宇吹萌ブログ

宇吹萌ブログ

劇作家・演出家・Rising Tiptoe主宰 宇吹萌のブログです

★★★ オペラ『咲く』が最優秀作品に選出されました!★★★



オペラ『咲く』(台本:宇吹萌 作曲:竹内一樹)が、文化庁委託事業「日本のオペラをつくるーオペラ創作人材育成事業」にて最優秀作品に選出されました。
11日13日、全幕オーケストラ演奏される予定です。

最終候補作品:
「咲く」台本:宇吹萌 作曲:竹内一樹
「ヒメアザミ」台本:中屋敷法仁 作曲:永井みなみ
「あなにやし」台本:山口茜 作曲:茂木宏文
「父から受け継いだオペラハウスを1年で黒字化する10の方法」台本:重信臣総 作曲:藤代敏裕 



★★★Rising Tiptoe#11『 THE BITCH』★★★


宇野重吉演劇賞優秀賞を受賞しました

 

★★★Rising Tiptoe#23 『RACE』★★★

「SEVEN HEARTS演劇大賞2017」にて[脚本部門]入選(宇吹)、[小劇場部門]女優賞入選(汐美真帆)、[小劇場部門]女優賞次点(平松沙理)、[小劇場部門]男優賞入選(桂紋四郎)の4部門に入選致しました

★★★ Rising Tiptoe#24 『おしゃべり』★★★

杉並演劇祭優秀賞を受賞しました








【今後の予定】
タイトル未定@アトリエファンファーレ東池袋 9月1日~9月6日

【Others】
2019年春学期 慶應義塾大学文学部講師



*執筆依頼、出演依頼は、メールにてまずご一報ください。


【公演中止のお知らせ】

 

この度、コロナウィルス感染拡大を防ぐため、9月に上演予定だった『いじわるコーラス』の上演を中止する決断を致しました。

参加予定だった第32回池袋演劇祭も中止が発表されました。

演劇祭に参加することなく、予定通り上演する道も残されていましたが、お客様、キャスト・スタッフ、それぞれのご家族の安全を第一に、一主宰として中止を決めました。

公演を楽しみにしてくださっていた皆様、大変申し訳ありません。

 

夏以降の公演に関しては予定通り上演する団体もあります。

考えかたはそれぞれだと思いますが、コロナウィルスに有効なワクチンがまだ開発されておらず、年内の公演はあくまで「感染リスクと上手く付き合いながらの上演」となります。

 

会場で来場者の体温を測り、消毒を徹底したところで「感染リスクが0」になるわけではありません。

「感染リスクと上手く付き合いながらの上演」であることを前提に、「観にいらしてください!」とお客様にお声がけする形の上演は、私の望む形ではありません。

 

いま演劇は風前の灯火です。「感染リスクと上手く付き合いながらの上演」を決行する公演のどれか一つからたった一人でも陽性反応が出たら、演劇の未来は大きく変わってしまいます。

演劇を愛する者として、それは目の前の個人的な経済的な負担よりも遥かに恐ろしいことです。

 

公演中止は経済的な負担を背負う覚悟のいる決断ではありましたが、お客様・キャスト・スタッフ・それぞれのご家族の命に責任を持たなければならないイベント主催者として、演劇の未来を守りたい一個人として、中止に迷いはありませんでした。

 

「延期」という道も考えなかったわけではありませんが、その場合「時間的な拘束」という二次的な被害をキャストに課してしまうことになりますし、公演時期が変わることで出演できなくなってしまうキャストも出てきます。

自粛で仕事をなくし、これから新しい仕事を探さないといけない人は、稽古期間にあたる8月にシフトを入れられないということが職探しのハンディになりかねません。

 

諸々、熟考した結果、延期ではなく中止という決断に至りました。

 

Rising Tiptoeは、お客様に心から楽しんで頂ける作品を提供する演劇企画です。

不安なく劇場に通って頂ける日常が戻りましたら、その時にまた新たに公演を企画したいと考えています。

 

まずは今回の負債を返上し経済的に立ち直らなければなりませんが、必ず立ち直ります。

「場」を失ってしまったキャスト陣、仕事を失ってしまったスタッフさん方のためにも、いつまでも落ち込んでいられません。

 

いつもRising Tiptoeを応援して頂き、改めてどうも有難うございます。

これからも精進して参りますので、今後もRising Tiptoeをどうぞよろしくお願いいたします。

 

Rising Tiptoe

宇吹萌

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年のRising Tiptoe公演『皿の裏』(7月、座・高円寺1)、『咲く』(9月、ザ・スズナリ)について嬉しいお知らせがあります。

評論家の阪清和さまが設立された演劇賞「SEVEN HEARTS演劇大賞」の「SEVEN HEARTS演劇大賞2019」にて、『皿の裏』と『咲く』がそれぞれ、4部門・5部門入賞致しまし
た!

