ファイヤーセラピスト園田真司のひとり言

ファイヤーセラピスト園田真司のひとり言

ファイヤーセラピー以外にも徒然思うままに書いています

カウンセラーはクライエントの方にとって
昼間の月
のような存在でありたいと私は思っています。






昼間の月は、空に出ていることも、その存在すらも忘れられていることが多いのですが、静かに我々を見守ってくれています。もちろん夜も見守ってくれています。







カウンセラーである私は、一度でも関わりを持ったクライエントさん、または、私の命のどちらかが果てるまでは、「いつでも・いつまでも」私を必要としたときにその姿を現して対応できる存在でありたいと思っています。






御縁があり関わりを持った、または、これから関わらせて頂くクライエントさんが、人生や仕事、人間関係などで躓きそうなとき、辛い時、苦しさを感じているときには、その存在を思い出して活用して貰えれば良いと思っています。





悩みの無いときは、カウンセラーはその存在を忘れられていて良いと思います。しかし、クライエントさんが元気に生活されているとき、つまりカウンセラーの存在を意識していない時でも、静かに存在しているのがカウンセラーだと思うのです。




それはまるで、昼間の月のように!



皆さんも、必要な時にぜひ心理カウンセリングを活用してください。





お問合せ・お申込みは
こちらまで!

こんにちは。ファイヤーセラピストの園田真司です。

 

タイトルの通り、東日本大震災発災後から10年間

 

主に宮城県石巻市にて活動をしていた一般社団法人

 

プロジェクト結コンソーシアムが休会することとなりました。

 

詳細につきましてはこちらをお読みください。

 

 

 

今まで活動にご支援をいただきまして、ありがとうございます。

 

プロジェクト結は解散するわけではございませんので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

こんにちは。ファイヤーセラピストの園田真司です。

 

新年明けましておめでとう御座います

 

このブログの更新も大変にご無沙汰しておりました。

 

昨年はコロナウイルスの影響により、色々なこと、もので変わらざるを得ない年でした。

 

今年は、「変わるからこそ得られる」そんな年にしたいと思っています。

 

ブログも少しずつでも更新していけるように頑張ります。

 

今年も1年関わりのある方も、ない方も健康であり、

 

それぞれの方がそれぞれの基準で「幸せ」を感じられることを祈っております。

 

2021年元日