「カントリー・ガールズ活動休止」とのニュースが流れ、私はハロプロオフィシャルサイトの山木梨沙さん、小関舞さん、船木結さんのメッセージから三人がハロプロを卒業することを知ります。あまりに突然の出来事に言葉もないところですが、でも次第に私はこうしたことはそもそもの既定路線なんだろうという諦めの境地に至ります。

やはりカントリー・ガールズは嗣永桃子さんのために作られたグループであり、その彼女が卒業したのであれば、残りのメンバーやそのファンたちがどのようにあがいたとしても、会社としての方針にいささかの変わりもないのであって、当初の予定を粛々と実行するだけだということなのでしょう。それはかつて存在した数多のグループを見れば火を見るより明らかであり、なにもカントリー・ガールズだけが特別であるはずがないということなのです。

もっとも彼女たちのメッセージによると、それぞれが様々な思いを持っていて、自らがカントリー・ガールズの運命にひとつの区切りをつけたということのようですが、あの日、嗣永さんの卒業に先立ち、全メンバーに他グループへの移籍あるいは兼任という道が示されたとき、今日のこの日を迎えることは極めて自然な流れなんだろうといえます。

そう考えると、なんだか腑に落ちるような心持ちとなり、彼女たちの未来を穏やかに応援したいと思うところですが、でもやはり私の中に寂しい気持ちもあるようで、ユーチューブの検索欄に「カントリー・ガールズ」と入力します。すると最初に表れる映像は「One Summer Night〜真夏の決心〜」のMVとなるのですが、印象的な音楽を背景に彼女たち4人が歌って、笑って、真剣な表情を見せる姿を見て、このときすでに全員の気持ちが固まっていることに気づくのです。画面が雨に濡れたようにぼやけるなか、私は次々と映像を再生していきます。

そうやっていると、「カントリー・ガールズへ送る」という題名の映像に行き当たります。それはシンガーでありコンポーザーでもある中島卓偉さんのコンサートMCの一場面のようです。きっと彼の言葉の中で彼女たちに触れる部分があるのだろうと期待しながら私はその映像を再生します。そして彼は長い長いMCの中で次のように話しました。

俺なんかよりも、アイドルは活動期間が短いんです。あっという間に散っていく人生だから、濃く生きなきゃダメだから、その人生の中でいい曲を一曲でも歌ってほしいと思うから、書きたいと思うのよ、がんばってほしいと思うから書きたいと思うのよ。いいんだよ、また解散してもみんなバラバラになってもいいんだよ。その曲が残ったときに俺が書いたんだったら俺が歌えばいいんだと思うんだよ。そうじゃん。今回のアルバムだって℃-uteも解散してる。ラベンダーも解散してる。ねえ、終わってる。チャオベラも解散してる。だけど今俺が歌っていれば、それでもちょっと気持ちが救われるファンがいたら、ひとりでもいたら俺はハッピーだと思うわけ。それが、俺のやり方です。

そして私は彼の言葉を聞き、これからもずっとずっとカントリー・ガールズのファンであり続けようと心に決めるのです。