SEVEN HEARTS演劇大賞2019
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66326025.html

『皿の裏』劇評↓↓↓
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66314694.html

『咲く』劇評↓↓↓
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66318727.html

詳細は以下の通りです。
優秀賞の3部門([リバイバル作品賞]皿の裏(Rising Tiptoe)、[女優賞]前田真里衣(咲く)、[演出賞]宇吹萌(咲く))
については、3月中旬に発表される「最優秀賞」に選ばれる可能性がまだ残っています。

いつも応援して下さる皆様のお陰です。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

SEVEN HEARTS演劇大賞2019 
小劇場部門

[作品賞]  入選 『咲く』(Rising Tiptoe)

[リバイバル作品賞] 優秀賞 『皿の裏』(Rising Tiptoe)

[女優賞] 優秀賞:前田真里衣(咲く)
     入選:おおばゆか(皿の裏)
     入選:星野クニ(皿の裏)

[男優賞] 入選:瀬沼敦(咲く)
     入選:神山武士(皿の裏)

[演出賞] 優秀賞:宇吹萌(咲く)

[戯曲賞] 入選:宇吹萌(咲く)

 

ブログでのご報告が遅くなってしまいましたが、奇しくも、オペラ「咲く」の本番の日に舞台「咲く」の受賞を知り、とても嬉しいです。
取り急ぎ、ご報告と御礼です。
いつも支えて下さる皆様のお陰で今日の私が在ります。
改めてどうも有難うございます!!

 

「皿の裏」

 

 

「咲く」

 

文化庁委託事業 2019年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
日本のオペラ作品をつくる~オペラ創作人材育成事業 第II期 試演会

Japanese Operatic Work Creation Project 2020


選出作品 The Final Selection
《咲く~もう一度、生まれ変わるために》
 SAKURA -reborn
 作曲:竹内一樹   台本:宇吹 萌
 TAKEUCHI Kazuki, Music/USUI Mei, Libretto
 作品紹介(1.03MB)

 

 

 

【日本のオペラ作品をつくる~オペラ創作人材育成事業について】
 本事業は、文化庁委託事業として、我が国の文化に根ざした日本語によるオペラ作品を創造する新しい 創作人材の育成を目的に、気鋭の作曲家と台本作家を公募して2018年度よりスタートしました。
 事業2年目の2019年度は、初年度の試演会で選ばれた作曲家・台本作家4組が、新作オペラのピアノ版全 幕完成を目指しワークショップを重ねてきました。
 メインファシリテーターは、初年度に事業の発進を見守った中村透氏(2019年2月逝去)から2年目は池辺 晋一郎氏へと引き継がれ、ファシリテーターの郡愛子氏、齊藤理恵子氏、アドバイザーの李建鏞(イ・ゴニョ ン)氏に加えて、ゲスト講師として佐藤信氏(演出家・劇作家)、清水寛二氏(能役者)、星出豊氏(指揮者)らが、豊かな経験から 大所高所より助言してきました。
 本日は、今年度の成果を発表する場として4作品の公開試演会を行い、次年度に創作を継続する1作品を選出します。選出された作品は、2020年度にオーケストラ付オペラ作品として完成して演奏会形式による全 曲初演を行い、来年以降には日本オペラ協会による舞台上演も予定しています。
 本事業が、日本語による新たなオペラ作品の世界発信へ向けたひとつの契機となることを願ってやみませ ん。そして本日参加するすべての若きオペラ創作人材たちに、心からのエールを贈ります。

