冬合宿報告

テーマ:

こんにちは副将です。2月になりましたね。実は2月って28日までしかないんですよ。困りますね。アウグストゥスさんには反省してもらいたいです。

 

そんな2月に入ってすぐ、5日から7日まで、私たち文芸部は南伊豆らへんへ冬合宿に行ってきました!今回のブログではそんな冬合宿の様子を紹介しようと思います!そこそこ長い(当社比)ので、カップラーメンを待つ暇つぶしに読むにはあまりおすすめしません。

やることが部活の企画メインの夏合宿と違って、冬合宿はいろんな所に観光に行きます。見知らぬ場所ではしゃぐ私たちの様子、は全く撮っていないので、風景の写真を楽しんでいってください。このブログ旅行ブログか何か?

 

・1日目

踊り子号に乗って伊東までゴーしたあと、まぼろし博覧会に行きました。

まぼろし博覧会というのは、怪しい感じの展示品がたくさん置いてあるテーマパークです。その怪しさがどのようなものかというのは、ググってもらうとよく分かると思います。

とりあえず私は周り終わったとき、‘‘‘わけのわからないものに触れてしまった感’’’で気力が尽きました。なかなかできない体験だと思うので、そんな雰囲気を味わいたい人に大変おすすめです。

「この部活の人達こういうの好きそう」という言葉とともに提案されたまぼろし博覧会でしたが、その通りに、みんなじっくり見て回ってました。平成初期のおもちゃが展示してあるスペースでは、「このおもちゃ持ってた!」みたいな会話が繰り広げられてて面白かったですね。

 ▲まぼろし博覧会の入口付近 すでになんか怪しい

▲「夏は暑い」

 

1日目の観光はまぼろし博覧会のみで終わり、ホテルに戻って夕食に舌鼓を打ちました。

いや、去年もそうだったんですけど、冬合宿の夕食ってめちゃくちゃおいしんですよね。ごちそうさまでした。

 

食後は文芸部らしく読書会をしました。課題図書は万城目学の「鴨川ホルモー」。タイトルとあらすじからは思いもよらず、びっくりするほどちゃんとした青春小説でした。

他の人の感想や意見を聞くと、自分だけでは気付けなかった作品の魅力を知れていいですね。

特に今回の「鴨川ホルモー」は登場人物のキャラがすごく立っていたので、それぞれの登場人物に対する部員の解釈や意見なんかを聞けて楽しかったです。

 

読書会を終えたあと、次の白文に出す作品の批評会をしました。

今回はちょっと色々あって「小説を20ページ以上書く!」っていうのをやっている部員が多いので、次の白文は大ボリュームだと思います!もちろん大ボリュームはページ数だけじゃなくて満足度もですよ~。楽しみにしていてくださいね!

 

・2日目

伊豆急行に乗って河津駅までゴーし、izooという体感型動物園に行きました。

ここ、ライオンも馬もウサギもいなくて、爬虫類だけの動物園なんですね。ヘビとかワニ(!?)とのふれあい体験もできます。やばい。

あとずっと館内に流れているBGMの中毒性がすごいので一度聞いてみてください。動画サイトにショートver.がアップされてるので。「izoo テーマソング」で検索するとすぐ出ます。

とにかく個性的な動物園なので、見どころが多く、みんなちょいちょい見入っていました。小さな生き物が葉っぱに隠れているとすごく見つけにくいんですけど、その前でちゃんと立ち止まって、生きものを探している部員の姿に勝手に感動していました。

▲園内を自由に散歩するカメ かわいい

 

izooを後にして向かったのは、伊豆稲取の雛の吊るし飾り祭りです。雛の吊るし飾りとは、ひな祭りで用いる、端切れで作ったぬいぐるみを吊るす風習のことです。

私たちが向かった文化会館雛の館では、約1万個の吊るし飾りが展示されていました。一つ見るだけでもきれいなんですけど、それが視界いっぱいにたくさん存在しているので、その迫力はすさまじいです。‘‘‘‘‘‘‘美’’’’’’’って感じです。

飾りがめちゃくちゃきれいなのはもちろん、吊るし飾りについての歴史も学べるので、色々と勉強になる場所でした!

▲俵ねずみ 子供をたくさん産んで、こまめなはたらきものになるように、という願いが込められているんだとか

 

祭りの会場の裏には足湯があって、足湯に浸かってみんなで癒されました~。お湯、めちゃくちゃ熱かったですけど。長めに浸かっていた部員の足は赤くなってました。上がったあと、血液の流れる感じがしましたね。

 

というところで2日目の観光は終了。

ホテルに戻り、1日目の批評会の続きをしました!1日目と同じなので特に書くことはないです。現在進行形で頑張って原稿書いてるので、繰り返しになりますけど、楽しみにしていてくださいね~!

