• 19 Sep
    • 不満足って結構イイ!!!

      朝からなんですが・・不満に思っていること、ありますか?  例えば、「あー髪型が決まらない!」「着たい服がない」「貯金が出来ない」「もっと広い家に住みたい」「通勤が辛い」「疲れやすい・・・」「パートナーとすぐにケンカしちゃう」「彼氏・彼女がなかなか出来ない」「つい子供にイライラをぶつけちゃう」「朝、起きられない・・」  小さなことから大きなことまで 人っていろいろ思っていたりします。 あーだ、こーだと、愚痴とか不平とか不満とか。   人によったら、そんなこと口にしたらイケない不平不満は言うもんじゃないって思っているかもね。  だけど、不平不満、めっちゃいいやん!  だってね、「これはいやだな」って思うことの反対を「望んでいる」っていうことでしょう?  と、いうことは、「これはいやだな」って口をへの字に曲げるのではなく、  「あ、自分は 望んでいることがあるんだ!」って違う角度から考えてみればいいってことでしょう。  不満に思うことの何がいやって、それが永遠に続く永遠に自分を苦しめるに違いない・・って思うから、なんだか辛くなってしまうんです。  でも、この世の中にある便利なものって、「使いにくさ」とか「不便さとか」という 「不満足」な部分があったからこそ生まれたもの!!!!!  現状の「これ」より「もっとよくするには?」という視点から発展したり、誕生したもの。  だから、不平不満がある時って、結構「チャンス」な時かも、です!!!!  今日も良い1日を! 

      NEW!

      4
      テーマ:
  • 18 Sep
    • ラジオ体操行ったことある?

      早起きは三文の得と言いますが、私は、その早起きが苦手です。 はっきりいって、出来ません・・・。 これは、こどもの頃からで、小学生の夏休みによくある「ラジオ体操」 これ、一度も行ったことはありません。あ、一度行ったんだけど、もう終わっていた・・・。   でも、朝起きられないと母に怒られるし、母はとてつもなく恐ろしかったので、足音が近づいて来たら「ガバッ」と布団から出て起き上がる。 そして、朝から鬼の形相の母を見ることになる。 うううっっ思い出すだけで、怖いよ・・・・・。  だけど、朝早く起きると気持ちがいい!気持ち良さは知っているんだけどね。  早起き出来ない私を、いつもいつも「きらいだーー」「だめだー」って思いながら、ずーーっと生きて来たのです。  でもね、何が一番ダメかというと、それは 「朝起きられないこと」ではなくて 「自分を責めてしまうこと」です!!!!!  起きられないんだもん仕方ない。必要な時は起きているんだから、大丈夫!  確かに、早起きは三文の徳だと思います。朝の気はキリッとして爽やかで、朝の柔らかい日差しを浴びて鳥の声を聞いて散歩したりジョギングしたりとっても清々しい1日の始まりです!  でも、どんな理想の生活をしていても、自分にダメ出しし続けている人もいます!  「そうしなくては」という思いからの理想の生活では、元も子もなくなってしまうよね。  ライフスタイルって色々あるけど、これも、自分が心地よいものを選べばいい。  それが、たとえ人と違っていても、なーーんにも問題はない。  余談ですが、1時間半かけて通勤していた時、危うく二度寝しかかったことがあるのですが、「母の声」で飛び起きました!!!! その時は既にあの世にいた母に・・・。 こういうこと、これまで4回はあります!ふふふっ❤️  

