経済産業省が日本の教育再生に本腰。未来の教育はどう変わるの? | るんるん社労士福島里加のいきいきるんるん毎日更新

経済産業省が日本の教育再生に本腰。未来の教育はどう変わるの?【経済産業省・浅野大輔さん】 ≪続きを読む≫

9月18日(水) 10:00 提供:ママスタセレクト


「教育は、文科省だけがやればいいというものではなく、塾や通信教育など民間教育に携わる経産省も積極的に関わるべき」と話すのは、経済産業省商務・サービスグループ教育産業室長の浅野大介さん。

……
学校教育も含めて教育全体を変えていきたい

――教育再生というと、文科省が担当というイメージがあります。なぜ経済産業省が教育再生に力を入れているのでしょうか?

浅野:まずEdTech(エドテック)というのが1つのキーワードになります。エドテックとは、Education(教育)とTechnology(テクノロジー)を掛け合わせた造語です。学び方というのを、テクノロジーの力を使ってかなり変えることができるだろうなと思っています。
……
社会課題の解決ができる人材を増やしたい

浅野:「教育全体を変えていきたい」という思いから始まった教育再生ですが、「じゃあ、なぜそんなことを始めるんですか?」というと、ひとつは、僕らは社会課題の解決をできる人をもっと増やしたいという思いがあります。世の中全体が時代の変化に合わせていかないと、日本の社会全体がアップデートされていかない。

これまでの前例、これまでの経緯、これまでのやり方というのをずっと踏襲して同じことをやってしまう人たちは、日本の社会の中では多いと思うんです。そこを変えていく力というんですかね。その気持ちを持った人たちをもっと増やさないと、社会全体で行き詰まるだけだし、産業では新しいイノベーションは起こらないし、そういう意味では日本は世界の中でどんどん存在感がない国になってしまいます。

一人ひとりの個人の人生を考えてもクリエイティブに生きたほうが楽しいじゃないですか。それに誰かが何かをしたことによって、人から賞賛を受けて、いい気分になって、またさらにがんばるという、そういう前向きのサイクルを作るためには、一人ひとりが課題解決力というのをつけないといけない。だったら学校というのは、課題解決の場を学ぶ場になったらいいし、そもそも学びはそのためにあるものだ、というふうに考えています。


社会で活躍できる人材を作るためにも民間教育に力を入れるべき
……
浅野:…… 学校教育という点では文科省ががんばるけど、学校教育の出口となる、経済や産業の中で活躍できる人材をどう育成するかは、経産省が深く関わるところです。


国の未来を決める教育は各省庁で取り組むべきこと
浅野:…… そもそも教育は、日本の国の未来を左右する大きなテーマの1つなので、1つの役所だけで考えればいいというものではないと思うんです。教育の出口のところに責任を持っている我々の視点でも、教育というのはちゃんと考えるべきだし、文科省だけがやっていればいいというものでもないと思うんです。やっぱりいくつかの役所が教育についていろんなやり方を出し合いながら考えていくべきものだと思ったので、やりましょうとなったんです。

……
 

 

次世代を担っていく子どもたちの教育は、「国の未来を決める教育」。

 

本当に大事ですよね。

 

「社会課題の解決ができる人材を増やしたい」という思いが広がることを期待しています。

 

そうなると、文科省だけの範疇ではなく、各省庁が骨追ってこそ実現可能になるもの。

 

新しい時代には、これまでにない発想や技術が必要です。

 

日本の未来が明るいものになりますように。
 

 

 

        下記の画像をクリックしていただくと

社労士ランキングのポイントがアップし、

るんるん♪励みになりますので

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

             

どうもありがとうございます。感謝のうちに。

     $東京・渋谷のるんるん社労士♪福島里加の毎日更新ブログ             労務トラブルを未然に防ぐ「転ばぬ先の杖」      

お問い合わせはこちら