今日届いた。
「男はつらいよ50 お帰り寅さん」

昨年末この作品を観て
すぐに柴又に寅さんに逢いに行って
そしてこの3ヶ月間ほぼ毎日
寅さんに会った。

49作品を見続け
一日一笑。一日一ホッコリ。
寅さんのおかげで
かろうじて表情筋を保てたと言ってもいい。
ホントにホントに助けられた。
たくさん救われた。

終わりが見えてくると
胸がギューってなったりして
最後の作品は涙が止まらなかったけど
またこうして帰ってきてくれた。

おかえり寅さん。
ありがとう寅さん。


また柴又に逢いにいくね。



「THE BUCKET LIST」
この原題を聞いたとき、その意味を知り
衝撃を受けたことを覚えている。

引きこもった週末の2日間、
とにかく映画を観まくった。
その中の一本「最高の人生の見つけ方」
観るたびに触れる琴線が違う。

人生に喜びを見つけられたか。
他者に喜びを与えられたか。

2番目に書かれていたリスト。

Help a complete stranger for a common good 赤の他人に親切にする。

「自分も幸せになり、誰かを幸せにできた」そういえる人生をおくろう。

My Bucket Listに加えて迎えた今日。
番組中に入ってきた訃報。
志村けんさん。
私の人生の笑いの大部分をくれた人。
その笑いにたくさん救われた。

Laugh till I cry 泣くほど笑う」

私の人生のBUCKET LISTにも追加しよう。






グッドバイ。
映画が公開される前に舞台版を鑑賞。


シニカルな笑い
ユーモアからの笑い
笑えないのに笑ってしまう
色んな笑いの種類を体感したあと
ラストは泣かされた。
まさかの愛の表現にグッときた。
藤木直人さんとソニンさん。
やられた。

演出も魅せ方も素晴らしく。
生瀬勝久さん演出。

そして見事な世界観を作り出していた音楽。
その音楽を手掛けた瓜生明希葉さん。

色んな才能が結集して作り出される舞台は
やっぱりおもしろい。

舞台「グッドバイ」
2/16までシアタークリエにて。