      2
      テーマ:
  • 17 Sep
    • 不思議な話、始めました

      質問します。ちょっと不思議な質問になります。 みなさんは「モノ」とお話しが出来ますか?   サーカスナイト (幻冬舎文庫) [ よしもとばなな ] 702円 楽天    サーカスナイト (幻冬舎文庫)   Amazon    この本「サーカスナイト」主人公はモノとお話しが出来る女の子です。 女の子といっても、30代前半くらいかな??  主人公さやかのところに、ある日一通の手紙が届きます。 そこには「庭を掘らせて頂けないでしょうか?」と書いてある。  さやかは、その手紙を受け取り庭を掘ると、そこには・・。(ネタバレになるのでここまで♪)  そこにあったモノを手に取ったさやかは、それが「どういうものであるか」分かってしまいます。  さやかには、そういう能力のようなものがあったんですね。  と、説明すると「不思議」って思いますよね。「モノ」から、それがどういうものか分かる。「物質」と話が出来る。 やっぱり不思議です。   だけど、こういう感覚って、本当は誰でも、知らないうちに使っているのでは?と思ったりしています。  「なんとなく」「虫の知らせ」「気配」  という、目には見えない、だけど、自分の感覚の中に微かに感じ取れる説明の出来ないもの。  そういう、曖昧で不確かな感覚がありませんか?   私は、モノと話をしたことはありません。  だけど、「これは、なんとなく嫌な感じ」「これは、すっごく明るいイメージ」「これはとてもいい感じがする!!」 という「感じ」って、どんなものにも宿っているのがわかると思います。  初めて訪れる場所にも、「良い気」「嫌な気」ってあるじゃないですか〜。あんな「感じ」。   何がいいたいか?っていうと、こういう「自分の感覚」を大切にして、「自分の感覚」を研ぎ澄ませておくと、モノや場所に大切に扱われるようになりますよ♪ということです。  なぜかというと、自分が自分の感覚を大切に扱おうとするからです。  与えたものが、自分に戻ってくる、ということですね。   不思議な話、これからも時々書いていきます。     

      3
      テーマ:
  • 16 Sep
    • 台風には好きなこと

      台風到来。みなさまの地域は大丈夫ですか?  「好きなこと? う〜〜ん、なんだろう? ・ ・ ・ 寝ること、かな?ハハハハハーーー(苦笑+涙)」  という話、よく聞きます。よく、わかります!!!  好きなこと、すぐに答えれらない人って多いんじゃないかな。  で、そこに引け目とか、自分のダメさとか感じちゃったりね。   「好きなことない」っていう人、皆無だと思いますよ!!!!ちょっと分からなくなっているだけ、です。  だって、こんなに情報が溢れていてあれが良いと言えばこれが良いと言われでもそれはダサいと思われ  そして「人と同じもの」「人から見て良いと思われるもの」がなんとなく「good」とされている世の中。  私はこれがスキーーーーーー!!!!!!  胸を張って言える人は多いようで案外少ないかも知れません。  もしも、なにが好きかな???  って考えてしまうなら、まずは、そんなこと考えるのはやめて、  美味しいもの食べよう〜甘いもの食べよう〜お酒とかも飲んじゃおう〜〜〜歌を歌って映画とか見て散歩して・・マッサージ行って  とにかくリラックス、だよ♪  台風で外に出られないから、引きこもって美味しいもの食べよう〜♪    良い週末を❤️

