イガスの新しい教室に勤務するようになって初めての夏期講習のことだった。

 講習期のお昼休みには近くのお店で昼ご飯を食べるのが楽しみになっていて,その日も例のパチンコアルバイターと,少し距離のある西武池袋線のE古田駅近くまで行って,新たな店を開拓しようということになった。

 このE古田駅は,近くに大学がいくつかあって,かなり多くの飲食店が存在しており,良さげなお店を探すのが逆に難しいのだ。

 ということで,駅近くは避けて,駅から少し離れたところを探してみた。
 すると,いい雰囲気の中華料理屋を見つけた。

 黄色い紙に達筆で(←ここ重要)メニューが書かれているタイプの中華料理屋だったので,直感で「ここにしよう」と決めて入店した。

 お互いに注文をして待っていると,何と「おひつ」が運ばれてきた。

 『どういうこと?』と内心思いながら待っていると,運ばれてくるおかずの「具」が皿からはみ出さんばかりだった…。

 食べ終わってお勘定をしてもらうと一人800円くらいで,「帰ったらみんなに教えよう」ということになった。

 店名は「好好亭」と書いてあったが,読み方が分からなかったので,勝手に「ハオハオ亭」と呼んでいた(笑)。