ほぼ夕刊!?メタルなレポート 2.0ver

橋本アルミ(株)


 Facebookランキング で 


2位!10万 いいね  突破!


10万いいね を発行部数にすれば


一般紙     FRIDAY  LEON


ビジネス誌   ダイヤモンド etc!



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

7月10-16日 建値10円UP 690円 相場情報

―――――――――――――――――――――――

 
原料の販売 購入のご相談はこちら!
 
大手メディア 、業界紙で活躍中の弊社が的確なアドバイスをします!
 
買取販売 06-6682-3344  
 
メディア・コンサル相談 06-6561-3536
―――――――――――――――――――――――

 

【市況】

10日

カッパー3Mは2%続落。米中貿易摩擦に対する警戒感や、ドル高を受けた売りが中盤に膨らんで下方への方向性を強めた。

11日

米中貿易協議の合意期待と米連邦準備理事会(FRB)議長の利下げ示唆議会証言をうけて概ね上昇して引けた。

12日

米連邦準備理事会(FRB)議長の利下げ示唆議会証言をうけてたドル安で総じて上昇して引けた。

13日

上海株は堅調となったが、中国の6月の輸入が前年同月
に比べて大幅に減少していたことが嫌気されるなか、売り優勢で運ばれた。

16日

中国第2四半期GDPが前年同期比6.2%と低調だったが想定内であり、6月小売り・鉱工業生産が予想を上回り、全体として好感され、概して上昇した。

 

【TOPIX】

10日

チリからの6月銅輸出はチュキカマタ銅山ストの影響で月間で15%減少

11日

米中が貿易協議を再開したことで、1年にわたる貿易戦争が収束するとの期待が生じた。クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は、米中当局者が電話で「建設的」な会談を行ったと述べた

12日

6月の米消費者物価指数(CPI)が事前予想を上回る

 

 

セツル   5997.5    UP
アルミ    1810     UP


   
為替TTM 108.90  円高       
                                         
銅地金計算値 690円  

【価格】
電気銅建値 690円  +10 (円 / Kg) ※ 7月11日

 
山行銅価格  480円    -10円      7月後半


真鍮粉基準価格501円    

7月6-9日の相場情報

―――――――――――――――――――――――

 
原料の販売 購入のご相談はこちら!
 
大手メディア 、業界紙で活躍中の弊社が的確なアドバイスをします!
 
買取販売 06-6682-3344  
 
メディア・コンサル相談 06-6561-3536
―――――――――――――――――――――――

 

【市況】

6日

米中貿易摩擦に対しての警戒感が強く、需要減少見通しや、LME在庫の急増を嫌気した売りが優勢となった。6月の米雇用統計が強気の内容となったことでドル高となったことが戻り圧迫要因となり、小安く引けた。

 

9日

米中貿易協議の不透明感が台頭、需要に対しての不安が強いこと、ドル堅調を背景に序盤から売り優勢となった。売り一巡後、ショートカバーから戻り歩調

【TOPIX】

6日

米労働省が朝方発表した6月の雇用統計によると、非農業部門の就業者数は前月比22万4000人増と、減速した前月(7万2000人増=改定)から持ち直し、市場予想の16万人増を大きく上回った。これを受け早期利下げ期待が後退、ドルが買われた

 

 

セツル   5912    UP
アルミ    1783     UP


   
為替TTM 108.54  円高       
                                         
銅地金計算値 680円  

【価格】
電気銅建値 680円  -20 (円 / Kg) ※ 7月3日

 
山行銅価格  490円    +30円      7月前半


真鍮粉基準価格505円  -12円  

6月29-7月5日 相場情報

―――――――――――――――――――――――

 
原料の販売 購入のご相談はこちら!
 
大手メディア 、業界紙で活躍中の弊社が的確なアドバイスをします!
 
買取販売 06-6682-3344  
 
メディア・コンサル相談 06-6561-3536
―――――――――――――――――――――――

 

【市況】

29日

カッパー3Mは小幅続伸。29日に開催される米中首脳会談を前にして、最終合意には至らないものの、中国からの輸入3000億ドルに対する新たな関税発動は見送られるうえ、今後も米中間で協議が継続されるとの見方が広がったことからUP

7月

2日

米国と中国が貿易戦争の「休戦」で合意したことを受けて市場心理が上向いた

 

3日

弱気なPMIを受けた中国経済への懸念がくすぶるなかで米国による対EU追加関税の対象枠拡大を検討との報が発表されたことを受けて欧米双方の経済に対する懸念が強まり軟化した

 

4日

カッパー3Mは反発。前場は大幅在庫増加と米中協議先行き不透明感から需要懸念強まり売り優勢となり一時2週間ぶり安値5,840ドルを付けた。その後売り一巡、欧米株高、エネルギー市場上昇を受けて反転、ほぼ高値圏で引けた。

 

5日

米中貿易摩擦に対しての警戒感が強いものの、買いが優勢となった

 

【TOPIX】

2日

マークイットと中国メディア財新が1日発表した6月の中国の製造業購買担当者景況指数(PMI)は、エコノミストの予想に反し、景気の拡大・縮小の節目である50を下回った。  6月は大半のアジア・欧州諸国でも製造業PMIが50を下回った。

 

 

 

セツル   5900     UP
アルミ    1771     UP


   
為替TTM 108.61  円安       
                                         
銅地金計算値 680円  

【価格】
電気銅建値 680円  -20 (円 / Kg) ※ 7月3日

 
山行銅価格  490円    +30円      7月前半


真鍮粉基準価格505円  -12円  

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>