こんにんちは。

東京 パステルアート おとなパステルの杉本みのりです^^

 

 

少し前から、私が酵素液を作っていることを

ブログやニュースメールで書くことがあるのですが、

 

これが面白くてですね^^

 

 

自分の整えを怠ると、途端に響くんですね。

 

微生物たちに。

 

 

 

で、この自分の整えというのがまた

パステルを描く時と、とても似ているんです。

 

 

 

先日の白の世界応用へお越し下さった方へは

「おとなパステルの奥義」(大げさ(笑))としてお伝えしたのですが、

 

【小さな差をおろそかにしないこと】と、

大いにシンクロするんですね。

 

 

 

絵が乱れると、酵素液の点数が下がる。

 

いい酵素液が作れる時は、調和の取れた絵が描ける。

 

そして、それはそのまま家庭の様子に繫がっているって気付きました。

 

 

 

自分が整わないと、家の中もぐしゃぐしゃ。

自分が平和で居る時は、家の中も居心地いい♡

 

 

目の前の景色は自分で創ってるというのは本当だなぁと、つくづく。。

 

 

そんなときに、私の自分整えはやっぱり「パステル画」なんですね。

 

 

 

そういえば、

「白の世界はいいですね~!

 白の世界は観ていても描いていても、心が落ち着くんです。

 いろんなことがあっても、ここに戻ってきたら心がすーっと平和になるんですよ」

 

と仰って下さった方が^^

 

 

同じです~♡

 

 

 

パステル画を描くって、今までは

  「アウトプット」

だと思っていたのですが

 

もしかしたらとても重要な

  「土作り」

なんじゃないかと、ふと思った今朝でした^^

 

 

 

 

大人になってから学び描く絵は、

センスよりも、【小さなことを大切にする】ことで

驚くほどビューン!とブラッシュアップしていきます。

 

 

もうね、私たちの年齢では

【思い遣り】がそのまま【エネルギー】として乗ってしまうんですね。

 

 

文字ではないけれど、

色や形という姿で表された「ありがとう」「愛してる」

パステル画の姿をしているだけかもね~なんて思ったりします。^^

 

 

 

それは煮物を作る時の、まるで

  • 丁寧にお出汁を取るとか
  • 野菜の繊維の方向を考えるとか
  • 煮崩れないように面取りをするとか

そんな普段少しだけ配慮する、
だけど自然にこなすあれこれと、とてもよく似

 

ていると思いますよね^^

 

 

 

大胆に、意匠を狙った、若い人の
エネルギー溢れたチャレンジ絵もあれば、

 

穏やかに丁寧に心をこめて紡いでいく
私たち世代の絵
もあるんですね^^

 

 

 

どちらもあってこの世界のバランスが取れているのなら、

私たちは私たちにできる調和の世界を作り方で参加してまいりたいです♡

 

 

だから土作りこそ丁寧にしたいものです。

どんな種を植えても、そこから芽を出せばスクスクと育っていけるように。

 

 

 

いつも有り難うございます^^
ランキング参加しています。1日1回ポチっていただけると励みになります☆

 

 

 

 

 

年内最後の 12/2(日)クリスマス特別制作講座

 記事1  記事2

 

●額縁を特別受注生産で必要個数だけ制作のため、11/25がお申し込み締め切りです

 

資料の必要なかたはこちらからコメント欄に「WS詳細希望」とお書き添え下さい^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます。

東京 パステルアート おとなパステルの杉本みのりです^^

 

 

今のフラワーパステル画の基礎になった、

フラワー講座ゼロ期の記事が上がってきました。

 

なつかしい~!^^

 

先日この時のお一人が来て下さり、なんとなくシンクロも嬉しい。

 

3年前のこの頃にも一緒に描いていたんですね!(⌒⌒)

 

 

 