 

批評会を終え、夜更かしをしたりしなかったりしつつ、合宿最後の夜は更けていきました……。

 

・3日目

終わった風の雰囲気出しましたけどまだ終わりません。

最終日は再び伊豆急行(しかし2日目とは逆方面)に乗り、沼津駅近くの深海水族館に行きました。

深海魚を多く飼育している水族館ですね。世界でも希少なシーラカンスを展示しています。私たちが行ったときには出会えませんでしたが、ラブカを展示しているときもあるみたい。

深海魚ってやっぱり珍しいですし、浅瀬の魚と並べて展示してあったりもして、それとの比較も楽しくてゆっくり時間をかけて回りました。

売っているグッズも面白くて、これかわいいとか、これどんなときに使うのとか話して盛り上がりましたね。やっぱり深海魚型のチョコ型は深海魚好きのお相手のために使うのがいいと思うが、いかがか。

▲クラゲ 水槽の明かりを透かして色が変わるのが綺麗

 

深海水族館を見終えて熱海に戻ってきてから、カフェ巡りをしました。熱海には文豪が通ったカフェが結構残っているんですね。さすがに時間なくてそこまでは行けませんでしたが。

グループ分けをして向かった喫茶店で、私は抹茶ラテのミルクのおいしさに感動したりハワイアンコーヒーの未知感にビビったりしていましたが、他のグループはこれぞ、といった感じのクリームソーダを飲んだり、和風の喫茶店に入って和を堪能したりしていたみたいですね。多種多様でいいですね。

▲抹茶ラテ おいしい

 

カフェ巡りを終え、熱海駅に集合して、東海道線に乗って伊豆半島を去りました。ありがとう伊豆半島。いい思い出が出来ました。

 

これで、長々と続いた冬合宿報告を終わりにします。いやマジで長いな。

途中、これ文芸部のブログなのか?って思いまくりましたし、文芸部云々というよりただの大学生の旅行記みたいになってますけど許してください。旅行楽しかったです!!!!

 

ではまた!次のブログはちゃんと文芸部っぽい活動報告だと思います!

▲深海水族館の近くの海 海はいいですね

第26回部会報告

テーマ:
今年初めてのブログ更新になります。副将です。今年もよろしくお願いします。

皆様お正月はいかがお過ごしでしたか?私は白文用の小説を書いたり書かなかったり書かなかったりしていました。
前後編ものを書いてしまったので、前編で広げた風呂敷を畳むのが大変です。こういうの自業自得っていうんですけどね。
畳む能力がないなら、いっそのこと書くのをやめるのも潔さだし勇気だよなあとか思っております。前編との矛盾が生じてもうーんって感じですしね。難しいですね。

そんな私の悩みはさておき、部会報告にいきましょう!担当は千葉さんです!実は1月9日にやった部会が、授業のある日にやる今年度最後の部会でした!まじで?さっき今年最初とか書いたばっかなんですけど。

*

皆様あけましておめでとうございます🎍
今年度もよろしくお願い致します🐗🐗
久しぶりの千葉です。
最近寒いですねー、落とし物と思われる片方だけ落ちた手袋を見つけました。冬を感じます。落とし物って何故これを落とした!?ってものもありますよね、私は靴下が片方落ちているのを見たことがあります。年も明け、怒濤のテスト週間が迫っております。こんなにテスト多かったっけ?高校で9教科なんてよくできてたな(遠い目)

本題に入りましょう。
まず納会の日付を決めました。もうそんな季節ですね、1年があっという間です。
TANRENをやりました。テーマは100万円です。公式Twitterの方できっと載せていると思います。よろしければご覧ください。100万円のお賽銭をするなら人と美味しい物を食べた方が幸せになれるかもしれないですね。

寒い日が続いていますので風邪を引かないようお体に気をつけてください。以上部会報告でした。

前回のブログが今年最後のブログだと言ったな。あれは嘘だ。

 

どうもこんばんは副将です。今年も残すところ一時間半ですね。

紅白を見ながらこの記事を書いていますが、別に紅白の感想を書きなぐるための記事ではないです。

 

12月24日から31日まで、twitterで部員が書いた短編・TANRENをアップしていました。読んでくださった方々、RT・いいねをしてくださった方々、ありがとうございました!まだ読んでないよーって方は文芸部のtwitterをご覧になるか、このままスクロースし続けてください。

前述の通り、twitterにTANRENをアップし続けていたわけですが、せっかくなので(?)ブログにTANRENをまとめたいと思います。これでtwitterの画像データが吹っ飛んでも安心です。

twitterに挙げる際、SS名刺メーカー様(https://sscard.monokakitools.net/index.html)のコンテンツを使用させていただきました!めちゃくちゃ作るの楽しいので是非皆さんも使ってみてくださいね!

