カスタムクラブ製作提案!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

アップライト3.5度の三浦技研TC-101

アップライト3.5度で製作した三浦技研のTC-101がようやく完成!

 

 

実はコレ、作り直しのアイアン!

 

三浦技研とのやり取りの中で行き違いがあって希望通りの内容で製作出来なかったのでもう一度シャフト、グリップも含めての製作やり直しだ。

 

多くの要望を盛り込んだカスタムアイアンだが三浦ぐらい手が込んでいるカスタムアイアンになると発注の間違いを完成後に訂正することはほぼ不可能だ…。

 

ユーザー様に丁重にお詫びをして1セット目はこの2セット目が出来るまでのレンタルクラブにして頂いた…。

 

ちなみにミズノカスタム時代を含めて作り直したアイアンはこれで2セット目。いつもダブルチェックどころかトリプルチェックぐらいするのだが完全に思い込んでいる自分に対して自分でミスを指摘することは出来なかった…。

 

【三浦技研 TC101 #4~#P】DG S300

 

 

~クラフトマン詳細~

 

レングス:0.25インチアップ

ライ角:3.5度アップライト

ロフト角:純正

トップライン:細目形状

バランス:D2.0

メッキ:銅下+クロムサテン

刻印色:シルバーグレー:色抜き

下巻き:3重巻き(パルマックス)

 

ご迷惑お掛けしましたm(_ _)m

 

~この記事に関するお問合せはこちらまで~

ゴルフショップメルサ

〒431-3101

静岡県浜松市東区豊町1929-1 

ドリームショットゴルフクラブ内

053-434-5511

営業時間:10:00~20:00 火曜日定休

メルサへのメール連絡

 

今回は右モデルの718CBフォージドのサテン仕上げ

前回はレフトハンドの718CBフォージドのサテン仕上げを掲載!それをご覧頂き「自分もやって欲しい…」とのリクエストを頂き今回は右モデルのタイトリスト718CBフォージドのサテン仕上げを施工。

 

 

 

 

今回は4番アイアンからですがこれも完璧に完了。タイトリストのこのタイプのサテン仕上げは三浦で言えばサテンミラーのような非常に薄いサテン仕上げでサテン仕上らしくない。その為に全体をもう一回やり直して誰もが分かる”濃い”サテン仕上げに変更だ。

 

これでほぼ半日以上!一日とは本当に早いものだ…

 

そしてエポンとこのリシャフト完成させるともうすぐ夜だ… 。 

 

【エポンAF-906 23度】ATTAS MB-HY85S

 

 

アイアンのリシャフトもあとちょっと…。明日は定休日の為にブログもお休みです。

 

~この記事に関するお問合せはこちらまで~

ゴルフショップメルサ

〒431-3101

静岡県浜松市東区豊町1929-1 

ドリームショットゴルフクラブ内

053-434-5511

営業時間:10:00~20:00 火曜日定休

メルサへのメール連絡

 

【後半】この”ニッチ”な性能をピックアップする DERAMAX Black50・HRD-55

昨夜からの続きだが先端剛性しっかり目、手元剛性が比較的緩い代表格としてディアマナの”Dリミテッド”がある。このモデルとどの位剛性の違いがあるのか?計測してみた。

 

スペックは60シリーズSだ。

 

 

今回はグリップ装着前のシャフトがあるので先端、中間、手元の3点剛性を調べてみる。

 

 

非常に興味深いデータが出た…。

 

 

ディアマナDリミテッドを100としてそれぞれの硬さをパーセンテージで比較。それが上記だ。

 

もうこれは完全に振動数計が当てにならない証拠を示した。

 

一般的に振動数とはこんな機械だ。

 

 

グリップを固定して…

 

 

シャフトの中間から若干先の部分で計測する。1分間でどの位上下に振動するか?を計測する機械。数字が多ければ上下に速く振動したことになるので硬く遅ければ柔らかいシャフトだと一般的に認識する。

 

 

この振動数計の弱点はシャフト先端部の剛性を全く無視していることだ。つまりこの計測部分からヘッドまでのこの部分…

 

 

もう一度表を出してみる。

 

 

Black50・HRD-55の真骨頂はまさにこの振動数計の計測している部分より先にある。先端部がしっかり目で手元剛性を落としているDリミテッドよりも一回りも二回りも誇張されたスペックだと言える。同じSどうしであれば先端は同じだが中間部で2割ダウン、手元で17%も柔らかい。驚きはXXでも中間部で13%もSよりも柔らかく、手元で10%も柔らかい。

 

これが多くの方が感じた振り易さの秘密。

 

このスペックから”極手元調子”と言えるのがBlack50・HRD-55。数値から判断すると並の元調子度合いではなく極!手元のとんでもないシャフトだ。

 