私が講座で今までも、これからもずっと
一番大切にしていたいのは、


誰かの真似じゃなく、その人の内側にある
一番の魅力を怖れず表に出していただけること。



どこまでもどこまでも包み込む優しさが特徴の方はそれを活かすように。
はつらつと透明な輝きの方は、それが生きるように。


どちらもそれぞれの個性を発揮しながら
「おとなパステル」を意識されているのがわかりますね。^^



「今まで描いてきたパステルとは違うものを描きたい!」
という熱意があるだけあって、

毎回の新しい経験も、
スムースに吸収されていらっしゃるのがほんとに嬉しいです。^^

 

 

3年経って、白の世界を基礎~応用とご受講頂いて、

「フラワーは難しかった~~!」って仰っていました。

 

 

ゼロ期には私も私のしていることを

言葉で説明する

のが下手だったなぁ~~って思います^_^;

 

 

いつも無意識に、淡々としていることを

理論的に言葉にするって、本当に難しいんですね。

 

なにしろ呼吸するように自然なことなので意識したことが無いんです^_^;

 

 

ここから「自分の学んだ血となり肉となった事を言葉に表す」学びが、

私自身もスタートしたんだなぁ・・って思います。

 

 

だから、まさにここから!

 

曼荼羅花アート(心花絵写し®)も白の世界も、

講座の進め方が変わりました。

 

 

 

そんな懐かしい講座の

珍しい途中で時間切れで完成出来なかった画像です(笑)

 


 

 

 

 

 

 

いつも有り難うございます^^
ランキング参加しています。1日1回ポチっていただけると励みになります☆

 

 

 

 

 

12/2(日)にクリスマス特別制作講座

 記事1  記事2

 

●額縁を特別受注生産で必要個数だけ制作のため、11/25がお申し込み締め切りです

 

資料の必要なかたはこちらからコメント欄に「WS詳細希望」とお書き添え下さい^^

 

 

 

 

おはようございます。

 

東京 パステルアート 白の世界の杉本みのりです^^

 

 

昨日はグループ開催最後の、白の世界応用講座でした。

 

試しに机の配置を変えてみました♡

 

 

ホワイトボードさえ見やすければ、この配置でもいいかな~^^

 

 

 

 

 

 

さて。。

講座は毎回、細かいところがマイナーチェンジしています。

 

 

さらに集まるメンバーによって、

 

テキストの基本内容

 +

メンバーの空気で決まるカスタマイズ内容

 

で、その日に臨機応変に構成を変えています。

 

 

なので再受講されても、

毎回少しずつ違う内容が「プラス」されているんですね。^^

 

 

 

というのも、たとえば白の世界なら、

  • 消しゴムの使い方を詳しく知りたい人が多い時、
  • 構図を詳しく知りたい人が多い時、
  • なめらかな塗り肌を作りたい人が多い時、
  • 立体の作り方を知りたい人が多い時、、

毎回、全体の流れが違うんです。

 

 

 

だから、「基本+」の、プラスの部分

都度、私の中から引っ張り出してお伝えしています^^

 

 

 

 

今回はね、

(私の覚えてる限りでは)

  • 色を重ねて塗る時の塗り方(上にふわっと置くだけなのか、しっかりと塗り込むのか)&その違いと作業との関係
  • 自分の選ぶ色、塗り方がいつも薄すぎるけど、そのいつもの薄い色のチョイスで果たして深みを出せるのか?出せたとしたらそれはどうすればいいのか?
  • いつもの自分と違う一面を出したい。出すためにはどうすればいいのか?
  • 自分のイメージする「消しのグラデーション」にならない理由は?その防ぎ方は?

 

 

みなさん、「今目の前にある自分の課題」をちゃんと自覚されているんですね。

 (素晴らしいでしょ?^^)

 

 

そして、解決したいことは、

十把一絡げのアドバイスじゃイマヒトツ「???」で・・、

 

 

やっぱり、

「私の場合はどうしたらいいの?」

なんですよね^^

 

 

・・なので。

 

 

基本の流れを守りつつ、

できるだけ一人ずつのお悩みを解決する方法を取り入れて進めてみました^^

 

マニアなご報告は、マニアなブログにアップしますね~☆

 

 

 

今日は枚数も多くてカメラでは全体を撮れず、iPhoneでやっとこさ撮りました^_^;

 

 

 

 

 

 

