エコール・ド・メチエ&(株)プラネットワークのブログ

エコール・ド・メチエ&(株)プラネットワークのブログ

カラーセラピー、パーソナルカラー、リュッシャーカラーテスト、オーラビデオステーション etc...
世界のカラービジネスを日本に紹介するエコール・ド・メチエ(カラーシステムズ)と株式会社プラネットワークのブログです。

【講座&イベントのブログはこちら】
https://blog.goo.ne.jp/lainsense
エコール・ド・メチエ/株式会社プラネットワーク名古屋本校の講座やイベントを引き受けているグループ会社「株式会社インセンス」のブログです。

本年春に開催された、センセーション・カラーセラピーコースのオンライン勉強会の要約を公開させていただきます。ご参加いただけなかった皆さまのお力添えになります幸いです。


【センセーションカラーセラピーのイデオロギー、信念、存在目的について】
名前のScent は香りという意味があります。感覚という意味のSensation にかけていて、視覚と嗅覚で、すなわちカラーアロマオイルでヒーリングをすることを表しています。

設立者はステファニーファレル。ニューエイジ世代のヒーラー。イギリスの著名なヒーラー・ヴィッキーウォールの影響を受けてセンセーションを設立。そのイデオロギーは世界一のヒーラーになること、社会と人々を救うこと。
日本では東北大震災や熊本大震災などの災害PTSDの人々のサポートにも使用されました。また、今回のコロナ禍も含めて幾度も繰り返す経済危機によりストレスを抱える人々の救いとなるよう活動をしています。

センセーションの聖地はカナダ、バンクーバー。自然あふれるブリティッシュコロンビア州の州都。

日本ではエコール・ド・メチエが1997年より授業を開始。今日では日本でも広く知られるカラーセラピーシステムとなりました。


--------------【総論のまとめ】-----------------------------
総論は本物のカラーセラピストこそが知りうる大切な知識です。

総論前半では私たち人間が古代から近代までカラーを心と体にどのように利用してきたかを理解します。ティーチャーは要点を伝えること。特にガレンの業績は大切。

また、錬金術はカラーの意味としてシンボル的に用いられているので大切です。ゴールドです。

後半は近代から現代までの流れです。特に精神分析学の登場により、心の中を知ることが注目されました。カラーテストもいくつか登場します。中でも1947年発表のリュッシャーカラーテストはその後誕生するカラーボトルを用いるカラーセラピーシステムにダイレクトに影響を与えています。

さて、色の意味とはカラーシンボルのことです。シンボルは全ての人に共通する国際言語としての意味を持つものと、限られた思想や宗教、神話でしか用いない限定的なシンボルがあります。カラーテストは前者、カラーセラピーは前者も後者も用います。従って色の意味は学習して分かるものも多いのです。また、あるカラーの意味は全部でこれだけ、とは言えず学習すればもっと増えていきます。
--------------------------------------------------------


--------------【結論】------------------------------------
現代のカラーセラピーはスピリチュアルなシンボルやカラーテストで使うシンボル、そしてニューエイジ的な思想とシンボルによって構成されている。
また、ヴィッキーウォールとリュッシャーを融合させたものであること。
--------------------------------------------------------


--------------【各論】------------------------------------
センセーションのツール
1.角グラスボトル
2.プラスチックボトル
3.ミニボトル
4.プロテクター
それぞれの使い方は新テキストを参照のこと。

センセーションカラーセラピーシステムは3段階で構成されている。

①カラーセレクション
・左手によるセレクションはセンセーションの場合は自由

・セレクションは3本のクイックバージョンと6本のノーマルセレクションがある。

・3つのセクションに分ける
過去   現在   未来

・6本の場合も3つのセクションに分ける。
どれも最初のボトルは意識、2番目のボトルは潜在意識


②分析、診断。カラーダイアグノーシス
各カラーの意味が大切
最も学習が必要なところ

・チャクラのシンボルを上手く使う。
・カラーサークルも補色を理解したり、一次色、二次色、三次色を理解するのに上手く使う。
・四元素、キリスト教、神智学などのシンボルを上手く使う。


③カラーヒーリング
ミッシングカラーの二次カウンセリングから必要なカラーを見つける。

3本セクションの場合は現在のカラーが多いか足らないかを二次カウンセリングする。多い時はそのカラーの補色、足りない時はそのカラーそのものをヒーリングカラーとする。

ヒーリングの方法は沢山ある。
センセーションではカラーブリージング、カラーメディテーションをセンセーションアロマオイルを用いて行うことを推奨している。
--------------------------------------------------------


--------------【カラーバイブル】---------------------------
新テキスト最後の付録、カラーバイブルは参考のために読んでおく。センセーションが提唱する世界一のカラーヒーラーになるために。
--------------------------------------------------------


--------------【カラーボトルメンテナンスのご案内】----------
センセーションJAPANであるエコール・ド・メチエ本部では、カラーボトルのメンテナンスサービス(アロマオイル詰め替え)を行なっています。いつご購入のボトルでも受け賜わっておりますので、詳しくはお気軽にお問い合わせください。
--------------------------------------------------------


--------------【サブスクライバーのご案内】------------------
※サブスク=サブスクリプションではありませんのでご安心ください。

 

セミナーにご参加の皆様にはご案内をいたしておりましたが、以下の趣旨でセンセーションに関するご案内をさせていただきます。

センセーションに関する提供情報
・1to1の質問にもお答えします
・各種セミナーの開催情報
・年2回のツールキャンペーン情報
・新商品、新ツールのご紹介
・月1回程度の橋本の執筆による「カラーシンボル講座」の提供

ご希望の方はメールにて「サブスクライバー登録希望」と一言添えてお気軽にお申し込みください。(登録無料)

※サブスクライバー = 登録を希望した人。
※とくに携帯メールの方は迷惑メール振り分けにご注意ください。
--------------------------------------------------------

 

センセーションジャパン/エコール・ド・メチエ 代表 橋本俊哉