私のお客様が打球事故を起こしてしまい、

柄にもなく落ち込んでいましたが、

励ましのコメントやメッセージをいただけたり、

支離滅裂な文章だったにも関わらず、

私の記事をリブログしてくださり、

ファーについてのお考えをお書きになって下さった

ゴルフに真摯に向き合っていらっしゃる

素敵なお二人のその時のブログを紹介させてください。

お二人のようにお考えになってくださる方がいらっしゃるんだ!

そう思えて、やはり頑張ってみようと励まされました。





ろん☆さん



お二人のお力添えで、

去年12月から始めたキャディブログですが、

普段アクセス数が2桁、たまに3桁だったのに、

4桁とかになっちゃってました。滝汗


ろん☆さんなんて、

「美人すぎるキャディさん(仮)☆」

ってタイトルだったから、

男性は食いついちゃいますよね。笑

あ、ろん☆さんの記事はいつもクスッとなるものですが、

↓はゴルファーの方々なら、

あるある!となりますよ。

私はすべてあるあるでした。



ゴルフをなさる方々にお伝えしたいのは、

本当に危険な場面になってしまったら、

ご自分の球でなくてもファーは叫んでいただきたいですし、

プレーに集中したり、キャディですらお客様と会話していると、

意外と他ホールからのファーを聞き逃します。

でも交通事故や病気と同じで、

明日は我が身です。

ファーが聴こえたら頭を隠す、木やカートに隠れる、

更にはプレー中、

特にティーショットを打つ際、

また林など隣ホールとの間や隣ホールから打つ際は、

是非、

周りにも目を向けてください。

もちろんそんな時はキャディが付き添うはずですが、

セルフプレーが多くなっている時代ですし、

そういった怖さを教わらないまま

セルフコースに慣れてしまっている方も少なくありません。

あとは

年に数回しかコースに行かないからゴルファー保険は入らなくていいや

生意気ですが、

そういう方こそ危険なんです!

熱くなってしまいましたが、

微力ながらキャディ目線のブログを

これからも素敵な方々に支えていただきながら

不定期ですが書いて行こうと思っている

アラフィフの、決して美人ではないチビです。わはははは