新型コロナ後遺症のためのホメオパシーレメディをまとめます。

 

呼吸の不調

  • 呼吸の苦しさがずっと続く → カーボベジ(Carb-v)
  • 突然呼吸が苦しくなる → アコナイト(Aco)
  • 不安になると呼吸が苦しくなる → アーセニカム(Ars)

後遺症?コロナ回復後も続く「呼吸の苦しさ」が楽になるホメオパシーレメディ

 

持続する疲労感 →ジェルセミウム(Gels)と アルニカ(Arn)を交互にとる。

 

コロナ回復後も使える!持続する「疲労感」の解消のためのホメオパシーレメディ

 

味覚障害 →ジンク(Zinc)※キットにはなし

 

新型コロナ後の味覚障害を回復するには?

 

貧血・疲れ・抜け毛(※追加しました) →フェラムフォス(Fer-p)

※同時にビタミンCもしっかり補給しましょう。

 

 

  • コロナによる症状が重かった
  • 慢性症状があってコロナにかかった
  • コロナ罹患後にワクチン接種をした
  • 何度もコロナにかかった

などで、コロナ後遺症が続いている方は上記以外のレメディが必要と思われます。

通常使うレメディで変化がない場合は、何らかの「治癒の障害」があるからです。

 

 

治癒の障害(治っていく過程を邪魔するもの)の例:

  • ワクチン接種
  • 元々あった慢性症状
  • 栄養の不足、偏り
  • ストレス
  • 医薬品
  • ショック・トラウマ
  • 臓器の弱さ

など。

 

この「治癒の障害」の見極め方は、専門的に学んだホメオパスでなければ難しいです。ホメオパスは常にこれを意識しています。

ご希望のかたには、しっかり対応してくれるホメオパスのリストをご紹介しますのでご連絡くださいね。

 

 

※わかりやすく「コロナ後遺症」としていますが、ホメオパシーレメディは病名ではなく症状に合うものを選ぶのが基本です。

※レメディはお薬ではなく、自己治癒力を高めるサポートとして働きます。

 

 

久しぶりに”顔出し”プロフ写真に戻しました。

実際はもうだいぶナチュラルグレーヘアになってきてるけど^^;

最近の写真を撮ったら入れ替えますわん。

 

さて世の中まだまだ暗い話題ばかり(ニュースとはそれを強調するものなり)

いやいや、いろいろなことに縛られていてはいけない、

というわけで、

ブログの(自分の)縛り、止めました!

 

具体的には、アメブロヘッダー下のメニューを削除!(PCでしか見えないしね)

理由はこれからやっていく仕事を修正したから。

これでちょっと自由になった気がする音譜

 
 

というのも、

11月には65歳になる(げ!高齢者の仲間入りやん)、

わたしの仕事に定年はないけれど、

まだまだ体力も気力もあるけれど、

 

今年初めに決めた、

「気持ちイイと思うことをする」

という自分の心に沿った生き方をしようと思っていますあし

 

 

これまでの仕事からフェードアウトすべく、

すでに「しない仕事とする仕事」を決めてホームページは更新していましたが、アメブロにも公にしておきますね。

 

 

しない仕事:

  • 急性症状の無料ホメオパシー相談(遅くても年末まで?)
  • 「英国専門校ホメオパシー通信教育」の日本語での資料送付・お申込み受付(ご質問は可)
  • 新規のホメオパシー相談(すでに止)※本場英国プラクティカルホメオパシ―を実践するホメオパスたちをご紹介します。

※「安心してください、以前からのクライアントさんのご相談は受けますよウインク

 

 

する仕事:

  • トントンセラピー(オンライン)セッション
  • 魔法の質問カード(オンライン)セッション
  • 英国ホメオパシー通信教育コースのチューター(現受講生が卒業するまで)
  • 魔法の質問カードカードマスター養成講座(求められたら)

 

そして、

トントンほめぶ(トントンセラピー、ホメオパシー、ブッシュフラワー)の素晴らしさと使い方はこれからも発信しますね合格

 

 

更新したホームページはこちら↓

『トントンほめぶ』でセルフケア

 

 

コロナがようやく落ち着いてきたかなと思ったら次は戦争、
やれやれ、もしかしたら次は天災かもと思っていたら…地震!
(これらは地球から人類への警告か?と思ってしまう。注:私はスピ系ではない)

とにかく人生のラストステージで、エライ時代に出くわしてしまった感あり。
で、先日ネット上でふと目についたのが「方丈記」(教科書に載ってたよね)

行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。世の中にある人とすみかと、またかくの如し。…

改めて読むと流れるように綺麗な文章…(に感じる。古文知らんけど笑い泣き


作者の鴨長明(かものちょうめい)は今風に言うと、究極のミニマリストで彼が書いたエッセーが方丈記とのこと。
(中田あっちゃんのYoutube大学見てくださいな)


へ~そうなんや、おもしろそうと思って、図書館で(漫画の)方丈記を借りたら一気に読んでしまった。
いやーおもしろかったというか、なんか身に染みた…還暦も過ぎると余計にね。

鴨長明がミニマリストになった経緯が人生での挫折と度重なる天災だった。
そう、戦争も天災も起こってしまうと一瞬で大事なものを失くしてしまう!
家も財産も家族も命さえも失ってしまうかもしれない 。

どんなに大きな家に住んでいても、いくらお金があっても、

持っては死なれへんで^^;

 

結局持っていけるのは自分の中にあるものだけ。
そう考えるとやっぱりいろんな執着を手放すのって大事だなと(断捨離進みそう)。

いっぱい楽しいことをして、その感覚を十分に味わう、
人の役に立つことをして喜んでもらうのを見て、なんか嬉しい気分を味わう、
たまには98円じゃなくて298円のスイーツを食べる(セコい)、
そういう喜びを自分の中にいっぱいにしたいもんだわ爆  笑

 

 

クスリに頼らないために!

宝石緑 メルマガ『ほめぶ通信』(不定期。21時ごろに配信)ご質問歓迎!

 

「あっというま」無料メール講座! 

宝石緑 あっというまにわかる!ホメオパシー(全6回)

宝石緑 あっというまに使える!ブッシュフラワーエッセンス(全6回)

右矢印お問合せ・ご質問フォームはこちら!