Moto3 初参戦初優勝

テーマ:
すごーい!

初参戦、最年少優勝🏆

15歳と115日

トルコ人ライダー

ジャン・オンジュ

ノリックの再来みたいだって!

髪が長くてくるくる巻き。

かわいぃ。

キュートな若者。

みんなに感謝っていうコメントが
できる子は、
きっと伸びる。

すでに大ファン

目指せ、伝説

がんばれー

ミニミニツーリング

テーマ:
ほんのちょっとだけ

お気に入りの場所まで走って来たよ

習志野市〜

新しいヘルメット
汚したくないからノーメイク

千葉は直線な道と、海が近くにあって
本当にありがたいです

そういえば走って思ったけど、
息子のピチピチジャケットを借りたら
お腹はきつかったけど、
風を通さなくてめちゃくちゃ走りやすかったです。
ゆるいの卒業だわ

そして明日は

内視鏡検査だー!

人生初だー!!
気晴らしは終わり〜

15時だ

お薬の時間です

さ、
明日に向けて準備がんばろっと。

あ、レースも観なきゃです。

ちゃんこ巴潟

テーマ:
月1ペースでくるランチタイムの
ちゃんこ屋さん。
会社から近い。
走ってきたよ
ありゃ。早く来たのに満席

上から降りてきた人が2組いたけど
受付の男性が
私が来たことを伝えたのは何故か10分後
お片付けも考えたら
ここは仕方ない!と下で待つ。
そこまで食べたいのだ

席に案内されると、
予約席の札だらけ。
しかも団体とかじゃない。
昼でも2人がけとか空席が目立つ。

即注文!
熱々を慌てて食べるのが
苦手だもん。

お決まりの日替わりちゃんこ。

今日はコースの人も多いからか、
気のせいなのか?
個人の分は後回しー??

いつもこんなことないのに

ちゃんこ🍲がこなーい!!

20分待たされました

鳥みぞれちゃんこ。
ふうふうしながら
お餅を喉に詰まらせながらかっ込みます。

美味しゅうございました。
超短時間!

でも。。。

今日はいつも席を振り分けてくれる
司令塔みたいな人がいつもと違い、
なーんか対応悪かったなぁ

美味しさ半減、
胃もたれ気味となりました。

お1人様、筑波山②

テーマ:
やっとバイクを赤い鳥居ふもとの駐車場に停めて
筑波山神社へと歩き始めた私。

車は私が歩く隣で大渋滞中

なんで紅葉🍁の季節にきちゃったのさ。

って、
実は父が月曜日から入院だった。
昨日、胃がんの手術。

母が私に心配かけまいと
ギリギリまで言わないから

そう決まってから

何故だか、
筑波山神社⛩に行かなきゃと
頭に浮かんだのだよね。

思い立ったが吉日タイプ。

あら?新しく建設中?


立派な石段だこと!

このあと、
高さがある石段にどれだけ
打ちのめされることか。。。



こないだは車のお祓いにきたから
石段は上ってない。

こんなだったのか。

ゆっくり上ってたらキリがないようで
一気に駆け上る。

その方が疲れない!!

ただ、
バイク用に防寒してきたから、
一枚脱いでも暑いのなんの😵

毎日仕事場は未だクーラーとのたたかいだけど
今日はお日さまとのたたかいです。

こっちの方が何倍も楽しいわ。

やっと上までたどり着き、
息を整えて
頭を下げてお詣りを済ませる。

そして、

不思議なものを発見!

厄割り玉?!

なんだなんだ?

いったいどこに叩きつけるんだ?

少し歩くとなんとも奇妙な

「厄」

と書かれた石を発見。
(裏から貞子が出てきそう…)

名前と年齢を描けば、
どうやら代理でも厄割り玉を割れるらしい。

・.:゚。┣\('ロ´\)オリャ-!
っと思い切り投げつけて、
厄を割ってやりました!

よしっ!
なんか、気分が良い。
はずしたらどうしようかと思った

おみくじも大吉
(浅草で過去に大凶二回ゲットしてます。)


さらにさらに歩いて登り、
もはや体力の限界

ようやくケーブルカー乗り場へ。

おじいさま、おばあさまがいっぱい!
みなさんツアーのようです。
お元気でなにより。

私はどうやら頭の中で
ロープウェイ乗り場と勘違いしてた

バイク乗り風の人はもう誰もいない。

わたしだけか?!
昼のこんな混雑の中で並んでるやつは

全身で初心者

ツーリング達人の皆様は

朝は何時頃出発、見学?!、ご飯、
帰りの出発時間とか

どうやって時間配分して
過ごしてるんだろう〜と
自問自答

この時は、
ケーブルカーに乗って、
一瞬景色をみたら即座に引き返そうと決心。



すぐに帰るはずだったはずなのに…


時すでに遅し。

長蛇の列

待てど暮らせど帰れそうにない

バイクに乗る時は食欲なく、

1人だと休憩するのもめんどくさい

どうしよう…



するとそんな時

ZL師匠から着信が!!!