About the “Japanese Operatic Work Creation Project”
Commissioned by the Agency for Cultural Affairs, this project was launched in the fiscal year 2018 to foster new talents that can create Japanese operatic works rooted in Japanese culture by recruiting up-and-coming composers and scriptwriters by public invitation. In the end of the first year, four pairs of composers and scriptwriters were selected as a result of an open-public trial performance of the recruited candidates’ works. Through a series of workshops of the second year, the pairs completed acts of their operatic works in piano. After the passing of the main facilitator NAKAMURA Toru, who was involved since the project launch in Feb. 2019, IKEBE Shin-Ichiro succeeded the position. Ikebe along with co-facilitators, KORI Aiko and SAITO Rieko and advisor LEE Geonyong have ensured the project continues. Accomplished director and playwright SATO Makoto, Noh actor SHIMIZU Kanji and Conductor HOSHIDE Yutaka have also assisted as guest instructors using their artistic perspectives and rich experience to offer precious advice to project participants. Today, another public performance of the works of the four pairs, with one being selected as a continuation project for the following fiscal year. The selected work will be completed as a fully-developed opera with orchestral accompaniment, and its entire acts will be premiered in a concert during fiscal year 2020. Later, the completed work will be available for performance by the Japan Opera Association. We would like to give our enthusiastic encouragement to all the participating young talents and sincerely hope the project is a way for new Japanese operatic works to reach opera audiences all over the world. (Translated by Hiro Takiguchi)

メインファシリテーター 池辺 晋一郎 
IKEBE Shin-ichiro, Main Facilitator
ファシリテーター 郡 愛子
KORI Aiko, Facilitator
ファシリテーター 齊藤 理恵子
SAITO Rieko, Facilitator
アドバイザー 李 建鏞
LEE Geonyong, Advisor
コーディネーター 馬場 紀雄
BABA Norio, Coordinator
昭和音楽大学オペラ研究所 石田 麻子
ISHIDA Asako, Showa University of Music Opera Research Center

試演会 実施内容
2020年2月28日17:00 昭和音楽大学 ユリホール
主催:文化庁  昭和音楽大学    企画協力:公益財団法人日本オペラ振興会

 ※本試演会は当初一般公開を予定しておりましたが、新型コロナウィルス感染症の予防対策として急きょ公開を取りやめさせていただきました。

[1] 試演 創作者による作品紹介/抜粋演奏

《ヒメアザミ》作品紹介(1.02MB)
The Vengeance of Cirsium
作曲 /永井 みなみ 台本 /中屋敷 法仁
Music / NAGAI Minami Libretto / NAKAYASHIKI Norihito

指揮…平野 桂子  ピアノ…石渡 洸貴
きく…丹呉 由利子  佐備山伴内…中井 亮一  柄田惣右衛門…大塚 雄太

《父から継いだオペラハウスを1年で黒字化する10の方法》作品紹介(1.00MB)
Going Concern
作曲 / 藤代 敏裕 台本 / 重信 臣聡
Music / FUJISHIRO Toshihiro Libretto / SHIGENOBU Takaaki

指揮…芳賀 大和  ピアノ…上路 実早生
ひかり…長島 由佳 哲…普久原 武学 守…中井 亮一 悠太…曽我 雄一 舞…丹呉 由利子 チャオ…大塚 雄太 古川婦人…佐藤 みほ

《咲く〜もう一度、生まれ変わるために》作品紹介(1.03MB)
SAKURA -reborn
作曲 / 竹内 一樹 台本 / 宇吹 萌
Music / TAKEUCHI Kazuki Libretto / USUI Mei

指揮…平野 桂子  ピアノ…石渡 洸貴
飯田聡子…丹呉 由利子 桜…芝野 遥香 飯田俊幸…大塚 雄太 タロー…曽我 雄一 飯田貴美子…佐藤 みほ

《あなにやし‒古事記外伝‒》作品紹介(1.01MB)
ANANIYASHI -The Side Story of KOJIKI
作曲 / 茂木 宏文 台本 / 山口 茜
Music / MOGI Hirofumi Libretto / YAMAGUCHI Akane

指揮…芳賀 大和  ピアノ…上路 実早生
ナギ…中井 亮一 ナミ…佐藤 みほ ヒルコ…長島 由佳 月夜見尊…大塚 雄太 アキ…丹呉 由利子 ワズラ…普久原 武学 ヘツカ…曽我 雄一

【演奏 PERFORMERS】
 指揮 芳賀 大和 HAGA Yamato, Conductor
 指揮 平野 桂子 HIRANO Keiko, Conductor
 ソプラノ 芝野 遥香 SHIBANO Michika, Soprano
 ソプラノ 長島 由佳 NAGASHIMA Yuka, Soprano
 メゾソプラノ 佐藤 みほ SATO Miho, Mezzosoprano
 メゾソプラノ 丹呉 由利子 TANGO Yuriko, Mezzosoprano
 テノール 曽我 雄一 SOGA Yuichi, Tenor
 テノール 中井 亮一 NAKAI Ryoichi, Tenor
 バリトン 大塚 雄太 OTSUKA Yuta, Baritone
 バス 普久原 武学 FUKUHARA Takehisa, Bass
 ピアノ 石渡 洸貴 ISHIWATA Kouki, Piano
 ピアノ 上路 実早生 JOJI Misaki, Piano
 合唱 日本オペラ協会 Japan Opera Association, Chorus

