michi の ひとりごと

michi の ひとりごと

Since 2010



優しい春のような そんな気持ちで 過ごしたい ・・・

~ 記事中動画について ~

当ブログはPC向け用に作成している為、携帯端末では一部動画についてご覧いただくことができない場合があります。また過去記事中において動画の作者・配信元などの都合により再生できない場合もあります。

god anime
NEW !
テーマ:
9月4日発売の不二家「サロン・ドゥ・ルック あまおう苺のショートケーキ 55g」です。


ニュースリリースなどでは


甘酸っぱい美味しさを閉じ込めたとろ~りあまおう苺ソースと、まろやかなバニラホイップクリームをミルクチョコレートで包み、「苺のショートケーキ」をイメージしたデザートショコラです。

とアナウンスされ、原材料・栄養成分は以下内容となり


原材料:砂糖、植物油脂、いちごソース、全粉乳、カカオマス、ココアバター、乳糖、乳等を主原料とする食品、脱脂粉乳/乳化剤(大豆由来)、トレハロース、酸味料、香料(乳・大豆由来)、着色料(紅麹)、増粘剤(ペクチン)

栄養成分 1粒(標準7.2g)当り:エネルギー41kcal たんぱく質0.4g 脂質2.7g 炭水化物3.8g 食塩相当量0.009g

サロン・ドゥ・ルックとは "本格的なデザートの美味しさを大粒ショコラで味わう" "一粒で満足感と幸福感をお届けする" をコンセプトとするグルメタイプのルックのことをいい

パッケージの "ホットスタンピング(専用の機械で加圧・加熱し金属調の文字・絵柄などを非転写物に転写する加工法)によるロゴ" が(いつものように)高級感を感じさせ


箱の中には "真っ赤な苺をイメージさせる色合いの小袋で個包装されたチョコが8個" 入れられ


包装を外すと "底面一辺が約2.5㎝・高さ約1.5㎝の大粒チョコ" から "苺の香りがほのかに漂い"


口に含むと "全体を包むなめらかな口溶けを持つミルクチョコ" に続き "とろりとしたあまおう苺ソースの(やや酸味が強めの)甘酸っぱさ" と "口の中ですぐに溶けてしまうまろやかなバニラ風味のホイップクリームの甘さ" が広がり

感覚的には(スポンジ食感こそ望めないものの)"飾りとして乗せられたチョコとともに生クリームと苺がサンドされたショートケーキをいただいているかのような味わいに仕上げられている" ようにも思われ


感想としては(試食を重ね導き出されたであろう)"絶妙なバランスで2層仕立てされた苺ソースとホイップクリーム" が "苺のショートケーキの味わいの変化まで再現している" "グルメチョコというにふさわしい出来栄えのサロン・ドゥ・ルックだね" という印象です。

Thank you for reading

ペタしてね

ぺタよろしくお願いします!

テーマ:
9月4日発売のブルボン「ショコラエリーゼ 10本」です。


商品については

サクッと軽い歯ざわりのウエハースでチョコクリームを包み、その上からさらにチョコレートでコーティングしました。

とアナウンスされ、栄養成分・原材料は以下内容となり


栄養成分 1本(標準7.2g)当り:エネルギー40kcal たんぱく質0.5g 脂質2.5g(飽和脂肪酸1.4g) 炭水化物4.0g(糖質3.7g 食物繊維0.3g) 食塩相当量0.009g

原材料:砂糖、カカオマス、植物油脂、小麦粉、全粉乳、乳糖、デキストリン、大豆粉、液卵黄(卵を含む)、コーンフラワー、ぶどう糖、食用加工油脂、カラメルパウダー(乳成分を含む)、ホエイパウダー(乳成分を含む)、モルトエキス(小麦を含む)、ココアパウダー、食塩 / 乳化剤(大豆由来)、香料(乳由来)、ソルビトール、着色料(カラメル、カロテノイド、ウコン)、トレハロース

エリーゼは "サクッと軽い歯ざわりのウエハースでコクのあるチョコクリームとまろやかなホワイトクリームを包んだ2つタイプをアソートした" もので

(エリーゼ)

今回の "チョコ仕様のエリーゼ全体にチョコ掛けしたショコラエリーゼ" については 、昨年11月に登場した同名商品の "パッケージデザイン上下を入れ替えただけ" のような気がするも

(2017年11月登場ショコラエリーゼ)

いただいてみると、箱の中に "手を汚すことのない個包装されたエリーゼが10本" 入れられ


"長さ約9㎝サイズのエリーゼに掛けられたチョコレートは豊かなカカオ風味となめらかな口溶け" を持ち


噛みしめることで "サクサクとした軽い食感の芳ばしいウエハースとペーストを思わせるやや甘さのあるチョコクリームがほぼ同じタイミングで溶け始め"(いい意味で変わることのない)"エリーゼの特徴でもある一体感のある味わいが広がっていく"ように思われ


感想としては(私の場合)"エリーゼをいただく際紅茶を選択することが多い" けれど "チョコ比率の高いショコラエリーゼにはコーヒーの方が合うみたいだね" という印象です。



Thank you for reading

ペタしてね

ぺタよろしくお願いします!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス