Miceの様子。

Miceの様子。

東京理科大学でロボットを作っているサークル「Mice」での活動の様子を徒然なるままに。
マイクロマウスブログ。

東京理科大学、ロボットサークルMice。
マイクロマウスやライントレーサーなど、ロボットのブログ。



各部員のBlogへはこちらからどうぞ音譜

1.自己紹介と出席確認

これまで自己紹介をする機会が無かったので、それぞれ役職、学年学科、名前、Miceでの活動などを紹介した。

 

2.今年度の部費・入部金について

背景

・現状活動できていないので、部費は集めなくても良いのではないかという議論があがった。これに関して今回の総会で決定したい。

 

意見

・今までは月1回の部会の時に、会計が500円を集めていた。

・補助金が部費に応じて貰っているので、部費を集めるのと集めないのでは補助金の額などが変わってくる。

→classによると、今年は補助金支援については行っていないことが判明した

・今年かかったお金は新歓費、壁のお金、サーバー代である。

・繰り越し金があるため、今年集めない場合でも財政的には心配がない。

 

承認

・今年部費を支払わないことについて承認をとった結果、出席部員の3分の2以上が承認したため可決された。

 

3.部費、入部金に関わる部則の改訂について

背景

・2項の部費、入部金について部則の第36条、第37条に加えて、第38条を加え以下の文言を追加することについて承認を取った。

 

特別な事情で活動が困難な場合、部位・入部金の支払いを延期・免除できることを総会にて部長、副部長、会計長の同意のもと発議できる。

 

承認

・部則の変更について承認を取った結果、出席部員の3分の2以上が承認したため、可決された。

 

4.OBOGに関する改訂

・OBOG会を毎年一回行う予定であるが、今年はコロナ禍のため開催が難しいので、原則毎年一回行うという方針とし、部則の文言も変える。

 

5.新役員発表

2021年度の役員発表を行った。

 

これについて第44条の「役員選挙における被選挙権が1~2年次生に与えられる」という文言を省いた方が良いとの意見が出たため、第44条自体を削除するという案が出た。

また第43条の「役員選挙における選挙権」を「役員選挙における選挙権・被選挙権」に変更する。

 

6.Slackの招待と懇親会の内容

・新入生をSlackに招待した。

・懇親会を行った。

→投票の結果ブレークアウトセッションにてワードウルフを行った。

1.部員自己紹介 
2.部室使用に関する注意(3日以上前に支援課に許可をとらないといけない。詳細はclassの課外活動欄にて)
3.新入生と何をするか→プログラミングと電子回路の勉強をやる
4.3を行うためのツールはgoogle driveでデータファイルのやり取りを行う。また,そこで必要な会話はslackを別チャンネルもしくは別work spaceを作成して行う。zoomを使ってもいい。

1.新歓について

・Zoomで来週の土日にオンライン合同新歓を行う。

→新歓実行委員会主催の新歓

→先週新歓実行委員会から連絡があった。スライドは現在作成中。

 

・合同新歓の他にも今連絡をもらっている新入生向けにZoomで新歓を行う。

→ハードは厳しいので、ソフトだけ講習会を開くのもありかも

 

2.今後の活動概要について

・今後もZoomで部会を行う。

・部室が開くのが9月以降になる。

→短時間で警備員立会いのもとで部室をあけることは出来るが、10分以内なので作業は不可能である。備品を取り出すだけしかできない。

1.新入生教育について

GW明けにはハード、ソフトが完成する。

→大学が始まる前にハードとソフトで打ち合わせ。

STMが届くのは6月以降

 

2.LINE@

・オフラインで活動するサークルは新入生が集まりにくい?

LINE@運用を開始する。Twitterなどはリツイートしてほしい。

1.新入生教育について

GW明けにはハード、ソフトが完成する。

→ソフトの教科書のSTMバージョンを作らなければいけない。

STMが届くのは6月以降

 

2.LINE@

・他大生の方から34人ほど入部希望があった。

→理科大の名簿には載らない(警備員室で鍵が受け取れない)が、部費だけ徴収

→私たち部員が、他大生が希望したときに開錠できるようシステムを考えることが必要である。

 

3.今後の予定

・夏合宿は開催できるのか

→夏休みが2週間なので開催するのは難しいのでは。代替案として大学で2日間合宿っぽいことをやるなども検討。

・秋葉原での部品購入

→しばらくは控える、今後の状況次第

いずれもコロナの終息により見通しが立った時点で、部会やslackで議論する。

 

4.部員プロフィール

・部室が開き次第、副部長が担当する。

 

1.STの支援について

 顧問の中村先生に連絡後、STに返信

 F303K8 3個+α

 L432   10個くらい(新入生用)

2.新歓について

 Web担はいつから動き出すか?

