★大阪★20代・30代『お金』の不安を解消するブログ★

★大阪★20代・30代『お金』の不安を解消するブログ★

大阪・南森町で独立系FP事務所を開設している井上耕太です。
20代・30代は大きな支出のライフイベントが重なり、今後の『お金』の不安がのしかかります。
そんな『お金の悩み』を全部まとめて解消!
資産形成・投資での『お金の殖やし方』も提案しています(^_^)★

今日のテーマは、『市場が抱える、失業者予備軍という名の時限爆弾【日本編】』です。

 

 

 

 

九州は、大変なことになっていますね。

 

 

何故か、

 

 

最近は『未曾有』『100年に一度』の枕詞の付く、

自然災害が、『毎年』起こっているように感じます。

 

 

現在、

 

 

『人』が居住しているエリアというのは、歴史的に見て、

災害等があまり起こらなかった地域というのが通説です。

 

 

しかし、

 

 

今、その地域を直撃する『自然災害』が多発するようになり、

明らかに、『自然環境』の潮流の変化が起こっていますよね。

 

 

今年は、

 

 

初春頃から『新型ウイルス』の話題に翻弄されて、

季節を感じる心の余裕も、あまり無かったように思います。

 

 

幸いなことに、

 

 

日本はじめ、アジア地域での感染者の重篤度は、

欧米諸国のそれと比較しても幾分軽症のようで、

日本国内は、落ち着きを取り戻してきました。

 

 

私自身、

 

 

先月(6月)中頃からは、実に約3ヶ月ぶりとなる、

『対面』での個人面談も、再びスタートしています。

 

 

しかし、

 

 

海外に目を向けると、覇権国であるはずの米国を中心に、

まだまだ、『感染拡大』はその勢いを落としていません。

 

 

その感染者数は、

 

 

遂に、世界累計で『1100万人』を突破するまでになり、

累計での死者数も『50万人』を超えて、続伸し続けます。

 

 

当初、

 

 

過去の『歴史的パンデミック』よりも小規模と考えていましたが、

私自身も含めて、完全に、『目算』を誤ってしまっていましたね。

 

 

よもや、ここまでとは想像していませんでした。

 

 

先日の公式ブログでは、

 

 

『株式市場の高揚感と裏腹に、燻り続ける第二波への懸念』と題して、

世界市場が抱える、『根本的課題』についてご紹介させて頂きました。

 

 

確かに、

 

 

日本をはじめ、落ち着きを見せるアジア『国内』においては、

『人の流動性』も『底』から復活を見せつつあると思います。

 

 

しかし、

 

 

『国境』を超える流動性については、まだ全盛期から程遠く、

『経済活動』は、ピークを基準に考えて半分以下という状況。

 

 

当然、

 

 

この状況では、世界的に生み出される『価値』の総量も減少し、

必然、人の介在を必要とする『仕事』の総量も減少しています。

 

 

先日の記事中、

 

 

『米雇用統計』のデータをさらっとご紹介しましたが、

新規雇用『前月比480万人増』はポジティブでなく、

単純に、基準となる『前月』が悪過ぎたという形です。

 

 

以前、

 

 

確か、日本が『最悪期』にあった4ー5月だったと記憶しますが、

『失業者予備軍』が、700万人規模存在するとご紹介しました。

 

 

これは、

 

 

『完全失業者』と表現される方々が100万人超いることに加えて、

『休業者』が、これとは別に600万人規模存在する事を示します。

 

 

それから約2ヶ月の時を経て、

 

 

その中の『約7%』もの方々が、実際に職を失ってしまい、

未だ、休業者は『432万人』規模で存在し続けています。

 

 

実際、

 

 

活動拠点・大阪でも、多くの商業施設が営業再開しましたが、

営業自粛・短縮を続ける店舗もちらほら有り、明らかに雇用は減少します。

 

 

また、

 

 

以前存在した店舗も、これを機に廃業している所も散見されて、

その関係者の方々は、確実に、『職』を失っている訳ですよね。

 

 

幸か不幸か、

 

 

『給与』『夏季賞与』に影響を受けていない方も存在し、

この状況で『危機意識』が欠如している方も存在します。

 

 

ただし、

 

 

昨日も述べた通り、秋以降の『第二波襲来』は不可避と考えられ、

次回の『緊急事態』は、乗り越えられるか、非常に怪しいですね。

 

 

早急に、『当事者意識』を持つことが大切です。

 

 

『雇用』に話を戻すと、

 

 

5月度は、日本国内だけで『76万人』もの雇用が減少し(*)、

その流れは、宿泊・観光業、飲食業、レジャー産業等で顕著です。

*『前年同月比』としての数字。

 

 

更に、

 

 

雇用形態では、『非正規労働者』が圧倒的に不利となっており、

前述の数字中『60万人超』をこの方々が占めている状況です。

 

 

また、

 

 

今回の危機では、教育機関も同時にストップしたことから、

そもそも、『就業意思』すら持たない方々が増加しました。

 

 

いや、『働きたくても、働けない』という方が、正しい表現ですね。

 

 

6月入り、

 

 

全国的に『教育関連機関』も再始動しはじめましたが、

『第二波』の襲来する秋以降、再びストップする可能性も十分有ります。

 

 

実際、

 

 

民間調査でも、『ネガティブ』な展望が多数派を占めており、

5月現在、『2.9%』とされている『完全失業率』は、

2020年末までに『4%台』まで増加すると予想されます。

 

 

まだまだ、『底』では無かったんですね(笑)

 

 

このように、

 

 

日本国内だけでも、私たちがイメージする以上に大規模な、

『失業者予備軍』という名の『時限爆弾』が、存在します。

 

 

和やか(?)なムードは漂って来ましたが、

 

 

専門家の先生方の考察の通り、この状況が解決するには、

『数年規模』の時間が必要になることを認識しましょう。

 

 

そして、『出来るうち』に、『出来ること(準備)』に進めておいてください。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『オンライン:Zoom受講』に切り替えて開催しております。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

通常、

 

 

リアル開催は『1人(講師)対複数人(参加者の皆さん)』の開催ですが、

原則として、Zoom開催は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*『個別質問お答え出来る』というメリットも有ります。)

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太