【名古屋】TOEIC®TEST満点講師めぐ校長ブログ

【名古屋】TOEIC®TEST満点講師めぐ校長ブログ

名古屋の英会話・TOEIC®TEST対策と英会話スクール、ウィズイングリッシュアカデミーのめぐ校長のブログです。TOEIC®や英語の勉強法など英語の役立つ情報発信します


テーマ:

TOEIC®満点講師、めぐ校長です♪

先週の日曜のことですが、

生徒さんと一緒に、ウィズで、一日中、

冗談抜きに、2時間×5つ=10時間のTOEIC®模試を感想しました!

 

もっと疲れるかと思ったけど、

英語オタクのせいか、意外と疲れませんでした。

 

それよりも、5ついっきに受験したせいで、

どの単語が頻出するのか、ということを、

いつもよりはっきりと実感できて、講師としても非常に勉強になりました。

 

朝9時から夜の8時半過ぎまで、ぶっ続けで行われたこの模試、

最初から最後まで、私と一緒にやり切ったつわものは、

なんと、全員が女子でした!

 

おーい、男子もがんばれよ~。

 

いえいえ、たまたまのことですけどね、多分♪

 

TOEIC®模試マラソンをやった私のスクールはコチラ♪

 

 


 


テーマ:

意外な文法が落とし穴、基礎をしっかり教えたい♪

TOEIC満点講師、めぐ校長です。

 

いよいよウィズのお盆講座も佳境に入ってきました。

講師の皆さま、本当にありがとうございます。

 

さて、日本の英語教育では、

結構細かい文法事項を、しっかりきっちり学ばせますが、

その反面、意外な文法の教え方が間違っていたりして、

時々驚かされます。

 

例えば、willと be going to との違い。

 

will は「今決まったことに」使いますが、 be going to は「予定」を表すのに使われます。

 

ですから、例えば電話がかかってきて、

「あっ、私が出るわ。」という感じのときは、be going to は使えなくて、

I'll answer the phone. とか、I'll get it! となります。

だから、will と be going to はいつも書き換えできるわけではないんです。

 

こういう基礎文法、もう少ししっかり学んでほしいなあ。

 

こんなレッスン、どうでしょうか?


テーマ:

声が出ない時に限って仕事がしたい♪

TOEIC®満点講師、めぐ校長です。

 

普段はカラオケとかあんまりしないけど、

歌うのは結構好き。

 

今はお盆休みをいただいていて、

私の講座はないのですが、

 

そんな時に限って、教えたくなる、歌いたくなる、

うーん、それって「ないものねだり」?

いやいや、持っていないものを欲しがってるわけではないし、

 

お盆休みはすぐ終わるし、声もすぐ出るようになる!

 

これは「ないものねだり」ではないっ! 笑

 

でも、せっかくだから、「ないものねだり」って英語で何て言うの?

 

というわけで、

 

はい、cry for the moon 

 

You're just crying for the moon! みたいに使います。

 

お盆明けは是非私の無料講座に来てね!


テーマ:

しゃべり過ぎで声が枯れてしまった、

TOEIC®満点講師、めぐ校長です。

 

あまり声が出ないので、

「こういう時はプロの手を借りよう!」

 

と思った私が行ったところは?

 

いいえ、お医者様ではありません。

この方、のレッスンを受けてきました♪

 

その昔、一緒にイタリア語のレッスンを受けていた、

Sumika Kanazawa さん。イタリアで活躍しているオペラ歌手なんです。

 

日本人の発声法に疑問を持ち、

イタリアでオペラ歌手として活躍しながら、独自の発声法をマスター、

 

声が枯れてしまう私に、発声法を教えてくれました。

 

*喉で話してはいけない。

*身体は楽器だ。

*額や目の裏の、空洞に、声を響かせる!

 

などなど、ちゃんと実践して、喉を守らなきゃ!
すみかちゃん、ありがとう~!

 

声が出るようになったら、

また講座、がんばるぞー♪

お盆は、彼らが大活躍してくれます♪