 

▼▲▼

 

1日目

人間は年が変わるごとに小さな紙切れを送り合うらしい。なんのためにそんなことをしているか知らないが、楽しいのだろうか。そしてこれもなんでかは知らないが、そこには動物が描かれていて、俺も十二年に一回描かれている。

なんで十二年に一回なんだろう。人間たちには十二年に一回イノシシブームが来るのだろうか。それに必ずイヌブームのあとにイノシシブームが来るのだから不思議なものだ。確か今年の初めにお隣のイヌさん一家が「イヌブームを祝ってカンパーイ!」ってやってたから、あと数日後にはイノシシブームが来る……はず。

十二年に一回なんて言わずにもっと頻繁に送ってくれてもいいけど、まあ毎年だと忙しいから、十二年に一回でガマンしよう。

 

2日目

「猪突猛進ってさ、あんまり良い印象ないよね」

助手席の彼女は突然そんな事を言った。何もない山を進む道中、寝ないために話をして欲しいとは言ったが、いささか突然すぎやしないだろうか。

「やめろよ。俺、動物に例えるならイノシシだなって親にも友達にも言われるんだぜ」

「ああ、確かにそんなイメージある」

一生懸命、真面目、思い込んだら一直線。

うたうように口ずさむ彼女の方に顔を向けたいが、カーブが多くなってきたのでよそ見をする訳にもいかない。それでも俺が戸惑っているのは伝わったようで、彼女は口を一度閉じた。

……どうしたんだよ。いきなり」

「いきなりじゃないよ。貴方はずっとそうだって話。イノシシみたいに脇目もふらず、目に入ったもの以外余所見もしないで突っ走る」

だから、と続けた彼女の声が震えているのがわかった。顔を見たいのだが、そんな時に限って道路は蛇行している。ただでさえ曲がった道が苦手なのに。彼女に良い所を見せたくて別荘につれてきたのは早まったか、イライラする。俺はアクセルに足をかけた。

「だから、私がいくら貴方と付き合わないって言っても聞いてくれない!!  ねえ、私は貴方の運命の相手じゃないし彼女でもない!!  ねえ、私はどこに連れていかれるの?!」

アクセルにかけた足に力が入る。真っすぐ突き進んだ先には、白いガードレール。

 

3日目

もうすぐ年末。年賀状を書こうと思う人も多いと思います。平成最後ということもあり、こちらもバタバタしております。
 来年に向けての干支グッズを出すにあたり、いのししカレンダー、いのししタオル、いのししクッキー、いのししストラップ……企画課の人達もお疲れ様です。そんな中うちの店は上司の意向でフェアをやることにしたそうです。
 え? なにを出すかって、もちろんイノシシ肉ですよ。うちの店……
 ジビエレストランなので。

 

4日目

子・丑・寅・卯・竜・巳・午・未・申・酉・戌・亥。

十二支だ。

十二支がこの動物になった意味を知っているかな?  うんうん。速いもの順だね。ゴールに速く着いた十二匹までが、十二支の栄誉をもらうことになったのさ。

ところで、どうして猪が十二番目なんだと思う?  猪の突進力をなめちゃいけないよ。猪が本気を出せば、他の十一匹なんて目じゃなかった。牛の頭の上にいたネズミどころか牛まで吹っ飛ばして一位をとれたはずさ。なのに猪はそれをしなかった。なぜだと思う。そう、猪はとても優しかった。その優しさ故に猪はスピードを出さず、ゆっくりゆっくり、何なら足元のアリまで気にしながらゴールを目指したのさ。結果は惨敗。十二位なんてとんでもない。ランク外さ。

でもね、神様は猪のそんな優しい姿を見ててくれたのさ。優しいお前には十二支の栄誉を与えようってね。つまり猪は十二位だから最後にいるんじゃくて、特別枠だから最後にいるんだよ。知らなかった?  ふふ、君に新しく知識を与えられたならよかった。――でも。

これをただの優しさが報われた話だと思わないでね。

 