      4
      テーマ:
  • 15 Sep
    • 怖さをどうするのか

      かつて、私が行っていたヒーリングは、クライアントさんの「問題」の元になる「思い込み」を見つけ、それを変えていくという方法でした。  軽く簡単に言えば「問題解決」になるかと思います。  また、トラウマについても、トラウマを作り出した「体験」を思い出し、そのときの感覚や感情を変える(癒す)ということも。   ヒーリングサロンを閉めてから数年。それでも、ずっとこころのことこころとからだのつながりのことについては研究と実験(自分で)をくり返し・・一人でいろいろ考えてきました。  まあ、基本が「自分について」なのですが、人って悩みどころは大体同じで、何を求めて生きているか?っていうと、「しあわせ」なんだと思います。  少し、話がズレちゃいました・・・。  そして、また話は飛ぶ! 私の趣味に去年からパラグライダーが入り、週に一度は数時間かけて飛びに行っています。 上達度はカメさんペース以下で、なおかつ、数ヶ月練習をしていなかったので、またゼロに戻って練習し直し真っ最中!!! そんな中、先週のこと。山からテイクオフした直後に急降下・・・生い茂る熊笹に突っ込んでしまったのでした・・。  幸い、突っ込んだ後にスーーッと通り抜けたので、問題なく飛行することが出来ました!!! が、一歩間違えば・・・・。   一歩間違えば・・・ の「起こらなかった」の先を考えて、かなり・・・恐ろしくなったんですよね。  「な、なんて危険なスポーツをしているんだろう」「次、飛ぶの怖い」「あ・・どうしよう・・・」  1週間ほど、怖さがつきまとっていました(苦笑)  イメージトレーニングでもしよ♪と「パラグライダー テイクオフ 初心者」と検索して動画を探したのですが、上がってくるのは「パラグライダー 事故」  怖さ度アップ!!!!!!  ここでね、以前なら自己ヒーリングとか、かつて習っていた方法を取り入れていたんだと思います。  もちろん、それって有効なんですけどね。でも、今回は、それはしなかったんです。  私が行ったことは、自分に聴く!です。「どうしたい?」と聞くと、「行きたいけど、怖い」と答えた。 「行きたいけど、怖い」ってことは、「行きたい」んですよね。  このポイント、本当に大切で、「怖いから、行かない」ではないんですよ。  こういう些細なことも、見逃しがちなんで、だからこそ「自分で自分に問いかける」ことが、とても大切なことなんです!!!!!  私は「行きたい」んです。そして、「飛びたい」し「上達したい」  はい!私の気持ち、はっきりしました!!!  はっきりしたら、叶えてあげればいい。 のだけれど・・・やっぱり「怖い」んですよね。  で、どうするか?なんですが、ここで大事なのことは、ただひとつ。「行動」しかないのです。  じゃあ、やれよっ!と、辛口でもいいのですが、 これでは、水が怖い子供を無理やり海に突き落とすようなもの。これでは、あまりにも強引すぎる。  って、ことで、「怖い、と思っている自分を受け入れる」  どんなことも、「なくそう なくそう」「解決しよう よくしよう」って思えば思うほど、、、、、、、 良い結果は得られません・・。  それよりも、「あー私は怖いんだなーーー」って思う方が、気持ちが楽になるんですよね。  怖いという気持ちは、なにもしなかったら、そのままになります。消えたように思えるけど、それは一瞬のこと。  本当にやりたいことへ進むには、やはり「怖さ」に向き合うことが必要なのだと思います。  それには、また同じことに挑んでみる!  昨日、1週間ぶりに飛びに行き、先生たちにも「怖いんです・・」と言い、地上での練習も、もう一度行い、そして、飛びました!  怖さはどうなったのか? やっぱり、あります♪  でも、怖さより楽しさ!怖さより、もっと上達したいという気持ち!  また、以前の気持ちに戻ることが出来ました!!!!!!   なんでもそうだと思うのですが、同じことを体験しても、それがトラウマになる人、ならない人がいます。(私の場合、トラウマってほどでもない・・)  そして、それを超えていける人と、いけない人がいます。  どっちが良くて、悪いかではなくて、「自分がどうしたいのか?」だけなんですよね。  そして、それは自分にしか分からない。それと、トラウマなんて、自分でどうにでも出来るのです。  それは「自分に問いかける」ことで出来ます!  もし、過去になにかの体験をして、その体験で、心に痛みが出来ている、と感じている人がいたなら、自分自身に問いかけてみてほしいと思います。  そして、その痛みがある自分を、「痛みがあってもここまで生きてきてよかった!」「よく頑張ったね!」「痛みがあっても、大丈夫!」「で、これからどうしたい〜〜?」って問いかけてみてほしいなーーって思います。     