[2] 講評&ディスカッション
 李 建鏞(ビデオメッセージ:字幕翻訳 延智美)  LEE Geonyong (Video Message: translated by YON Jimi)
 池辺 晋一郎 IKEBE Shin-ichiro 
 郡 愛子 KORI Aiko
 齊藤 理恵子 SAITO Rieko
 石田 麻子 (モデレーター)  ISHIDA Asako (Moderator)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

有難いことに、私の作品が選出されました。

審査結果が出てから3日以上経ってしまいましたが、遅ればせながらこの場を借りて応援して下さった皆様、先生方、ペアを組ませて頂いている作曲家の竹内一樹さん、素晴らしい演奏をしてくださった指揮者・歌手・ピアノの皆様、事務局の皆様、家族に厚く御礼申し上げます。

 

この事業は2018年にプロ作家・プロ作曲家限定の公募からスタートしました。書類選考・課題選考・1年目の試演会選考・2年目の最終選考、と度重なる審査で絞られてゆき、最終的には4ペア8人の台本作家・作曲家で切磋琢磨してきました。

この事業を通して出会った作家・作曲家の7人は、それぞれ活躍している本当に素敵な方々ばかりでした。

皆とても仲も良く、この歳になってこんなにもレベルの高い環境で学べることが嬉しかったです。

毎月のWSは私の楽しみで、WS前日は遠足の前の子供のように楽しみで眠れなくなることもありました(笑)

 

最初は「私にオペラが書けるのかな?分からないけど、やってみよう!」という感じでしたが、書き進めてゆくうちに、実はとても合っていることに気づきました。

「詩」なのです。

 

新しい扉を開くことができました。

オペラのリブレットを書くことになるとは想像だにしていませんでしたが、私の人生の流れとして「必然」だったような気がしています。

現代詩詩人として物書き人生をスタートし、詩心を活かして演劇の世界へ飛び込み、そしていま、詩が音楽に翼を与えるオペラの世界の扉を開けました。

『咲く』の登場人物の「タロー」のアリアの歌詞に「一周回って 突き抜け 進め」とありますが、私はまさに「一周回って」現代詩に帰ってきた気がします。

 

私のオペラ人生が始まりました。

こんなにワクワク、ドキドキするのは本当に久しぶりです。

人の魂を揺さぶるようなリブレットをこれから沢山書いていきたいと思います。

 

改めてどうも有難うございました。

今後もよろしくお願い致します!

 

 

文化庁委託事業「日本のオペラをつくるーオペラ人材育成事業」試演会(最終選考)無事に終えて帰宅しました。 

 

結果はまだ分かりませんが、ここまで支えてくださった皆様、応援して下さった皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。 

いま感謝の気持ちでいっぱいです・・・!

 

 

文化庁委託事業「日本のオペラをつくるーオペラ創作人材育成事業」試演会(最終選考)いよいよ明日が本番です!

 

今日は最終リハーサル(ゲネ)を行い、初めて4作品通しで聴くことができました。

これまで別々の部屋で同時に稽古していたため、実は自分以外の作品の全貌は楽譜と台本上でしか知りませんでした。

「こんな感じかな?」と想像していた作品を実際に耳で聴くことによって、なるほどなぁ・・ 素敵だなぁ・・ 難しいなぁ・・(笑)など、色々と思いを巡らせていました。

 

コロナウィルスの拡大防止のため一般公開は取りやめになってしまいましたが、私たちが2年間積み上げてきたものが舞台上で生きていました。

 

最終選考なので、この試演会の後に残れるかどうかは分かりませんが、ベストを尽くして楽しもうと思います!

 

1作品目:「ヒメアザミ」 台本: 中屋敷法仁 作曲: 永井みなみ

2作品目:「父から継いだオペラハウスを1年で黒字化する10の方法」 台本:重信臣総 作曲: 藤代敏裕

3作品目:「咲く~もう一度、生まれ変わるために」 台本:宇吹萌 作曲:竹内一樹

4作品目:「あなにやし -古事記外伝」 台本:山口茜 作曲: 茂木宏文