明治大学野球部
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

vs法政大学(●2-3)

みなさんこんばんは。
4年マネージャーの中嶋です。

本日はここまで負けなしの法政大学との一戦。
炎天下の死闘となりました。

それでは試合を振り返ります。

ベンチ入りメンバー



本日は打順をこれまでとは変え、
四番に昨日3安打、打率はチームトップの.400の3年・篠原(報徳学園)を置き挑みます。

【1回表】
先発のマウンドには、
昨日抑えとして登板した副将・入江(作新学院)があがります。



立ち上がり、ヒットと犠打で得点圏にランナーを進められますが、
続くバッターをスライダーで空振り三振、
四番を2球連続151キロのストレートで三振に打ち取り、エースの力を見せます。



【3回表】
ヒットで先頭バッターを出すと、
暴投、タイムリーヒットで先制を許します。

0ー1



【4回裏】
追いつき追い越したい明治は、
先頭の3年・陶山(常総学院)がセンターへのヒットで出塁!



犠打や四球で2アウト一、二塁とすると、
打席には1年・西川(履正社)



左中間へのタイムリーツーベースヒットを放ち同点とします!



塁上でガッツポーズを見せた西川


1-1



その後、
5回に、ピッチャー入江ツーベースヒットなどで2アウト一、三塁、
7回に、入江の2打席連続ヒットや、
陶山の相手の隙をついたプッシュバントで1アウト一、二塁、
8回に、副将・清水風(常総学院)ツーベースヒットなどで2アウト三塁など、
4回以降毎回得点圏にランナーを進めますが、
あと1本が出ません。



守っては、
6回に入江が四死球やヒットで満塁のピンチを招くも、
最後は球威のあるストレートで打ち取るなど、
ランナーを出しても得点は与えません。


ピンチを切り抜けマウンドで吠えた入江



そして、1ー1で迎えた9回裏、
打線は三者凡退に打ち取られ、延長戦に突入します。



今季は延長戦はタイブレーク制となり、無死一、二塁から始まります。



【10回表】
入江に代わって3年・髙橋(小諸商)がマウンドに上がります。
入江は9回136球10奪三振1失点と、エースの貫禄を見せました。



犠打で1アウト二、三塁とし、内野安打で勝ち越しを許してしまいます。


1ー2


その後もピンチは続きますが、後続を打ち取り、
この回は1点に留めます。



【10回裏】
この回点を取らなければ試合終了となってしまう場面で、
先頭の陶山の犠打が三塁でアウトに。
1アウト一、二塁で打席には主将・公家(横浜)



捉えた打球はレフトへ!
二塁ランナーが還り同点とします!


2ー2



塁上でガッツポーズする公家


サヨナラとはなりませんでしたが、
泥臭く食らいついていきます。



【11回表】
この回からは今季初登板の4年・中山(鳴門)がマウンドへ。



またも犠打で1アウト二、三塁とされますが、
セカンドライナー、サードゴロに打ち取り、
得点を許しません!



【11回裏】
こちらも犠打で1アウト二、三塁としますが、
後続が断たれます。



【12回表】
またも犠打で1アウト二、三塁とされます。
そして、次のバッターの打球は前進守備の内野の頭を越え、勝ち越しを許します。


2ー3


これが決勝点となり、
裏の反撃も及ばず、2ー3で敗戦しました。



強い日差しが照りつける中、
延長12回、3時間35分に及ぶ死闘をあと一歩で制することができず、
開幕から4連敗を喫しました。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
《次回の試合》
8月17日(月)
対 東京大学
先攻三塁側 13:30試合開始予定

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





最終戦に向け、学生コーチの3年・武藤(佼成学園)に期待の選手を紹介してもらいます。


○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○+●


こんばんは。
3年学生コーチの武藤俊です。
私は2年・村松(静岡)西山(履正社)を注目選手として紹介させていただきます。

夕食を食べ終えた20時。
室内ブルペン場にはいつも彼ら2人の姿があります。
やるのは決まって守備練習。
新チームが発足して10カ月、切磋琢磨しながら誰にも負けない守備力をつけてきました。
そして、二遊間コンビでのプレーは成功率100%を目指し、こだわり抜いています。

練習を重ね、迎えるは東大戦。
この春、幾度となくピンチを救ってきた彼らのダブルプレーにぜひ注目してください。


○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○+●



中2日空けて、春季リーグ戦最終戦となります。
最後まで粘り強く、泥臭く戦います。

引き続き応援よろしくお願い致します。

vs慶應義塾大学(●2-11)


みなさん、こんにちは!
4年マネージャーの小栗です(^^)/


今日こそ勝利をあげたいところ…!
それでは試合を振り返っていきましょう!


本日のベンチ入りメンバー


先発は今季2戦目となる3年・竹田(履正社)


【1回裏】
4年・藤江(千葉黎明)センターへのヒット
相手のエラーで2塁に進みます。

先制のチャンスをものにしたかったものの、
後続が絶たれ先制とはなりません。
0-0


【2回表】
リーグ戦初打席の萩尾選手にソロホームランを浴びます。
0-1


【2回裏】
3年・篠原(報徳学園)ツーベースヒットを放ちます。

しかし後続が絶たれ、得点を奪うことは出来ません。
0-1


【3回表】
犠飛で更に1点追加されてしまいます。
0ー2


【4回表】
四球と2本のヒットで1アウト満塁となったところで、マウンドには3年・宮内(山梨学院)があがります。

しかし瀬戸西選手のタイムリーツーベースヒット、正木選手のタイムリーヒットで更に4点追加されてしまいます。
0ー6


【4回裏】
これ以上点差を広げたくない明治は2アウトから、
篠原センターへのヒットで出塁すると

4年・市岡(龍谷大平安)レフトへのタイムリーツーベースヒット

この回、1点を返します。
1ー6


【5回表】
この回から3年・西城(東北学院)がマウンドにあがり、
無失点に抑えます。


【6回表】
この回から4年・石毛(健大高崎)がマウンドにあがります。

しかし、正木選手のレフトへの2ランホームランで更に2点追加されてしまいます。
1ー8


【7回表】
ヒットと四死球で1アウト満塁となったところで、2年・渡部翔(千葉黎明)がマウンドにあがります。

2者連続三振を奪い、このピンチを凌ぎます!
1ー8


【8回表】
内野ゴロ、橋本典選手のタイムリーヒットで更に3点追加されてしまいます。
1ー11


【9回表】
この回から4年・入江(作新学院)がマウンドにあがり、無失点に抑えます。


【9回裏】
先頭の市岡が四球を選び出塁すると、
2アウトから藤江も粘って四球を選び2アウト1、2塁とします。

そしてリーグ戦初打席となる1年・斉藤(常総学院)の打席で捕逸。
市岡が快足を飛ばし、一気にホームイン!


1点を返します。
2ー11


更に点を奪いたい明治でしたが、最後は内野ゴロに打ち取られ試合終了。
2-11で敗戦しました。


*☼*――――*☼*――――*☼*――――*☼*

 

明日の試合

 

法政大学

11時試合開始

後攻一塁側

 

 *☼*――――*☼*――――*☼*――――*☼*




明日の試合に向けて学生コーチの4年・吉村(明治)に注目選手を聞いてきました!


✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ 


僕が注目する選手は篠原翔太です。




キャッチャーとしてチームを牽引する傍ら、とにかく勝負強いバッティングが魅力的です。


法政戦では、彼の力強いバッティングに期待しましょう!


✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ 



本日も3打席連続ヒットを放つ活躍を見せてくれました!

明日もきっと活躍してくれることでしょう!



それでは本日はこの辺りで失礼します<(_ _)>


vs立教大学(●3-4)

皆さんこんばんは!
2年マネージャーの大崎です。


昨日の敗戦を受け、本日こそは春季リーグ戦初勝利を挙げたいところ・・・

それでは本日の試合を振り返っていきましょう!


本日のベンチ入りメンバー





1年秋から登板していたものの、自身初となる先発を任された3年・髙橋(小諸商)





【1回裏】
二死ランナー無しから2つのエラーで先制点を許してしまいます。
0-1




【2回表】
先頭の4年・公家(横浜)がセンターへのヒットで出塁します。




一死一塁から3年・篠原(報徳学園)がレフトへのツーベースヒットを放ち、



公家がホームへの生還を目指しますが、相手選手の好返球で阻まれ惜しくもタッチアウト。
その間に篠原は三塁へ進塁。


続く1年・西川(履正社)タイムリー内野安打で同点とします!!


1-1




【2回裏】
先頭バッターにヒットを許し、エラーと犠牲フライで追加点を与えます。
1-2




【3回裏】
ピッチャー強襲の内野安打で出塁を許したあと、四球、エラーで無死満塁とし、髙橋はマウンドを降ります。


代わった3年・宮内(山梨学院)が何とか踏ん張りたいところですが、押し出し死球でさらに点差を離されてしまいます。
1-3




【5回裏】
宮内は4回は三者凡退に抑えますが、この回はヒットや四球で無死一、三塁のピンチに。
この状況で、2年・渡部翔(千葉黎明)がマウンドを託されます。



渡部翔は、代わった1人目のスクイズを自身の手で阻止。後続も打ち取り0点に抑えます。
1-3




【6回表】
追いつきたい明治は、渡部翔4年・藤江(千葉黎明)が四球で出塁し、無死一、二塁とします。
その後、二死一、二塁から公家のセンターへのタイムリーヒットで1点を返します。


2-3




【7回表】
四球で先頭の篠原が出塁、続く西川のレフトへのヒットと相手のエラーもあり無死二、三塁。



更に暴投が重なり、試合を振り出しに戻します!!

3-3




【7回裏】
この回から4年・入江(作新学院)が登板。しっかり3人で抑える好投を見せます。




【8回裏】
152キロをマークするなど好調だった入江ですが、先頭打者にホームランを浴び、勝ち越しを許してしまいます。
後続はしっかりと打ち取り、何とか1点でとどめます。
3-4




【9回表】
4年・清水風(常総学院)ツーベースヒットで出塁し、最後の反撃の狼煙をあげます。




しかし、後が続くことができずそのまま3-4でゲームセットとなりました。





本日はエラーが目立ち、締りの悪い試合展開となってしまいました・・・
明日しっかり調整し、士気を高めて勝ち星を挙げたいと思います。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

次回の試合 
8月13日(木) 
後攻一塁側 11時試合開始

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆




また、昨日に引き続き学生コーチの4年・小原(明大中野)から注目選手について聞きました!

*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――*☼*

皆さん、こんばんは!
4年学生コーチの小原壮太です。


新型コロナウイルス感染拡大を受けてリーグ戦の開催も危ぶまれた中、開幕できたことに感謝申し上げます。

短縮した形でのリーグ戦ですが、優勝を目指すことは変わりません。残りの試合もチーム一丸となって戦っていきます!

コロナ禍で神宮へ足を運んでの応援は難しいかもしれません。是非BIG6.TVを見て応援してくだされば嬉しいです!



私が注目する選手は竹田(3年・履正社)髙橋(3年・小諸商)の3年生投手です。
今年は更なる飛躍が期待されます。

夜練習で私は彼らを含めた数名で一緒になって体幹トレーニングを行っています。ストイックに練習する彼らには期待しないわけにはいきません!この効果をリーグ戦の場で発揮して欲しいです!


他にも3年生投手陣には良い選手がいます。投手陣を支える3年生達は大きな注目ポイントです!!

*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――*☼*



神宮球場にお越しいただけない方も、画面越しに熱い応援をよろしくお願いします!


それでは本日はこの辺りで失礼します。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>