この投稿をInstagramで見る

【深刻化する若年性膝関節症】 画像は40代女性の膝関節内側部の長軸(縦切)画像です。エコー画像に慣れている方は70代後半から80代の膝と勘違いされるのではないでしょうか? 近年、若年者の体重超過、下肢筋力の低下による「若年性変形性膝関節症」が増加傾向にあります!さらに、外出自粛による運動不足が追い討ちをかけています!! 画像の患者さんは疼痛のために日常生活に大変な支障をきたしています!提携医療機関での人工関節手術の話もありましたが、若すぎるため適応になりませんでした(人工関節の耐用年数が10年から15年のため)。 当院では疼痛コントロール、筋力トレーニング、ダイエットプログラムを実施。先月まで続いていた、週に何度も繰り返していたロッキング(膝関節に軟骨が引っ掛かりロックされる現象)や立ち上がり時の激痛は改善傾向にあります。しかし、変形は一度起こると二度と元には戻りません!科学が進歩し、便利なものが増え、人間の体は退化しています!とても深刻な問題です!! #接骨院 #接骨院えん #若年性膝関節症 #膝OA #膝痛 #膝ロッキング #膝人工関節 #人工関節 #ダイエット #ケガ #骨折脱臼打撲捻挫 #塩釜 #多賀城 #七ヶ浜 #利府 #深刻 #便利すぎる世の中 #科学の進歩と人類の退化 #オンラインの普及でさらに深刻化 #人の足はなくなるかも #映画館ウォーリーの世界

接骨院えん(@bonesetter_en)がシェアした投稿 -