      3
      2
      テーマ:
  • 12 Sep
    • ほんの20秒ほど

      毎日楽しく生きたい!と思っても、いろんなこと、予期せぬことが起こったりします。  18年前、私がフランス留学へ出発しようとしたその直前、母が他界した時もそうでした。  「え??なんで?今?????」って思ったりもした。  だけど、現実が目の前にある訳ですから、それでもどうにか毎日過ごしていかないといけない。  これが、身近な人の病とか、突然の失業とか、お金の問題とか、人間関係の問題とか。出来れば避けたい現実って、人がいるだけ数はあるんじゃないかな?って思います。  私も「この現実、受け止めたくないー」って思ったこと、いろいろありました・・・。。。。。   思いもよらぬことの渦中にある時って、どうしても気持ちが緊張しがち。それは、当然のこと。そこで、前向きに!!!なんて、必要ありませんから〜〜〜〜〜。  無理に前向きにやっていこうとはしなくてもいいけど、そんな中でも忘れないで欲しいことがあります。  それは、ほんの少しでもいいから「ホッと」する時間を持つこと。 (私は、このチーズケーキを食べに行ったりしました)  「え?ホッとする時間なんて、作れるわけない!そんな心の余裕なんかないわ」って?  大丈夫だいじょうぶ〜〜。30分も1時間も必要ナッシングですよーー!何か特別なことをやってね、ということでもないので!!!  どんなに心に余裕がない時でも、顔は洗いますよね?きっと・・お風呂にも入りますよね?食事をゆっくりと摂る時間はなくても、お水やお茶くらいのみますよね?そして、眠りますよね?  その時に、ほんの20秒くらいでいいので「心地よさ」を感じて欲しいんです。それだけ!!!  食事をする時は、一瞬でいいので食べ物の味を味わうとかも!!!!!!  心と体が緊張していると、本当にパッキパキになってしまうので、その緊張を少しずつでも緩め、ホッとして「隙間」を作ったり緩めること。  深い呼吸を何度か続ける、でも良いです!!!!ほかに、思いつくことを挙げてみます。 ・温めたタオルで目や首、お腹のあたりを温める・お風呂に浸かる・好きな香りを嗅ぐ・自分でお腹をマッサージする・甘いものを食べる とか    こういう写真を見たりもね♪(写真はお借りしました)   気をつけてもらいたいのは、「今、こんなことしていてはダメだ」とか「こんな甘いもの食べちゃだめだ」とか「アルコールなんて良くない」とか「夜中のラーメンなんてだめだー」って自分を責めることです!  飲み食いしているときは、物質を食べたり飲んだりしていると同時に、そのときの「気持ち」(エネルギーとか波動とか)を自分に取り入れているんですよね。  で、「辛いな」という現実に直面しているときって、その「辛い」気持ちが渦巻いているので、取り入れてしまうエネルギーも「・・・・・(泣)」なんですよね。  飲み食いしていて、少しでも気を紛らわすことができたら、ホッと出来るなら、それでオッケーなんですから!!!!  大切なことは、どんなときもあなたが心地よくいること。それが、たとえ一瞬でも!  これ、だけです♪ 

      6
      4
      テーマ:
  • 11 Sep
    • 誰がこたえを知っているのか

      私がフランス留学へと旅立ったのは、2001年9月30日。友達数人に見送られながら、関西国際空港からパリ経由、ニースへと出発しました。  けれど、出発前に沢山の友人、知人からとても心配されていました。「本当に行くの?」「危なくない?大丈夫???」と。  なぜか?それは、あの「911」が起こったからです。    フランスへ行き、語学学校で料理学校で、耳にすることは「今回のテロで留学生が減った」ということでした。実際、渡航を取りやめた人は大勢いたんです。  まだフランスへ行く前に、久しぶりに再会した友達から「兄の同僚があのビルにいて・・」という話を聞きました。  メディアの情報で知るテロは、正直なところどこか遠い場所で起こったことであって、私には危機感がなかったんです。が、友達の話を聞き、遠い場所のこととして捉えられなくなっていました。  だけど、フランスに留学するということを中止するとか、延期する選択は私には一切ありませんでした。  今でも、あの時の感覚をはっきり覚えているのですが、それは「私は大丈夫」という楽観的なものでも、「大丈夫」と思い不安に蓋をしていた訳でなく、「フランスへ行く!」という強くて硬くて熱い思い。  ただ、それだけ。    「こうしたい!」「これをやる!」  と決めて、覚悟して進んだ時って、迷いとか不安とか無くなりますよね? そんな経験、一度や二度誰にでもあるのではないかな、って思っています。もちろん、中止をする決断をすることが最善のこともあります!!!  それと「こうしたい!」「これをやる!」 と決めた時、16年前の私がそうだったように、目の前に「本当にその選択をするのか?」という事が起きたりすることもあります。  私の場合は、海外へ行くと決めた→テロが起きた→大丈夫?本当にいいの???でした。  不安になったり、迷いが出ても、人って「これだ」と決めたら大丈夫だと私は思っています。それは、自分に対しても、人に対しても思っています。  でも「大丈夫!!!」という感覚って、自分自身にしか掴めないんですよね。不安になるから、迷いがあるから、誰かに頼りたくなったり、時には占いに頼ってみたりすることもあるかも。(私も何度も頼ってきました・・・)  だけど、誰に聞いても、それがたとえどんなに立派な人であっても、やはり最後の最後は自分の中の感覚が正解なんだと思います。      

