念なシーズンでした。

 

なので

 

「ウェアをクリーニングに出していない。」

 

という方も多いのでは

 

雪=水

 

だから乾かせば大丈夫。

 

なんて思ってないですか?

 

スキー場は特別です。

 

スキーやスノボの板には

 

ワックス

 

これが塗られています。

 

しかも雪のような低温でも効果を発揮するもの。

 

見た目以上に

 

油性の汚れ

 

これがウェアには残っています。

 

これが残ったままでは

 

変色

 

異臭

 

の原因になります。

 

そして

 

撥水加工

 

これの効果も薄くなります。

 

油性の汚れを綺麗に除去する。

 

クリーニングではこれが得意。

 

シーズン前にスキーやスノボのウェアを

クリーニングで綺麗にして

 

撥水加工も復活させませんか?

 

 

 

 

 

スキーウェアも最近はボンディング加工

 

これが増えています。

 

そして、複雑な素材が組み合わさっています。

 

なので油性を除去するドライクリーニング

 

これで一髪洗浄。

 

は難しい。

 

水洗いで油性の汚れをしっかり除去。

 

このためには

 

「前処理」

 

これが大事です。

 

簡単な一手間で結果が大きく違います。

 

MCSではウェア専用の前処理剤

 

ダウンクリーン

 

ハードタイプ

 

ソフトタイプ

 

があります。

 

素材や汚れに応じて使い分けができます。

 

詳しいお問い合わせはこちらへ。

 

https://www.mcs-clean.net/contact.html