るんるん社労士福島里加のいきいきるんるん毎日更新

♪社員も会社も共に成長する職場づくりのお手伝い♪    

「考える時間がない」多忙な職場を改善するためのリーダーの思考法
≪続きを読む≫
<12月25日(月) 19:00提供:新刊JP>
「働き方改革」が至るところで叫ばれていた2017年だったが、「時短」ばかりが叫ばれて仕事の効率化できていなかったり、より忙しくなってしまっていたりする職場も珍しくないだろう。

これまでの空気をガラッと変えるならば、職場全体を「思考停止状態」から常に全体が考える組織にしなければいけない。そこで参考になるのが『新版“思考停止人生”から卒業するための個人授業』(ごま書房新社)である。……

■チームの「思考停止」を改善するために上司がすべきこととは?

――改めて「思考停止」とはどのような状態なのか教えていただけますか?

潮田:考えることをやめてしまった状態、深く考えずに動いている状態です。人の話を鵜呑みにしたり、物事の表面だけしか見ていなかったりする特徴がありますね。また、いつも同じ毎日の繰り返しという人も「思考停止状態」です。

――そのほうが楽なんですよね。

潮田:その通りです(笑)。効率的ですし、一概に悪いことばかりではないとも思うのですが、これが習慣として根づいてしまうと、その先に行くことができなくなるのです。そこから抜け出すために、どんなに小さなことでも新しい習慣を何か一つでも身に付ける姿勢を持つことが大切です。

――今年は「働き方改革」が流行語になるなど、組織としての働き方が問われました。本書では職場全体が思考停止になっているケースも取り上げていますが、働き方が変えられない組織は「忙しさがすべてに優先している」という特徴が一つあると思います。

潮田:(笑)よくありますよね。私もとにかく忙しい毎日を送っていますが、その中でいつも意識していることは、「時間は作るもの」だということです。

それはまとまった長い時間ではなく、短い時間でもいいわけです。自分なりに今の状況を整理して、今日できる一歩を踏み出すことが大切です。これを続けていけば、おのずと時間が捻出できるようになります。忙しいからこそ踏み出す。それを同時にやってみることが、マンネリ感から抜け出すうえで重要です。

――その一歩を踏み出すときに、潮田さんはどのくらい先の未来まで考えますか?

潮田:私は3年くらい先に自分がこうなっていればいいなということを意識しています。ただ、あまり先ばかり考えるとやらないといけないことばかりになるので、まずは半年で何ができるのかを考えますね。

私のスケジュールは薄型A4サイズで、年間スケジュール表があるほかに、見開きのA3サイズで1ヶ月のスケジュールが見渡せるようになっています。年間、月間のスケール感で物事を考えることができるので、おすすめです。見開きで1週間ごとの手帳を使っていらっしゃる方も多いと思いますが、そうなると目の前のことでいっぱいになりますよね。
パソコン、タブレット端末、紙などさまざまなツールがありますが、どのようなものであっても、短期と長期の両面で考えられるものがおすすめだと思います。

――個人の場合は「時間を捻出する」という方法で思考停止から脱却できると思いますが、チーム自体が忙しいとなると難易度が上がりそうです。

潮田:コスト削減を求められたり、失敗が許されなくなって追い込まれている職場は多いですよね。こうした職場は確かに思考停止に陥りやすいのですが、上司のマネジメントでそこから脱却することができるはずです。

それは現状維持をOKとせず、チャレンジを推奨する風土を作り上げることです。追い込まれている職場の多くは「チャレンジする暇がない」という状況に陥っていると思うのですが、上司の立場にある人は「小さなことから変えてごらん」と呼びかけてあげましょう。

また、上司は部下の失敗に対して寛容であることが大切です。本書でも「失敗は成功に向かう途中のフィードバックである」と書いていますが、失敗には必ず学びがあるんですね。一番良くないのは何もやらない状態を放置し続けること。……

――チャレンジさせたけれど、結局失敗してしまった。そのときのフォローはどうすればいいのでしょうか。

潮田:…… 本人に何がいけなかったのか気付かせることが大事です。自分の頭で考える習慣は、一朝一夕で身に付くものではありません。「どんな工夫をした?」「どう思う?」「次はどうすれば良くなる?」と常に質問をしながら、部下の言葉を引き出してあげながら考える習慣を身に付けさせることが大事ですね。……

潮田:……仕事って正解が一つではないじゃないですか。もちろんその時に最適な解答はあるのかもしれないけど、絶対的な正解ではないですよね。……

――ただ、私たちはどうしても誰かの解答に寄りかかることで自分を防衛しがちですよね。

潮田:それはありますよね。失敗はリスクだと感じている人が多いのだと思います。ただ、そこは先輩や上司が、失敗は悪いことではないし、リスクを引き受けることも悪いことではないということを常に言い続けることが大切です。…… 




目の前のことに忙殺されて、「思考停止状態」に陥っている職場は、少なくないと思います。

しかも、組織も個人も、流されるまま。

心の奥底では「このままではいけない」という思いがあったとしても、忙しい日々の中で「仕方がない」という感情に突き動かされてしまうのではないでしょうか。

だからこそ。

これからのあなたが、心機一転!

すぐには変えられないでしょうが、小さなことでいいから、少しづつ。



     
    下記の画像をクリックしてくださると、
    ランキングのポイントが入りますアップ
    励みになりますので、よろしくお願い致しますドキドキ

               
ブログランキング・にほんブログ村へ
社会保険労務士ランキング

どうもありがとうございます。感謝のうちに。
$東京・渋谷のるんるん社労士♪福島里加の毎日更新ブログ             労務トラブルを未然に防ぐ「転ばぬ先の杖」
社会保険労務士福島里加事務所
お問い合わせはこちら



















AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

るんるん社労士♪福島里加さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。