      6
      テーマ:
  • 10 Sep
  • 09 Sep
    • あこがれの「あのひと」になりたい

      7月にフランス行きの飛行機の中で観た映画「チア☆ダン」 めっちゃ好きになって、往復で合計5回ほど観た!(笑)))) 実話です!!  チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜DVD 通常版 [ 広瀬すず ] 2,835円 楽天   チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~ Blu-ray 豪華版(特典... 6,264円 Amazon   広瀬すずちゃん、よく知らなかったのですが、もうすっごく可愛くて、パリに着いた時、友達の赤ちゃんに「広瀬すずだよ♪」って挨拶したら、友達夫婦にバカにされました・・・。(当たり前です)   よく「・・さんのようになりたい!」「・・さんに憧れる」とか耳にします。私も、かつては「憧れの〜〜」と思う人いました。  映画を観ながら「若かったら、広瀬すずちゃんみたいになりたかった・・」とかね、自分でもアホやなーーーーと思いつつ思ったんですがね。  でも、私は、いくら若くても広瀬すずちゃんには成れません!(って、まあ、当たり前か・・)  だけど、やっぱり目指してしまうってあると思うんです、年齢に関係なく。(広瀬すずちゃん、もう目指してませんので、念のため。) が、やっぱりどうやっても無理でしょう。そんなの、すぐにやめたほうがいい。って、バッサリ言ってしまいますけど。  「憧れの・・・「・・のようになりたい」  って感じる時、その憧れの人物に感じている「何か」を自分に取り入れたい、ってことなんですよね、実は。 みんな、憧れの人、そのものになりたい!って思っているわけではないんですよね。分かっていると思うけど。  例えば、私なら、すずちゃんの(が演じてた役柄)ような「元気さ」「明るさ」「無邪気さ」「天真爛漫さ」「一途さ」「かわいらしさ」(と、スタイル、、おほほっ)・・という部分が眩しく見えたんです。  で、裏を返すと、そんな部分が自分には足りないとか、そういう部分をもっと表に出したい!とか。そういう気持ちもあるんですよね。(そう!本当は自分にもある部分、でも抑えていた部分。)  「素敵だな、と感じる部分」があるって、そういう自分になっていきたいって知ればいい。  だけどね、まさか・・今の自分をダメだ、魅力がない・・なんて思っていませんよね?今の自分がダメだから、憧れの「あのひと」のようにならなくてはいけない。 そう思っていませんよね?  憧れも、理想も、今の自分にダメ出しするためにあるんじゃないですからね〜♪  DVDもうすぐ発売らしい!買っちゃおうかな〜って真剣に思う。  【Amazon.co.jp限定】チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話... 6,264円 Amazon      