最初に「オリジナルの多色」を描いてみて、

そこから「効率のよい色の選び方」を、

さらに「勘違いしまくってた色で描く1枚」を、

次いで「すっぴん風メイク」のパステルでの描き方のコツを、

グレーとカラーの組み合わせという混色を、

そして空にかかる虹とは違う塗り方で、「簡単アレンジの虹」、そして空気の作り方を、

 

描いて頂きました。

 

 

 ↓↓それは・・

 

 

効率のよい色の選び方は,プロの世界で当たり前に(だけど無意識に)使われている技法です。

最小のエネルギーで最大の効果を出せれば「描くことに集中」できますものね^^

 

今まで「手が伸びなかった色」は、案外と「使い方を知らなかっただけ」なのかもしれませんよ^^

 

すっぴん「風」メイクは、丁寧な下地が命!ですよね^^

 すっぴんだから手抜きをしているのではなく、反対に丁寧に微差を追求します。

 パステルも同じなんです。

 シンプルなのは、手抜きをすればいいわけでも、行程を少なくすればいいわけでもありません。

 ミニマムな表現に「見える」だけ。

 そんな【微差の作り方】を「パステルという画材の特性の場合」で演習しました。

 

虹の七色を、細い橋の中で塗り分けるのは至難の業です(笑)

 (私なら面倒でやりたくなーーーい!^_^;)

 そこで「虹に見える、虹じゃない描き方」をします。ここにもミニマムな略し方がありますよん。

 

グレーはどんな色とも仲良くできますが、他のカラーとは違う性質を持っています。

 水色や桜色と少し似ていて、混色に気をつけたほうがいいポイントが幾つがあります。

 

 

 

たぶん、ひとつひとつそれぞれが、ひとつの講座になるテーマ。

1日でまとめて演習するのは、これが限界かなーーー^^

 

 

 

どれも、朝にみなさんからピックアップした

「今日知りたい」ことのための演習です。

 

 

もね、その場で希望を入れて、

組み立てて、

それができちゃう自分を、

「私ゃ、天才か!?」と思ったよ!(⌒⌒)

 (もちろん冗談ですけど(笑))

 

 

もれなく出来たかな? 出来た・・よね?

(漏れがあったらフォローグループで遠慮無く言ってくださいね!^^)

 

あ~~、濃かった!(笑)

 

 

あとは、これから1ヶ月かけて、

もっともっと!ブラッシュアップしてまいりましょう~♡

 

 

パステルで表現するって、本当に奥が深い世界なんです♡^^

 

 

 

さて。。

 

残念ですが、

 

白の世界講座のグループ開催はこれで終了となりました。

 

以後は,ご希望の方にリクエスト開催でご提供してまいりますね。

(通常講座に会場費の実費を加算して頂きます。出張は別途出張費必要。)

 

 

 

 

 

最後の回へいらしてくださって有り難うございました!☆

 

みなさんが和気藹々と、楽しく描いて下さる様子を拝見していて、

とーーーっても幸せでした(⌒⌒)

 

心から両手一杯の有り難うを、今日の皆様へ♡

 

 

 

 

 

さて、年内のグループ開催は

12/2(日)のクリスマス特別制作講座 (ワークショップ)を残すのみとなりました。

 

ずっと飾って頂けるクオリティーの作品制作体験、してみませんか?^^

 

たかがパステル。

されどパステル。

アカデミックなアートの要素を随所に取り入れておりますよ♡

あと1~2名様お席ご用意できます☆

 

 

 

 

 

12/2(日)にクリスマス特別制作講座

 記事1  記事2

 

●額縁を特別受注生産で必要個数だけ制作のため、11/25がお申し込み締め切りです

 

資料の必要なかたはこちらからコメント欄に「WS詳細希望」とお書き添え下さい^^

 

 

 

 

 

その後は来年5月まで、半年ほどグループ講座は開催できません。

 

個別にプライベートでの開催をリクエスト頂きましたら、ご相談に応じますので

お気軽にお問い合わせ下さい。^^

 

 

 

いつも有り難うございます^^
ランキング参加しています。1日1回ポチっていただけると励みになります☆