『育てたように子は育つ』


大人になった我が子を見て、

またはベビーシッターをしているご家庭を見て、


しみじみ思うのは この言葉。


本当にそうだなーと思って誰の言葉か調べたら

相田みつをさんのなのですね。


『育てたように』は

教育や躾をしたことだけでなく


親の後ろ姿を見て育つ、のように親の行動や

DNAみたいなものも含めて。


ポイントは

子どもに対しての親の理想通りの

『育てたいように』でないところ。


ただただ子どもにしてきたことが、

または自分のしていることが、


そのまま"子育て"になるような。


そんなこと言っちゃうと

子どもと接する時に

襟を正さなきゃならないようにも聞こえるけれど


結局は

そうやって育つんだから


肩肘張らずに子育て楽んで大丈夫!


そんな言葉にも聞こえます。


↓ベビーシッターを始めた時から使っているハンコ。

子どもたちには羊に見えるらしいけど、薔薇です、笑。