簡単に言えば感覚的に”ヘッドが来ない”…。

 

このシャフトは逆転の発想から生まれたと言える。

 

シャフト全体をガチガチで固めるのではなく硬い部分と柔らかい部分との硬度差を極端にすることによってインパクトでのヘッド挙動を制御する発想だ。もっと言えば強振すればするほど手元剛性の柔らかさが災いしてより捕まらない結果を生み出すだろう…。

 

コンセプトが面白く他社とは一線を画した全く新しい構造…(笑)

 

さらにシャフト全体が若干細いことにも注目する。

 

 

【Black50・HRD-55】

 

 

【ディアマナ Dリミテッド60S】

 

 

シャフトは太くすれば剛性が高くなる。バット径は同じ部分でディアマナで15.41mmに対して15.3mm、中間で13.98mmに対して12.88mm、先端でも9.92mmに対して9.74mm。

 

”良いカーボン使ってるな~”とすぐに思ったのは先端を計測してからだ。先端部では細いながらも剛性をディアマナよりも高く保っている。シャフト重量は55gとディアマナよりも9g軽量なのでカーボンを多く使っている訳でもない。

 

”少ないカーボン量で細くしながらも高い剛性を保って製作する…」と言うことはどういうことか分かりますよね!

 

これは質の良いカーボンを使いながらも成型時の樹脂量を極力少なくしている製造方法だから出来ることだ。重量を出さずに強度を保つ辺りはフィッティングロッド(釣り竿)の得意分野か?

 

構造が良いのは見れば分かる!後はプロモーションだけか?(笑)

 

ワクチンで言えばなかなかの劇薬的なBlack50・HRD-55だがここにフィッティングシャフトとしてラインナップ出来たことは非常に頼もしい。

 

 

【どんな方向けなのか?】

・対象ヘッドスピード41m/s以上

・ヘッドの変更を求めず極度に捕まりを抑えたい方

重いシャフトが苦手で捕まりを抑えたい方(軽量)

・切り替えしで撓り感を確実に感じたい方

 

【こんな方には不向き】

・ヘッドスピード41m/s以下

手元剛性を感じたい方

・シャフトにスピード感を感じたい方

重いシャフトでタイミングを取りたい方

・捕まる(走る)シャフトが好き

 

種類の違う処方薬が増えることは多くの方により良い方法を提案出来ますからね!

 

TPT、三菱、TRPX、フジクラ、LOOPにファイアーそしてDERAMAX…。多くの処方薬を用意しております。まだまだ良い薬を探し求めて増やし続けます。

 

マニアックなシャフトが増えて個人的にもかなり楽しくなってきました(笑)

 

~この記事に関するお問合せはこちらまで~

ゴルフショップメルサ

〒431-3101

静岡県浜松市東区豊町1929-1 

ドリームショットゴルフクラブ内

053-434-5511

営業時間:10:00~20:00 火曜日定休

メルサへのメール連絡

 

【前半】この”ニッチ”な性能をピックアップする DERAMAX Black50・HRD-55

”掴まりを抑えるシャフト”って硬くて重くていかにもハード…ってシャフトが多くないでしょうか?弊社のフィッティングシャフトにもそんなシャフトを多くラインナップしています。

 

我々の仕事は”世の中の波に乗った商品を提案をする”

 

これは当たり前のことで商売の基本です。商品には”鮮度”って言うものがありライフサイクルがあります。かつて売れた商品を拾いあげても誰も見向きもしないでしょう…。しかし世の中に知れ渡っていなければ発売後少々経過してもそれは当てはまらないのです。

 

ひっそりと評価されるのを待つ商品やコンセプト…。

 

評価されることに時間が掛かる商品もあれば残念ながら一生日の当たらない”良い”商品も多々あります。日の当たらない商品は何が悪いのでしょうか?

 

ずばり”プロモーション”かな。一言で言えば商売下手。

 

欲している方にピンポイントに伝えることが今の商品開発では大事。多くを取るのではなく一部の方にとって抜群の性能であれば後は自然と広がっていく…。

 

商売下手は素晴らしい商品を作る会社に結構多いんですよね…。

 

職人気質ってやつです。

 

「あの人は腕は良んだが性格が…」とか「腕は良いが口下手で…」何て言われる職人って昔は結構いました。

 

例は少々失礼だがこれは結構ニーズがあるかも?って思ってます…。

 

振り心地はSR~Sで非常にしなやか。50g台でスピードが出せてあくまでマイルドなのに最高ランクに掴まりを抑える構造…。

 

そんなシャフトをフィッティングシャフトとしてフルラインナップ。

 