 Twitterを3月中旬から動かす。質問箱を開設する。

3.連絡事項

 3月に電通杯がある。(これは後に連絡)

 2月中にロッカーの片付けお願いします。

 3月初旬までにプロフィール作成します。

1.部会の実施日について

 部会を休み(土日)から平日にしてはどうか

 メリット→休みの日に学校まで来なくてよい

 デメリット→授業やバイトとの兼ね合い

 

機械工学科が部員の過半数なので予定を合わせやすい

次回の部会は12818時~

2月は部会休み

曜日は新年度の授業の予定が分かり次第決める。(4月にもう一回聞く)

 

2.年間スケジュール

冬合宿は催事長に任せる(スキーかスノボ)

7月のマウス合宿の場所は未定

9月~12月は大会続きなので、ここを目途に作成進めていきましょう

 

3.補足

委任状について

1週間前に部会への出欠をスレッドに書く(部会チャンネル)

新体制について(2020年度役員)

・引継ぎは個々人で行う。

--議事内容--

1.プラスチック壁の購入について

こうよう会より58000円の助成金(107枚分)

壁をすべて購入するには足りない。

既に247枚は購入済み。

残り297枚の購入が必要か?

何枚買いますか?

350枚で検討中

部の予算では余裕がある。

4月以降で領収書があれば,来年の助成金で請求できる。

結論

次の会計長が4月以降でプチ大会前に購入する。

 

2.新入生教育の方針について

・ライトレ

2019年度→マイコン SH or STM32F303K8 基板 ユニバーサル基板

2020年度→マイコン  STM32L432KC 基板 プリント基板(作ってあるもの)

 

・マウス

2019年度→ユニバーサル基板 ステッピングモーター推奨

2020年度→プリント基板(自作) ステッピングモーター推奨

 

回路CADの勉強が必要となる→講習会が必要.

 

回路CADの講習会はいつやるのか?

現役には今日教えました。

 

新ライトレの勉強会(2月ぐらい)

現役→12月中はマウスを作りながら回路CADの勉強

 

STMの無償提供がある。

 

3.部則の更新について

前総会で副部長の人数について1人でも複数人でもよいと明記するとなっているが実際は明記されていないのでプチ部則に明記することに決定。次回の部会に副部長が変更。

 

4.写真集

総会でも言った通り毎年恒例の写真集作成のお願いです。

作成した成果物であればマウスに限らず受け付けます。フォーマットは、
サイズ:127[mm]x89[mm](L版)
ファイル形式:PDF

でお願いします。

期限は

2019/12/31までとします。

今年マウスが走った方は絶対出してください

--議事内容--

1.総会について

127()

 一番大きな部会です。現役部員出席義務あり

欠席不可。無断欠席は退部となります。

部費の回収を行います。用意をお願いします。

議題があれば前部長まで

その後打ち上げがあります。

 

2.全日本大会について
1130日~121日です。

会場:東京工芸大学 厚木キャンパス

日本で一番大きな大会です。見学どうぞ。

 

3.ブログの開設について

ステッピングモータの無償提供の条件として、ブログを開設する必要があります。開設したらweb担当にURLを送る。

 

3.本日の講習会について

FUSION360の基礎の講習を行いました。講習資料はgoogledriveにあげました。

--議事内容--

1.プラスチック壁の購入を購入しました

こうよう会に申請中 結果は11月→結果待ちしていた場合、全日本に間に合わない。

そのため247枚を購入しました。

 

2.東北地区大会遠征について

 部の荷物(チャージャーやタップ)は整備長が夜発でもって行きます。持って行ってほしいものがあったらslackの東北地区大会のチャンネルでご連絡ください。

 

5.今後の予定について

1013日 東北地区大会

1020日 全日本学生大会

1026日 九州地区大会

1027日 中部地区大会

113日 部会予定

111617日 OBOG検討日

1130日 全日本大会

121日 全日本大会

12月 総会は全員参加