      3
      テーマ:
  • 08 Sep
    • 心を刺す「あの」気持ち

      なぜか「天然生活」っぽい暮らしをしている、と思われがちな私ですが、ハッキリいって違います。  確かに、そういう時期もありました。が、それは一時的なものですよ〜。    天然生活 2017年 10月号 [雑誌] 730円 楽天     天然生活 2017年 11 月号 [雑誌]   Amazon   一応、リンクを貼っておこう。  「ナチュラル」「オーガニック」って健康に美容に良さそうだし、そういう生活をしている人たちへの「憧れ」というものが、少なからずあるのでは?私も、少しはあります・・・  そして、無農薬、無香料、エコ、腹八分がいいとか、ね。そして、そんな生活が出来ていなかったら「本当は、暮らしを変えたいんだけど」「アルコール、よくないってわかっているんだけど」とか。  ありません?  確かに、飲み過ぎ、食べ過ぎは体に負担をかけます。添加物てんこ盛りより、オーガニックの方がいい!夜遅く食べるよりも、寝る数時間前に食事を済ませておく方がいい。 だけどね、これらの生活が「出来ないことがダメ」じゃないんですよね〜。  一番、体に心に負担をかけることは「出来ない自分を責めること」です!!!!! 責める気持ちって、目に見えないでしょう?でも、お酒も、甘いものも目に見えるでしょう?  だから、つい「目に見える」ものを追いかけてしまう。んですけどね、本当は目に見えない「責める気持ち」が一番、グッさり刺します、心を♪   あ、昨日は、これを買ってみました。塩味、少し強めだけど、美味しかったです〜❤️(でも、高いっ・・・)    トーレス セレクタ 黒トリュフポテトチップス トリフ チップス【輸入食品】 324円 楽天   LINE@ 始めました。ブログの更新、お知らせなどが届きます。 

      3
      テーマ:
  • 07 Sep
    • ノンフィクション小説読んだ

      この世の中で、私たちが信じる「真実」ってなんだろう?「正しさ」って何?私たちが「これは正しい!」という目で見ているものって?  ということを突きつけられたような気がしました。  メディアに上がっていることが「真実」有名だから「正しい」有名だから「偉い」 こういう「思い込み」ってあると思うのです。  一体、正しさとはどこにあるのか?  著者はジャーナリストです。所属している媒体のために仕事をしている。ビジネスで取材をしている。  って、それだけでは、これだけの労力は注げないはず。  1冊の本にまとめるために、どれほどの月日を費やし、考え、命を注いできたのかと思いながら、一行一行じっくりと読んでいたら、読み切るまでかなり時間がかかってしまいました。  この本、ノンフィクションです。多くの被害者がいて、被害者の周りの家族や大切な人たちがいる。 そういうことも、何度も脳裏をよぎりました。  殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2) Amazon   殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件 (新潮文庫) [ 清水潔 ]810円楽天 追記お菓子を作っていたり、ヒーリングサロンをしていたり、保育士だったりしていましたが、こういう重い題材の話、闇世界の話も好きです。イメージにない?あら、そんなこと思ってないって・・・???

      2
      テーマ:
    • チャーミングなカンナさーん

      昔からの私の口癖は「太った」です。 多分、10代の頃から気にしているかも・・。なぜ、気にし始めたのかはよく覚えていなのですが、母から、 「気にするほど太ってない」と言われていました。 (気にするほど・・ってことは、太ってたのか?と、今気がついたんだけど)  まあ、健康的な体型だったのでしょうね♪  昔から親しい友達にも、「ずっと変わらない」「太らなくていいね」って言われるのですが、 本人(私)は、太ることを気にしているので、「あら、そう?う〜ん、そうなのよね〜〜〜」 とは、絶対に言えませんっ。  もちろん、痩せたり太ったりはしています。こんなものも食べちゃうしね。↓   だけど、あるひフト思ったんですよね。 「人からすると、私は太くない。 と、いうことは、私のこの『太るから、太った』と気にすることって・・?」  自分だけが「太っている」と思い込んでいたわけです。(((まあね〜はっきりいって、痩せ型ではないけどね・・苦笑)))  きゃー、これってめっちゃエネルギーの消費やん?気にしなくてもいいことを、気にし続けていたってことやん?   この何十年も、私の思い込みにより無駄にエネルギー使ってました・・・。  たぶん、日本人は気にしすぎなんですよね。太ったとか痩せたとか。 チャーミングな人って、素敵な人って、体型がどうであっても、ハツラツと生き生きと明るく自分のことが大好き!!というオーラを纏って元気に生きいる人じゃないか?って思います。  ↑のカンナさーん、を観ていても思う。(子役の男の子が可愛いすぎます❤️)  太ったとか痩せたとか 一喜一憂しているくらいでは、う〜ん、まだまだ・・・だなっ♪

      4
      テーマ:
  • 06 Sep
    • トリュフの!!!