ガチガチにハードで重いシャフトは多々あります。何度も言いますが”しなやか”でかつ掴まりを抑えるシャフト…。

 

最初はカタログの記述見て自分用に”ノリ”のつもりで注文してみました。

 

”左サイド狙ってこれで左行くならスイング見直した方が良い??”何だコレ…(笑)

 

しかしあまりにマイクラブを試打した方の評判が良く多くの方の”掴まり”を解消し続けてきたのでフィッティングシャフトにフルラインナップすることにしました。

 

 

”DERAMAX Black50・HRD-55シリーズ”

 

「どこのシャフト??」

 

まずはこのシャフトを製作している会社を紹介しないといけませんね!製造会社は株式会社オリムピック。釣り具や釣り竿を企画、製造している大阪の会社であり工場は和歌山県にあります。

 

私は釣りをしないので多くは分かりませんが以前、釣り竿を開発している方と食事をご一緒したことがあるのですが釣り竿の開発はゴルフ用カーボンシャフトよりも多くの難題と向き合いながら長期間の開発時間と開発費を必要とするとか…。

 

「ゴルフシャフトは簡単です…」

 

そんな言葉が印象的だった。

 

そう言えば芸能人がボートに乗ってマグロやカジキを釣り上げている場面の時に糸は切れますが竿が折れたことってないですよね。100キロを超える大物にも耐えうる超耐久性、鮎釣り場面で出くわす”大きく撓る”柔軟性…。

 

ゴルフクラブよりも多くの場面でより多くの性能が要求される釣り竿はまさにカーボン技術の結晶でありカーボンを知り尽くしている集団と言える。その一員がDERAMAXのオリムピックだ。

 

さて今回、数あるシャフトから何故これを今更フィッティングシャフトにラインナップしたか?やはりコンセプトがニッチで他にない商品だからだ。

 

振動数250cpm台で数多のフッカーを矯正し続けるシャフト…。

 

さらにそれは各メーカーの”掴まりを抑える”と言う自慢のフラッグシップシャフトと対決してもことごとく性能で勝利してきた。

 

 

例えばグラファイトデザインのDI-8S

 

 

例えば三菱のDリミテッド…

 

 

それぞれに厚い打感を生み出して強い球が打てる評判のフラッグシップシャフトだが球筋を追い求めてフレックスを合わせるとどうしても振り心地が犠牲になってしまう。もちろんバット側が硬くしっかり感があるものを好む方も多いがそのシャフトはライバルが多い…。

 

ここにフィッティングシャフトとして並べるならば抜群に尖がっているニッチなシャフトこそが価値がある。

 

【DERAMAX Black50・HRD-55】スペック

 

明日は何がニッチ性能なのか?数値をテーマにディアマナDリミテッドを交えながらお伝えします。

 

 

~この記事に関するお問合せはこちらまで~

ゴルフショップメルサ

〒431-3101

静岡県浜松市東区豊町1929-1 

ドリームショットゴルフクラブ内

053-434-5511

営業時間:10:00~20:00 火曜日定休

メルサへのメール連絡

 

ドライバーリシャフト

「何が良いのか見てもらいたい!」

 

アイアンのリシャフトは相変わらずだがドライバーのリシャフト需要が右肩上がりで増えてきた!

 

【ディアマナ Dリミテッド50SR】

 

 

「左へのミスが非常に多くなった…。重量もそこそこに適度な掴まり感がありながらも左へのミスに強いシャフトを探して欲しい…」

 

 

 

 

最初の試打から感触の良かったディアマナDリミテッド。その他はTENSEIも試打、TENSEIよりもDリミテッドの方が左に行くミスの結果が段違いで良かった…。

 

【DERAMAX ブラック50HRD-55X】

 

 

「低いチーピンが非常に多い手元の柔らかさはそのままにとにかく捕まらないシャフトを選んで欲しい…」

 

 

 

 

手元の撓り感はSR並、打ったら”捕まらない”と言うDERAMAX真骨頂のシャフトがコレ!誰しも”振り易い”と口を揃えそのシャフト効果を絶賛。振動数は全く何の役にも立たない代表格のシャフト。

 

【DERAMAX ブラック50 65SX】

 

 

「このシャフトが好きなので同じものを装着したい…」

 

 

 

 

フレックスSXで振動数251。メーカーによっては間違いなくSRの部類だろう…。これがDERAMAX!銘柄指定で最後の1本を装着。残念ながらこのシャフトは廃盤になりました…。

 

 

~この記事に関するお問合せはこちらまで~

ゴルフショップメルサ

〒431-3101

静岡県浜松市東区豊町1929-1 

ドリームショットゴルフクラブ内

053-434-5511

営業時間:10:00~20:00 火曜日定休

メルサへのメール連絡

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>