御堂龍児の楽しい・おいしい・フシギ台湾ガイド

御堂龍児の楽しい・おいしい・フシギ台湾ガイド

御堂龍児が気の向くままに、楽しくて、美味しくて、不思議、ディープな台湾の情報をお届けします。


テーマ:
〜〜四回めの間取りの話です。

新しく家を建てるのは、たいへんな労力と時間がかかります。
風水の良い家なら、入居後の半年から1年くらいで良い感じが感じられます。
風水の悪い家なら、建ち上がってから暫くすると、そうですね…1年半から2年もすると何が変だなぁ、と感じますね ガーン

特に注意するのは、下の図のように大きく欠けている場合です。
この家は、格子のたくさん入っている部分が南で、採光を良くするために大きく凹んでいます。
この方角は南です。また、四神相応の青龍方です。

南は基本的に、結果の方位であり、これまでのことを回収するという意味があり、目上の人・応援してくれる人です。
青龍も目上の人・応援してくれる人です。

これらの方位が重なって欠けているからかどうか  …入居後にメインの顧客が2社も他所に行ってしまった、ということです えーん

新築で一番に注意するのは、家の中に排水パイプを通さない、ということです。
絶対にダメですが、最近多いのです !
下の図は、キッチンや風呂場などの水周りが、家の中心にあるため、排水パイプが家の中心から玄関横を抜けて、外に繋がっています。
リビングや寝室から庭を楽しめるように設計したそうです。
ここを建て替えてから、咽喉の病気で入院しました…
上の図は特殊ですが、最近は大手建築会社の設計でも、家の真ん中から水周りのパイプを通すのをよく見かけます。経費削減ですね!
プンプン 新しく家を建てる方は、ご自身でよく注意した方がいいでしょう。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス