個人的な紹介文とともに紹介していきます!

東京メトロ 〜日比谷線〜


中目黒

・楽屋(らくや)

私はまだ行ったことありませんが、ジャズのみならず様々なジャンルの音楽が聴けるところです。2号店の神保町楽屋は、covid-19の影響で閉店してしまったそうなので、中目黒楽屋は長く続いて欲しいです。

http://rakuya.asia/home.shtml


六本木

ALFIE

Tokoさん(ドラマー日野元彦さん)の奥様でもある、容子ママが経営するお店。

http://alfie.tokyo

容子ママがライヴハウス初心者インタビュアーの質問に答えているサイトが分かりやすかったのでそれも載せてみます。

https://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/tanakayoshito03


SATIN DOLL

2017年に現在の場所に移転。後方のカウンター以外はソファ席で、ゆったりと贅沢に聴ける。店長の柔軟なブッキングで、珍しいライヴも目白押しです。

https://www.satin-doll.jp


KEYSTONE CLUB

贅沢感・特別感のあるお店。スタインウェイのグランドピアノが常設されています。山口発祥のお店だからか、なんと獺祭各種が取り揃えてあるようです。予約推奨。

https://keystoneclub.tokyo


CLAPS

ミュージシャンのバースデーLiveやレコ発(新作CD発売記念)などが多いイメージです。Jazzのみならず様々なジャンルのライヴが行われています。

http://c-laps.jp


Erectrik神社

DJイベント等も行われていて、イカしている若手ミュージシャンが多く集うイメージです。(私はまだ行ったことありません)

https://m.facebook.com/electrik.jinja.official/


Billboard

六本木っぽい華やかな空間。ステージ後方は前面ガラス張りで綺麗な夜景が見られます。予約推奨。

http://www.billboard-live.com/pg/shop/index.php?mode=top&shop=1


銀座

Swing

華やかなライヴを楽しめる特別感のある空間。会員や会員同伴、アフター8時だとお得です。

http://ginzaswing.jp


入谷

・なってるハウス

Free Improvisation中心のラインナップで、刺激的な演奏が聴けます。鶯谷駅やつくばエクスプレスの浅草駅からも行けます。ライヴハウスの上はミュージシャン向けのシェアハウスになっています。

http://www.knuttelhouse.com


Four&More

Jam Session中心のお店。浅草ならではの雰囲気で、マスターや常連さん中心に短時間集中、中だるみ知らずの凝縮セッションが行われています。

https://fourandmoretokyo44444.firebaseapp.com

 

******************


〜Mapについて〜


お仕事帰りに行きたいお店をpick upしました。Jazzの生演奏をあまり聴いたことない人にお仕事帰りにふらっと寄ってみてほしいお店、私がお勧めしたいお店ということで、ハードルが高すぎるお店や平日の演奏が少ないお店は今回書いていません。あと私が行ったことないお店も雰囲気等わからないのであまり書いていません。

創業年と席数はおおよその目安になればと思い併記しました(周年ライヴから逆算したり、グルメサイトを参考にしたりと、アバウトです)。それでも何となくお店の想像がつきやすいかと思います!

マークは3種類、近・装・参。

近 は駅から近いか。
不動産物件だと徒歩8.2分が一つのボーダーラインになるみたいですが、気楽に聴きに行けてライヴハウスで酔っ払ってからスッと帰れるかを考え、Google mapで徒歩5分以内のライヴハウスに 近 マークをつけました。

装 は正装が必要か。
正装といっても披露宴のような格好をする必要はありません。たとえば、そのライヴハウスにTシャツ短パンで行ったなら、浮いてしまって周りの目が気になり演奏に浸れないのではないか、と思ったライヴハウスに 装 マークをつけました。大半のライヴハウスはラフな格好でも大丈夫です。

参 は歌や楽器で演奏に参加できるか。
一般的にはJam sessionと言いますが、Jazzの曲をご存知なら参加できます。勿論演奏せずに聴くだけでもokです(リスナーと呼びます)。老若男女様々な参加者の演奏を聴くのも、普通のライヴとまた違う面白さがあります。Piano.Bass.Drums.マイクは常設してある場合が多く、管楽器はマイ楽器を持参することが必要な場合が多いです。ライヴハウスによって楽器の有無やレベルが異なるので、HP等で確認したりリスナーとして様子見をしても良いかもしれません。