5日目

時は干支時代。生まれ年の干支を身に宿し、十二の派閥に人は分かれ、どの動物軍が天下を取るかの争いが世界中で勃発していた。

「私年上がタイプなのになー。同じ領の男子たち、皆汗臭いし男臭いしマッチョすぎてマジ体育会系って感じ。亥年生まれだから?」

亥年生まれ、十七才JKの椎乃は、周囲の同級生たちを好ましく思えなかった。実際、闘いをどうでも良く思う亥軍女子たちの間ではもっぱら「牛系男子」が人気だった。

「のんびりしててマイペースで包容力のある牛系男子……ほんとうに魅力的……。でも出会うためにはこの頭のツノを牛っぽく加工して、髪の毛もモノトーンにそめて、牛軍領土まで身分も姿も隠して移動しなきゃなんだよね……

しかしうら若きJKの冒険心と恋心は、邪魔な大人たちの制約を踏破するために動き出す。次号……領外でまちうけていた「虎系男子」との遭遇、肉食の魅力に触れてしまった椎乃の運命の相手は……。乞うご期待!!!

 

6日目

「フクちゃん、猪さ、獲ってきたんだけど。鍋にしない?」

同居人の山城は右手に血まみれのポリバケツ(中に赤黒い何かが見える)と左手にこれまた血まみれのゴミ袋(皮だろうか)を持って帰ってきたのである。よくもまぁ、補導されなかったものだ――いや、されかけたのかもしれないが。

「ちょっと……せめて血、落とすとかさあ。補導されたりしなかったの?」

「はは、職質はされた。暗かったし、帽子も被ってたから走って逃げたけど」

そう言いながらクツを脱いで上がろうとする山城を慌てて制し、洗面所からタオルを持ってくる。が、よく見ると服やクツは思ったよりも汚れていなかった。着替えたのか、それとも何か上に着ていたのか。「はいこれ。あんまり汚れてないね」

「うん、服が汚れると面倒だから裸でさばいたの。シャワーあびてくるね」

――裸で?  こんな都会で猪を捕らえてきたことにも驚いたがまさか裸でさばいたとは。

そっちの方が職質されそうだなぁと私はぼんやり思ったのだった。

 

7日目

イノシシを食べたい。

こう言うとぼたん鍋だのなんだのを食べたがっているように思われる。だが違うのだ。ぼたん鍋にも確かに心惹かれるが「イノシシを食べたい」と「イノシシの肉を食べたい」は似て非なるものなのだ。

イノシシと呼ばれる生物は、大概まるい。曲線だけで構成されやや固い毛が生えた体は、実にのどごしが良さそうである。画像だけをスマートフォンで見たなら、冬限定の溶けやすいチョコレートのごとしだ。

その首根っこつまんでまずは空中に吊るし上げ、下から口で迎えに行ってぱっくりとひとのみで食べてしまいたい。ごわごわとしながらもどこかつるりとした舌ざわりを楽しみ、舌と上あごで軽く二、三度押しつぶした挙句に丸ごと飲み込んでしまいたいのだ。食道に引っかかりながらも最後には私の体の生物としての動きに抗えず落ちていくイノシシを、一番近いところで感じたいのだ。

それを感じられればもう胃などに用はない。私に飲まれたあわれなイノシシは食道の出口から頭を出し、もといた森へ一目散に駆けていくのだろう。

上記の文章はすべてフィクションであり、実在する筆者とは一切関係ありません。

 

8日目

 私達イノシシは嫌われ者だ。害獣と呼ばれ大きい牙と体を恐れられる。ウリ坊ならかわいいと言われるものの、成獣を愛でるなんてよっぽどのもの好きだろう。自分で言うけど。

 でもどんなに大きくても恐がられても、それで腹はふくれないわけで。空腹は私達にとってまさしく死活問題。それは生きる上での最優先事項とも言えるけど、同じくらい優先すべき事もある。

 それは人間と会わないこと。なんだけど……

「おうおう、たんと食え!」

 その人は朗らかに笑って抱えていたとうもろこしを投げた。目の前に転がったそれにどう反応していいかわからなくて、意図を読めず硬まる私に背を向けて、その人は麦わら帽子をかぶり直した。

 空腹に耐えきれず人里まで下りてきた私に、逃げ出しも追い払いもせず、ただ笑って手をさしのべたその人。笑顔は眩しすぎて見えなかったけど、かぶりついたとうもろこしの甘さも、耳に心地いい声も絶対に忘れないと誓った。

 そう、生まれ変わっても。

「えっと、君は……?」

 押し倒されて戸惑う君の声は何年経っても変わらなくて、私の唇に笑みがこぼれた。

 
 
今年一年ありがとうございました!来年もよろしくお願いします!よいお年を。

第25回部会報告

テーマ:

