典風呂
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

都町まつり 3年振りの開催

コロナ禍、大分市の飲食店街、都町ジャングル公園で久しぶりお祭りが開催された。

初日2日は大分と言えども急激に冷え込み、皆さん震えながらのお祭りの準備に当たった。

しかし開催スタートのアナウンスと共にその寒さは一気に吹き飛んだ。皆さんが待ち望んでいたやっとの都町まつりだった。

たくさん集まっていただいたお客様に熱いおでん、焼きそば、お酒などが良く売れていた。

2日目のFTOのプロレスはリング上、リング下、都町中のボルテージが上がった。

一昨年春夏、空のバスだけが走っていたこの市内に人々の歓声が響渡った

事が今でも信じられない。

 

この二日間はコロナ退散、不景気退散、腐敗政治退散の気運で盛り上がった。(個人的見解)このままこのモチベーションを来年までキープしたい。

 

                     典

 

COSPAF FES 2022年11月27日 in祝祭の広場

 

この日、大分駅前祝祭の広場で  COSFES が開催された。

文化と言う物は常に変化している。

歴史的に明治以降を振り返ると、日本に色んな文化が発生寄生している事が

伺える。

明治以降、クリスチャンの少ない日本にクリスマスイベントが入って来た。

昭和の時代どこの家庭でもクリスマスケーキを食べて巷にクリスマスソングが流れた。

次に入って来たのはバレンタイン等などから次々とアニメ、アニソン、コスプレ、ヒップポップダンス、ハロウィン等などが増えて行った。

 

これらの流行の中にアニメ、アニソンは日本発祥と言える。

この日本発祥のコスフェスは全地球的に共産圏も問わず広がりを見せている。

 

今となっては世界平和を願う人類に取って汚い金の絡むオリンピックよりも必要なアイテムでは無いだろうか?

 

大分の若者が世界平和を願ってのパフォーマンスはここに開催されてた。

若者自身も少しも気負う事なくこのコスフェスを楽しんだ。

 

 

 

 

Trybeat Recording Studio 株式会社 トライビートを紹介します。

富田和夫氏と典

大好きなローズピアノ

スタジオB

スタジオA

レコーディングミキサーに座る典

東京都板橋区本町に日本でも音響工学、設備、広さを考えたスタジオとしては多分、ベスト1と私は推薦します。

 

スタジオマネージメントをするのはトライビートの代表、富田一夫(キャトルバンド、ピアノ)氏

彼自身は現役のミュージシャンで有り、プレイヤーとマネージメントを兼任する。

チェリッシュ、サーカス、ビートたけし、小柳ルミ子、葛城ユキ等などのキーボード、ピアノで参加!

なんと彼は私と生年月日が同タイムなのだ。色んな色んな縁があって今日に至る。

 

私に取っては初めてのスタジオ訪問、60十畳以上は有る?と思われる天井の高い部屋、スタジオと言うより本格的なコンサートホールに見える。

ここで待ち構えているのはスタンウェイ。

もう一つのスタジオも予想を超えて遥かに広い。片隅にローズピアノが有るのが嬉しい。私にはシティーポップな仕上げには必需品。

 

今、本格的なレコーディングを考えている方は是非、トライビートをお勧めします。またスタジオのオペレーターとしては富田和夫氏と共に苦楽を共にした(キャトルバンド、ベース)中川英治氏が担当。

 

 

詳しくはミュージックホリデー川村典までご一報下さい。

ご案内、プロデュース致します。

 

次回は富田和夫(キャトルバンド、ピアノ)氏のアルバム等を紹介いたします。

 

*詳しくはトライビートホームページを参照

*リーズナブルな値段設定の時間貸しもやっています。

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>