MERCURY(マーキュリー)の【ロックンロールに恋狂い】
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

なんもないと…

化石発見

 

 

 

 

 

 

 

青春は日曜日

秋はどこへ行ったと思うハロルドです。

サッポロヨリトウキョウノホウガサムイトハ...

 

 

先月、アニソンナイトに出演させて頂いた折

対バンだったマグーさんとお話している時に

何度も名前が出た方のレコードを…

 

 

 

 

かつて『アニソン界の二大女王』と言えば

やはり大杉久美子と堀江美都子でしたね。

これが『アニソン界の三人官女』となると

前川陽子が加わるといった感じですかね。

ボクはやっぱりミッチ派でした。

彼女の声はキラキラしていて良いですね〜

 

 

魔法のマコちゃん、キャンディ・キャンディ、

アクビ娘、花の子ルンルンあたりが有名かな。

ガ・キーン、ボルテスV、ダイケンゴー、

ダルタニアス等のロボットものも多いですね。

 

 

でも、ボク的にはこの2曲が欠かせません(笑)。

 

 

 

 

 

 

いやもう、この2曲はめちゃ好きなんですよ。

 

 

で、画像のアルバムはアニソンではなく二枚目の

オリジナル・アルバム(1981年リリース)。

 

 

半数の曲でキャンディーズの育ての親でもある

穂口雄右が作編曲を担当している他、黒住憲五、

渡辺岳夫、馬飼野康二等も曲を提供しています。

 

 

音的にはいかにも'81年といった感じでしょうか。

個人的には弾けた曲が少なくてイマイチですね(笑)。

同じくコロンビアの河合奈保子っぽい気もします。

 

 

 

 

 

尚、日本コロンビア社内では『美空ひばりの

次に偉い人』らしいですし、ボルテスVが大ヒット

したフィリピンでは国賓扱いらしいですよ(笑)。

ヤッパジョオウサマダ

 

 

 

 

青魚のDHA

入場時の検温でモニターの顔の上部に40度と

赤字で表示されて焦ったハロルドです。

 

 

ま、その後すぐに平熱が表示されて

事無きを得たんですけどね。

シカシ、ナンデ40ド?...

 

 

という訳でこちら無事入場出来ました〜

 

 

 

 

いやぁ、門前払いにならなくて良かった(笑)〜

お馴染み『特撮のDNA』、今回のテーマは

ウルトラマン及び円谷プロダクション!

 

 

人間大のウルトラ兄弟が勢ぞろい!

 

 

マックス!

 

 

暗転したぞ…

 

 

スモークが…

 

 

 

 

ピカー!

 

 

みんな何故ニセモノと気づかなかったのか…

 

 

カラータイマー!

 

 

肝っ玉!

 

 

 

 

 

 

そして円谷プロという事で当然ウルトラ以外も…

 

 

トリプルファイター(トリプルファイヤーではない)

 

 

ジャンボーグはAより9の方がカッコいい!

 

 

でも変身前が軽自動車というのは如何なものか…

 

 

忘れちゃいけない快獣ブースカ(怪獣ではない)

 

 

ラーメンが大好物!

 

 

「バラサ、バラサ」

 

 

大大大好きミラーマン!

 

 

カラータイマー埋め込まれる前ver.

 

 

ミラーマンにヘッドスパしてもらう

 

 

 

 

 

記念撮影コーナーにはスマフォスタンドが

置いてあってお一人様にも優しい仕様。

 

 

やっぱゴッドマン似てる(笑)?…

※この写真のみ以前の時のもの

 

 

近くのタリーズでカラメルパンプキンラテを

 

 

 

 

…とまぁ今回も充実した内容でした〜

載せたい写真もっといっぱいあるのですが

まぁここら辺に留めておきましょう。

 

 

 

 

 

 \シュワッチ!/  

 

 

※もちろんセルフィー時以外は

しっかりマスク着用してますぜ。

 

 

 

 

 

電動○○○

もしかして、この状態でスタジオから

電車に乗って帰って来たのか?…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こいつか…

 

 

 

 

 

 

 

岸部のアルバム

渋谷センター街に流れるBGMはほんと

いらないと思うハロルドです。

ウルサイッチュウネン

 

 

前々回、昭和歌謡ナイトで岸部シロー氏の

追悼曲を…というところでちらっと名前が

あがったサリー&シローのアルバムがこちら。

 

 

SALLY&SHIRO - トラ70619

 

 

こちらはおさみ(サリー)とシローの岸部兄弟が

タイガース在籍中の1970年2月にリリースした

彼らの唯一のアルバムです。

 

 

尚、詳しくない方の為に一応説明しておきますと

タイガースのベーシスト、岸部おさみというのは

後の俳優、岸部一徳と同一人物です(笑)。

 

 

アルバムタイトルの"トラ70619"は鉄道の貨車の

車両番号とタイガースのトラをかけたと思われます。

鉄道好きな方ならどんな車両かわかるでしょう。

 

 

10分を超える大作から始まり1分未満の小曲に

インストまでとコンセプトアルバム的な内容。

時代的なアートロックやハードロック、はたまた

フォーク調とバラエティに富んだ楽曲群を収録。

インストの"YS-11"はベースがブンブンと唸る

ハードロックなナンバーでめっちゃカッコいい!

 

 

作曲ではワイルド・ワンズの渡辺茂樹と加瀬邦彦、

スパイダースのかまやつひろし、フラワーズの

小林勝彦、フォーク・クルセダーズの加藤和彦

ハプニングス・フォーのクニ河内といった錚々

たる面々が参加している他、ザ・タイガースの

メンバーも作詞(瞳みのる)、作曲(森本太郎)、

セリフ(沢田研二)でそれぞれ参加しています。

 

 

こちらはそのジュリーのセリフが聴けるナンバー。

 

 

♪SALLY&SHIRO - 花咲く星♪

 

 

歌っているのはシローなんですけど、なんというか

ものすごくジュリーっぽい歌い方ですよね(笑)。

 

 

こちらはムッシュ作曲のナンバーで後にムッシュ

本人がセルフカヴァーしてリリースしています。

ムッシュ版はシングルでリリースされているので

そちらの方が耳馴染みあるかも知れませんね。

 

 

♪SALLY&SHIRO - どうにかなるさ♪

 

 

こちらは1番から3番まである羊大学校歌の3番。

(1番と2番はようつべにあがってなかった)

 

 

♪SALLY&SHIRO - 羊大学校歌 3番♪

↑最後の「メェ」は恐らくジュリーでしょう(笑)。

 

 

そして、このアナログ盤は特殊ジャケット仕様で

折りたたまれたジャケットを伸ばして広げると

二人の等身大のポスターとなっています。

(全部広げた状態では写真におさまらなかったw)

 

 

 

 

このあたり、当時の人気アイドルならではですね(笑)。

 

 

残念ながら二人のアルバムはこれ一枚のみ。

サリーはその後、PYG、井上バンドとジュリーと

共に歩みますが、後に脱退して俳優に転向。

シローはブレッド&バターと共にシングルやLPを

リリースしますが、後にやはり司会や俳優に転向。

 

 

こちらは、'70年のタイガースのステージ。

シローがギター弾いているのが確認出来ますね(笑)。

 

 

♪ザ・タイガース - あの娘のレター~素晴しい旅行♪

 

 

しかし、ほんの短い時間だけだったとはいえ

再々結成タイガースのステージにシローが

出演出来たのは、ほんとうに良かったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>