どうも副将です。多分今年最後のブログ更新になると思います。大晦日に私が狂って紅白の感想をブログに投稿する可能性も1%くらいありますけど。

 

今年、2018年は「平成最後の○○」っていうのが大変流行った年でしたね。私の中の流行語大賞はぶっちぎりでこれです。

現実ではどうでしたっけ。ノミネートくらいはされてましたか?目の前の箱で調べろって?そだねー。

平成最後って言いすぎとかこれ別に平成最後と関係ないとかいろいろ言われている「平成最後の○○」ですが、私は結構肯定派です。「最後」ってつけるだけでイベントみたいになって、それを大勢と共有できている感覚が心地いいんですね。

「最後」なんて言葉をつけなくてもひとつひとつの事柄を大事に受け止めて丁寧に積み重ねていける人間になりたいですね。よし、来年の抱負はこれにします。

まあ来年になっても「平成最後」は終わりませんし、「(新しい年号)最初の」って言ってイベントにしそうですけど。再来年の抱負にするか・・・?絶対今鬼爆笑して腹筋攣ってますね。

 

さて、2018年最後の!部会報告は小賀さんです。12月19日の部会についてですね。どうぞ~!

 

 

お久しぶりです。大掃除をしてたら収拾つかなくて虚無に陥った小賀夕凪です

もうクリスマスが過ぎ年末ですね。皆さん家族や友人や恋人と楽しむんでしょうか

私はバイトがつまりながらも楽しむ気満々です。原稿?はい、すいません部会報告いきましょう。

 

●批評会

ソレイユに載せる『ソレイユ通信』『対談』『おすすめ紹介』の3つを批評しました

どれも部員たちの普段の言動が反映された作品なので人となりを知るのに良いかもしれません

いやスライムが似合いそうな人がどんな人なのかはわかりかねますが

 

●TANREN

最近色々会議があったので久しぶりな気がするこの企画

今回は年末ということで来年の干支である『イノシシ』でした!!

こちらの作品はカウントダウン企画でTwitterに一作ずつUPしていきますよ!!

文芸部員達の来年はどこへ行くのか、楽しみなような怖いような

 

 

 

部会報告は以上です!!皆さん、寒い日が続きますが風邪を引かないよう気を付けてくださいね(*´ω`*)

第24回部会報告

テーマ:
どうも副将です。

最近、というほど最近でもないですけど、Twitterでは匿名で感想やら意見やらを送るシステムが流行っていますよね。
私も流行にのって(?)そのシステムに感想を送りまくってるんですけど、最近悩みがあるんです。
私が送る感想って無駄に文が長くてなんか好き!!っていう気持ちが伝わっていない気がする…一言好き!!って送った方が気持ちが伝わるのでは?っていう悩みです。
自分が受けとる分には一言だろうが長文だろうがありがたいんですけど、他人様に送っている以上、その相手にちゃんと伝わる感想を送りたいんですよね。難しいですね。

この話がこのブログ冒頭となんの関係があるかというと、感想はずらずら出てくるけどここの文章考えるのは難しいなあってことです。微妙に関係ないな。でも本当、毎日ブログ更新してるとかすごいと思います。

さて、12月12日の部会報告に移ります。担当は遊鶴さんです~!

*

遊鶴です。秋学期も残り一ヶ月ほどとなりフランス語もカタコト並みに上達してきて余裕が出たのか、ノートを筆記体でとり始めた次いでにペンネームのサインも考えようとしたのですが、ローマ字だとありきたりなので発音重視の綴りにしてみたいと思いたち、Wikipediaを開きつつ発音記号と数日間格闘していました。発音というものを考えさせられたのはいいのですが、肝心のフランス語が疎かになり、現在期末試験に向けて泣く泣く机に向かっております。
 さて12月12日の部会も無事に終了しました! 芸祭準備、MG文庫と冬合宿の打ち合わせは着々と進行中、忘年会のメニューも決まり、批評会・読書会も無事終了しました!
 今回の読書会では「喪失の扉」を扱いました。主人公の考察、本題前の冒頭、そして、謎の残るエンディング……と部員それぞれのユニークな考察が飛び交い、とても有意義な読書会とすることができました!
 芸祭では即売所を開くので皆さん是非起こしください。予定では新しいブックスタンドを使用する予定なので、私達の部誌を違った風に見せることができると思いますので乞うご期待です!
 現在部内ではMG文庫及び次号ソレイユを現在制作中です。来年度の完成をお待ちください!

 さてさて、今年も残るところあと僅かですが、最後の最後まで2018年を奔走して行きましょう! 以上部会報告でした!