どんなにAIが進化しても人の作業は必要 AIは意外とフェイクニュースにだまされる | るんるん社労士福島里加のいきいきるんるん毎日更新

テーマ:

ニュースもAI活用時代に変容 情報の氾濫から必要なものを見つけるために  ≪続きを読む≫

6月13日(水) 19:08 提供:ORICON NEWS

 ニュース関連情報を配信する『スペクティ』の村上健治郎氏が13日、千葉・幕張メッセで開催中の『Connected Media Tokyo 2018』でセミナーを開催。ニュースとAIの活用について講演した。

 現在、ツイッターだけで1日5億ツイートあり、その他、インスタグラムなどのSNSに投稿されたものの中から火事や事故の情報を抽出。文字情報だけでなく、動画や画像の中から独自のアルゴリズムで収集、解析、編集し、1分から2分ほどでニュースを配信する会社に届けるという。

 現在、大手新聞社やテレビ局など約130社が同社のシステムを使い、報道に活用している。……

 世界の情報量は2020年まで44ゼタバイト(10垓、10の21乗)まで伸びると想定されている。村上氏は「もはや人で何かができる情報量ではなくなる。ニュース1つ探すだけで大変になる。本当に必要な情報は44ゼタバイトになるとググっても出てこない」とする。

 ただ、AIも進化を続けているが村上氏は「AIが万能かと言えば、そうではない。AIも間違える。我々のオペレーションの中では人でのチェックも同時にやっています」と加えた。現在でも「フェイク」「誤情報」「不要な情報」などは多いため、正確性の担保をしているという。「どんなにAIが進化しても人の作業は必要になってくる。AIが発展すればするほど、フェイクニュースを見分けるのが難しくなる。AIは意外とフェイクニュースにだまされる。そこは人でのチェックが必要ですね」と今後の展望を語っていた。

 

 

このブログのタイトルを「どんなにAIが進化しても人の作業は必要 AIは意外とフェイクニュースにだまされる」にしたのは、印象に残った言葉だから。

 

これからの時代、AIを管理する有能な人材が必要ですよね。

 

何かカタカナの新しい職業が生まれるのではないかしら。

 

AIに取って代わられそうな業務は、結構あるでしょ。

 

でも、AIには苦手なこともあるわけで。

 

AIをうまく使いこなし、効率化できるところは効率化して、かつAIにはできないことをやって、付加価値をつける。

 

それできるかどうかで、未来は変わってくるでしょう。

 

 

下記の画像をクリックしていただけると

励みになりますので

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

             

どうもありがとうございます。感謝のうちに。

     $東京・渋谷のるんるん社労士♪福島里加の毎日更新ブログ             労務トラブルを未然に防ぐ「転ばぬ先の杖」      

お問い合わせはこちら

 

るんるん社労士♪福島里加さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス