Rinkaのブログ

Rinkaのブログ

 日本暮らしの日本人が日本を好きで何が悪いと開き直ることにしました。外国を「ここが好き」と言えるほど知りませんし(移住経験どころか海外旅行すら未経験)。海外の知識はメディアや書籍頼りです。

 ・・・・・・大河ドラマ『斎藤道三』でよいのでは?

 

 とりあえず。もっくんを応援するために、明日買うのは伊右衛門のお茶にしようかな・・・。

 ドラマの脚本のせいでCM降ろされたら気の毒だから、もっくん応援してますよの意味で買おうかな。

 

 ちなみに。

 第二話まで視聴したけど、明智光秀の印象が頭良いけど使い方が下手な人に見えます。

 もうちょい御家のことで危機感抱こう、光秀。

 現場でいっぱいいっぱいなのは解るけど、もうちょい先行こうよ。

 いいじゃん、旅費精算のために侍首狙いましたなままで。後悔とか迷いとか出さなくても良いじゃん、ずっと領地守ってきたのだし。

 正直、斎藤道三の方がキャラががっちり立っているんですよね。

 

 最後のピーなシーンですが。

 あれ、ピーしない方が視聴者の私的には納得いかなかったと思います。

 戦で大量に人が死んでいるのに、上の人間が不機嫌になっただけで終わりでは、視聴者の私の納得がいかない。

 下克上を肯定的なこととして視聴者に届けるためには、成功云々より関係者のくせに無関係でいられるなよな展開にしておいてくれたこの第二話の方が、人道だの云々語られるよりも魅力的でした。

 

 あと、二人の兵士が控えていて茶を渡すシーンとか、槍が飾られているのとか色々面白かったです。

 密書を燃やさずに投げ捨てるだけだったり、武器持ってなかったり。この坊ちゃんは全身で甘さを表現してくれて、私はこの映像が好みでした。

 ついついずっと見てしまった、テレ朝の戦国武将総選挙。

 

 ただの人気投票に総選挙という言葉を使うことが嫌いなのですがついつい視聴してしまいました。

 

 一位が織田信長。二位が上杉謙信。三位が伊達政宗。

 

 う~ん、と首を一番ひねったのは。

 戦国大名と戦国武将を同列で比べるのって、戦国武将に圧倒的に不利じゃないかな?ということです。

 

 地元の人が『領地のために云々したから好き』といいますが。

 これは統治者である戦国大名ではないと抱かれない感想です。

 実際、上位は戦国武将ではなく三英傑や伊達政宗といった戦国大名が取ってました。

 治水や実用的ではない築城(威圧用)なんて、戦国武将はやりません。統治する領地がないのですから。

 

 戦国大名ばかりの中で上位に行けた真田幸村の人気の方が特筆されたものだと思いました。

 

 フェアじゃない人気投票だな、と思いながら。それでも最後まで視聴してしまいました。

 

 

 フィギュアの男子全日本が見たかったので、ものすごく久しぶりにフジテレビにチャンネルを合わせました。

 ショートの時も思ったのですが。

 

 音声が聞き難いの、うちのテレビの調子が悪いせいじゃありませんよね?

 

 私は羽生選手が一番好きなのですが、宇野選手も好きです。

 コーチなしの期間が今年はあったので、ステファン・ランビエールがコーチとして側にいることが何よりホッとしています。

 それくらい、フィギュアスケートの選手に対して、特にマスコミが敵のイメージがあります。

 

 で。

 全日本で四連覇を決めた宇野選手なのですが。

 さっき九時二十五分くらい?

 インタビューに答えていたのですが。

 何を言っていたのかまるで聞こえず、スタジオからの声で音声がほぼ聞こえない宇野選手の優勝コメントはぶった切られ、今書いている途中には宇野選手のフリーの映像が流れています。

 

 

 ・・・え?こんなのに映像任せちゃってるのスケート連盟?

 

 

 「大河ドラマで探る 明智光秀の魅力」を視聴しました。

 

 村上弘明さんが演じる明智光秀『大河ドラマ 秀吉』を視聴した後に、それぞれ違う大河の織田信長と明智光秀のシーンが出るのですが。

 正直、比べないほうが・・・な気持ちになるほど、昔の大河の方が面白いです。

 わびしくなるほど、現在に近づくほど予算ないな・・・な感じで人が少なくなる大河。

 映像は古いんですけど、役者さんの力の差も・・・な気持ちになってしまいました。

 特に言葉遣い。

 平坦な言葉を使う現在の歴史ドラマは、難解だろうと感情や含みを伝える過去の言葉を使う昔の大河に表現力においてはるかに劣ります。

 

 大河ドラマ秀吉では画面からはみ出すレベルでいた役者が、現在はいなくなっているなぁ・・・人件費削られてるのだろうなぁ・・・衣装も何か昔の方が確実に豪華なの着てる。なにより暗がりがあるのが視聴者的にうれしいです。松明の世界なんてあんなもんです。

 

 というのを差し引いても、昭和の名優たちの秀逸な演技の数々。

 特に長く時間を取ってくれただけあって、渡信長と村上光秀の溝の深さ。距離が遠いのでなく、深い。

 私は大河ドラマ秀吉は、本能寺しか視聴したことがなかったので、あんまり深いことを言えないのですが。

 なるほど。竹中秀吉が渡信長が正面切って『鬼(悪魔でないのが実に日本らしい。仏教世界から言葉取ってきます)』と罵っても罵倒や暴力で済んでも。

 村上光秀は絶対腹を見せないから『言え!』という渡信長との溝がどんどん深まっていく。

  こういう流れで、なるほど松方光秀謀反に渡信長が終始落ち着いていたのに納得です。

 そして、不満気な苛立ちがなくなるのも納得。

 謀反という『腹』を見せないために穏やかに頭を下げ続けた村上光秀にずっと苛立っていたわけですから、謀反をで自分が死ぬことよりも『こいつやっと腹を見せたな』となる。

 正直、現在の一般人な私には納得できないだろうに、このドラマの中の人物の理屈だとこれなんじゃ?と思ってしまう別世界があります。

 

 全部が全部創作なんですけど、創作物の中の理屈。

 リアルではなくリアリティがある。

 そういうのがドラマにあると面白いのだろう、と思いました・・・正直色々な作品を見せてくれるより、一作品ずっと視聴したいです。

 特に大河ドラマ秀吉。

 

 番組中で。

 庶民が食べ物が無い時に小麦粉をまぶす髪型をした(食料の無駄遣い)。

 博打にのめり込んで借金を旦那に払わせた(税金の無駄遣い)。

 等々と色々とマリー・アントワネットの不味いところをを指摘していますが。

 

 一番まずいのは、フランスの内情を手紙でぜーんぶオーストリアにいる母親に教えてしまっていることが現在も残っていることでは?

 

 オーストリアはフランスにとっては敵国だった時代があります。

 そのオーストリアの王女がフランスに嫁いで、フランスの象徴となるのはまぁ結婚ってそういうものですけど。

 番組の都合とはいえ、何かあるたびにオーストリアの女帝マリア・テレジアが

『これこれこういう理由で駄目なの』

 と、駄目だしするほどフランスの内容を理解し、兄が指導しに来てしまうって、よっぽどフランスが国として駄目ってことです。

 

 

 ちなみに私は子供のころ、マリー・アントワネットが処刑時、民衆に

「オーストリア女!」

 と叫ばれているシーンが全く理解できませんでした・・・ただ事実言ってるだけなのに何で罵り言葉?と。

 あれはフランスがオーストリアという国家を嫌っていて、お前はこの国の人間じゃないと言っているから罵倒なのだと思い当たったのはずっと先のことでした。