あらためまして、自己紹介をば。

 

みあんご!こと、野原ミアです。

サイキックコーチ&ヒーラーという

肩書きでお仕事をしています。

 

サイキックコーチというのは、

あなたが今想像できうる以上の

夢を叶えるお手伝いをする仕事です。

 

 

「みあんご」こと野原海明(のはらみあ)です

 

何のために生きてるの?

ちなみに私の子どもの頃からの夢は、

小説家として生きていくことでした。

 

だけど、「小説はお金にならない」

ってずっと思い込んでいたんだ。

 

だから、早稲田大学を卒業した後は、

非正規の図書館司書として

食いぶちを繋いでいました。

 

非正規のほうが、小説を書く

時間が取れると思ったんだよね。

 

 

確かに時間はたくさんあったけど、

小説は全然カタチにならなかった。

 

図書館の仕事は好きだけれど、

決められた仕事しか回ってこない

非正規という立場が退屈になった。

 

やりがいのある仕事を求めていたら、

なぜか図書館のコンサルティングの

仕事を手伝うようになったんだ。

 

 

最終的には役員にまで昇りつめたけど、

ずっとどこかモヤモヤとしていたんだ。

 

求められている仕事、華やかなキャリア。

でも、私の人生はこれでいいんだろうか?

 

興味あるけどやってなかったことに

挑戦しようと劇団に飛び込んだ。

 

おそらくは自分の現状を壊そうと

していたのだと思います。

 

案の定、会社役員と劇団女優の

二足の草鞋はキャパオーバーで、

メンタルを壊すことになった。

 

会社も芝居も、どちらも

続けることはできなくなった。

 

 

迷惑をかけまくって逃げ出して、

信頼もキャリアも失った2018年。

 

私って、何のために生きてるんだっけ?

生きてても何の価値も無いんじゃない?

 

そう思い始めたときに出逢ったのが、

サイキックリーディングの師匠となる

The Rock Girl®(ロックガール)でした。

 

ロックガールとの出逢い

The Rock Girl®(ロックガール)と

名乗る彼女はアメリカ人の女性だ。

 

全米ベストサイキックに2年続けて

選出された彼女は、多くの著名人を

クライアントに抱えている。

 

 

 

サイキック能力は特殊なものではなく、

訓練次第で誰でもが扱えるようになる。

ロックガールはそんな方法を教えてくれる。

 

目に見えない世界のことは、

子どもの頃からずっと好きだった。

一方で、それを知られたくないとも思ってた。

 

スピリチュアルを仕事になんてしたら、

かつての仲間たちに馬鹿にされるかもしれない。

 

でも、もう体が動き始めていた。

 

 

みあんご & The Rock Girl®(ロックガール)

▲みあんご! & The Rock Girl®(ロックガール)

 

2019年から彼女の元に通い、

5種の認定資格を取得しました。

 

 

 

The Rock Girl® 認定 サイキックリーダー
The Rock Girl® 認定 パワーストーンヒーラー
The Rock Girl® 認定 リモートヒーラー
The Rock Girl® 認定 クリスタルスカルリーダー
The Rock Girl® 認定 クリスタルスカルヒーラー

 

そしてサイキックコーチへ

私はロックガールから習った

サイキックリーディングを

仕事とするようになった。

 

サイキックリーディングとは、

サイキックの感覚を使って必要な

メッセージを読み解くセッションのこと。

 

 

いろんなお悩みを抱えた人が

私のところにはやってきた。

 

かつての私のように、

人生の目的を見失ってしまった

クライアントさんも訪れた。

 

サイキックリーディングでは

ヒントとなるメッセージを

伝えることができるけれど、

 

それだけじゃ不十分に感じ始めた。

 

 

私が一方的に伝えるだけじゃだめだ。

その人が、自分の行こうとする道を

自分で見つけられるようにしなくては。

 

その人の手を引き先を歩くのではなく、

迷ったときに目印となる光を灯したい。

 

それはちょうど、灯台の光のように。

 

 

サイキックコーチング

 

みあんご!

 

SNSやってます

各種SNSに挑戦中です。

お好きなものをフォローして

くれたらうれしいです。

Instagram

インスタライブもやっています下矢印

Instagram

Youtube

石からのメッセージを配信しています下矢印

Twitter

気軽に話しかけてくださいな下矢印

Facebook

友達申請しなくてもフォローできます下矢印

LINE公式

お問い合せやちょっとしたご感想を

送りたくなったらLINE公式にどうぞ。
私にだけひっそり届きます下矢印

LINE公式

メールマガジン

タップすると無料で購読できます下矢印

 

関連記事

提供中のメニュー

▼ 想像以上の未来へご案内します。

 

▼ 欠けさえも、あなたの才能。

 

▼ セッションの時間を取れないあなたへ。

 
▼ もっと突き抜けたいあなたのために。