「大丈夫かぁ?!
良く筑波山まで一人で走ったなぁ!」

もう、声を聞いただけでも安心する〜
超うれしい

どうやら仕事の移動時間と
私のケーブルカーの待ち時間が
ちょうど都合よく合ったみたい!

おかげで寂しさ解消

帰りも元気に走らなきゃ…

時は16時近い…

やばい。

本当に、やばいぞ!!!
暗闇が徐々に迫って来ていた…


日曜日、千葉から下道で筑波山に
行ってきましたニコニコ

初の初心者お一人様での遠出です。

とにかく冬になる前に練習したい

けど、師匠たちはスケジュールが合わず

一緒に行けないので

頼りは、自分の体力とgoogle先生のナビのみ!

思い切って一人で出発。

明るく暖かい日差しのなか、
知らない道をぐんぐん走ります。

決してビュンビュンではありません

道行くライダー🏍たちを

ついつい羨望の眼差しで追ってしまう私

正面から、ドドドドドーって走って来る
ツーリングの人たちに目が奪われてしまいます

私にとってのツーリングは、
未だに自分がタンデムしていて

バイク乗りになったのに

後ろで

バイクを眺める感覚が全然抜けてない(笑)

自分の運転に力を注げ〜って感じです。

まぁ、
その時はあっという間に訪れるのですが…


穴川の大渋滞から、印西、つくばみらい市を抜けて下道をスムーズに走り利根川を越え

のんびり景色を眺めながらの単独走行。

旧車軍団とすれ違いつつ

遠くから眺める筑波山はなんとも綺麗。

筑波山入口と書いてある看板にさしかかり、
右折手前で給油。

結構楽チンだなんて

私の考えは少々甘々すぎた。

そこからgoogle先生に従って走っていると

徐々に道は狭くなった。

細くなっていく道をさらに
進んでいくと

裏道試練⁉️

あっという間に

ナンジャコリャっていうような坂道に
なりました。

坂道は止まらなきゃ大丈夫と
勝手に思ってたのですが、

どうやら先の方で小さな火事があったみたい。

坂道の上の方にはに人が沢山立っていて

私はうっかり

坂道の二股になっている道路で
間違えて下に曲がってしまった!!

するて砂利道に突入。

やばし。

これはいかんとバックする。

しかしシューズはすべる。

タイヤも滑る。

もちろん、おひとりさま初体験。

なんとか頭を道にだして登ろうとするも、

狭い右カーブで坂道。ジャリジャリは滑る

車体は210キロうー!

なんか下がるー!!

道にまっすぐ出せないよー

うー!!

しばらく
悪戦苦闘…

動けずにもがいていると…



なーんと!!

火事のために駆けつけた消防隊👩‍🚒?!

オレンジの服を着た若者が

大丈夫ですか?!って声をかけてくれて

3人で付いてくれて
後ろから押してくれました


坂道を曲がりきるまで

押されてアクセル、

ほんの一瞬でした。

「ありがとうございます!助かります!」

お世話をかけて本当にすみません。

優しさに感謝です。。。

そしてそこからさらに急勾配の坂道。

あくまでも私の感覚だと思うのですが

車が通るのかな?と思うような道。

ロードバイク乗りはみなさん押して歩いてます。

もちろん、カーブの先は見えません。

恐る恐る隣を走り抜けます。

もう絶対に立ち止まれないよ〜

ギアはどうすればいいの?と思いながら

一速、二速のみで

運転にひたすら集中。

緊張で汗だく状態💦

絶対師匠たちなら、ここは
ワクワク楽しい山道に違いないな

しばらく走って

細道を抜けると、

ようやく広い道に出た!!

参道の入り口の手前にはお店やさん、
広めのバス乗り場と駐車場が

バイクが何台かとまってる〜。

これより上にはバイクの駐車場があるか
わからない。

三列くらいに置かれているバイクの通路を邪魔しないように慎重に停めます。

ふぅ〜なんとか着いた


ここ。
駐車した場所からの眺めです。

柏ナンバーの金髪の若者たちが、
まじ疲れた〜とか会話してる。

この若者達は、広い道から
大渋滞の中を走って来たのかなぁ。

鳥居⛩から先の車の大渋滞の列をみて

もう、ここからは歩きだなって決めました。