      フランス旅行の最終日「あーーーーこれ!もっと早く出会いたかった❤️」 と思ったのが、トリュフのポテトチップス。  袋を開けると、フワ〜っと香るトリュフの香り。チップスは、説明がなくても、「これは一枚一枚丁寧にスライスし、 良質の油を使い、これまた丁寧に揚げたのでは?」 と感じる上品さが漂っていました〜〜〜!!!! 「あーー。もっと沢山買えばよかった!」「日本に持って帰りたい!」「スーツケースいっぱいに詰め込みたい!」「これだけ買いにまたパリに来たい」 と大人気なく叫んだくらい美味しかったんです!!!  「あのチップス、また食べたい!」 と思いながら帰国し、数日たったある日のこと。  見つけました!日本でも買えるトリュフのポテトチップス!!!! これです↓  内容量は42g パリで買ったものも45g。 よく見かける大きさのポテトチップスより小さいです。が、値段はお高いです♪  ちなみに、パリで買ったのは約800円ほど!!!(スーツケースいっぱいは買えないかも・・・)★パリではボンマルシェの食料品売り場「グランエピスリ」に売っています。  写真のチップスは、パリで感動したチップスよりお安い。 やはり、値段の差は質の差に反映されます。が、これでも十分美味しいんですよっ!!!!!  私は、京都のショッピングモールにあるお店で買いました。調べてみたら、楽天でも売っています!(お値段変わらず)  ポテトチップス好きの方は、ぜひ一度お試しください!トリュフの香りがふわ〜っと漂い、美味しいですよ♪    ルークス オーガニックポテトチップス トリュフ&シーソルト 42g【楽天24】 270円 楽天   

      4
      テーマ:
    • 全く興味がなかったけど、ものすごく楽しかったこと

      釣り好きの人って多いと思います。 釣り好きの人の「釣り」の話を聞いていると「本当にこの人、釣りが好きなんだなー」ってひしひしと伝わる「釣り好き感」がある。 他の趣味を持っている人もそうだけど、私が知る中では「釣り好き」の人の「釣り好き感」って、ちょっと超えている・・。  「あー〜楽しいんんだな」ということは分かっても、釣りをしてみようとは思わなかったんですよね、これまで。 が・・・。  今回、フランス旅行中、ひょんなことからブルターニュ地方の海で海釣りをすることに!!! 人生初!!!!!!  ここで釣れるのは「キュウリウオ」という小さい魚。フランス人が「これはイワシ?」って聞いていたから、似ているんです。  写真でお分かりのように、たくさんの人が釣りを楽しんでいますよね。老若男女。子供も多い!!そして子供達もたっくさん釣っていました〜〜〜!!!!!    あまりに簡単に釣れそうだったので、私も挑戦!一緒にいた友達も初挑戦!!! ドキドキしながら、ゆっくりと糸を垂らして待つ。  が、あっという間に釣れた!そこから、どんどん釣れた!!!どんどん釣れるので、楽しくって楽しくってーーーーー。  どんどんと簡単に釣れたので、本当の釣り好きの人、とは少し違うかも知れないですね・・。本当の釣り好きの人って、釣れても釣れなくても楽しそうだし!  これまで、全く興味がなかったものを体験すると、ワーーッと目の前が広がる感じがありますよね! これは、去年パラグライダーを体験したときもそうでした。  チャンスがあれば、どんどんいろんなことを体験していきたい!あ、チャンスがあれば・・って、チャンスも自分で創っていくのだよね♪  

      テーマ:
  • 05 Sep
    • にこにこするより大切なこと

      イチヂクが美味しい季節になってきました!!!デザートとしてのイチヂクも好きですが、こんな風に前菜としてのイチヂクも好きです!   よく「怒らないようにしたい」とか「笑顔でいたい」とか、私たちは思ったりしています。実際、よく耳にする言葉であったりもします。  確かに、身近にイライラしている人がいると、なんとなく「いやだなーー」って感じるし、ニコニコしている人がいれば「いいな〜〜♪」って感じる。  だけどこれ、イライラしている人が嫌だ、っていうのも、自分の中に「イライラ」があるからそう感じるんですよね。  「同調」しているだけ。  相手の「イライラした態度や雰囲気」に苛立っているようで、実は実は「自分自身」の中に潜む「イライラの種」を嫌悪しているってことです。  私もずっとずっと「ニュートラルな人間」でありたいと願い、そうなるように頑張っていたこともあります。なんか「悟っている人って素晴らしいよね!」的な憧れもあり。  だけど、振り返ってみたら、そんな自分てとても「不自然」だったように感じています。だって、自分の中の感情をスルーして、どこで聞いたか分からない誰かの言葉「ニュートラルな」を目指しちゃっていたんですから。  思うんですけど、自分の中にある感情って「どんなものもすべて」とても大切で、とても素敵なもの。  子供って、嫌なことがあったら「わーー」って泣いてスッキリしているし、所構わず怒って泣いて大騒ぎ。まあ、大人が大騒ぎするのはどうかと思うけど、大人だって、嫌なことがあったら怒ってもいいし、泣いてもいいんじゃない。  もちろん、そこは「大人」なので、多少の知恵を使って、わーーっと怒りたい気持ちを相手に伝わる言葉で表したり、ということは必要になるけど。  腹を立てたり、悔しがったり、羨ましがったり、悲しんだり、辛いと思ったり・・・。いろんな感情があるのが「あたりまえ」なので、それを無理に無くそうとしたり、いい人になろうとしたり、できた人になろうとしたりしなくていい。  なんか不快だな、心地よくないな、と感じるときこそ自分を大切にして、自分にただ寄り添ってみると、心が「ホッと」するよ。  そして、その「ホッとした気持ち」積み重ねが、計り知れないパワーを生み出すんだよなーーって感じる今日この頃。  

      4
      テーマ:
  • 03 Sep
    • ある挑戦

      「結果がすべて」という人もいます。オリンピックや、何かの大会なのでは確かにそう。 「結果がすべて」 選手や選手の周りの人々。みんな「優勝」「1位」「ゴールドメダル」のために、すべてのエネルギーを注いでいる。  試合後のインタヴューで、2位になった選手が「悔しい!」と涙を流すシーンを観ます。彼らにとっては「1位」でないと意味がないんだなーって、私には想像出来ない厳しい世界を垣間見ることになります。  だけど、「すべての世界」において「結果がすべて」なんでしょうか?  走ることに縁がなく、泳げず、自転車はママチャリしか乗れない女の子がトライアスロンに挑戦したことがありました。トライアスロンは、スイム・自転車・マラソンという流れでレースが進みます。 その女の子はスイムでタイムアウト。レースに臨んだものの、結果は棄権。  後日、ある女の子が、レースに参加した女の子に「結果が全てだから、今回のレースは意味がない」的な発言をしたんです。  そういった女の子、もちろんレースに参加していない。 そばで聞いていた私、「はぁーーーーーー?結果が全て?意味がない?」  まあ、これは、この女の子のというよりも、この子が「自分以外の誰かの考えを鵜呑みにしていたところもある」から、私の「はぁ?」も大きくなったんですけど。(それやったら、自分を超える大きな挑戦してみろよ!!!人の意見鵜呑みにして、このアタマでっかちーーーっ!!とは心の声で言わなかった。あら?言ってしまったかも!?)  私ね、このレースに挑戦した女の子の「ゼロからイチ」にした力って、計り知れないって感じたんです。  なんでもそうだけど、ゼロからイチにするって、物凄いパワーが必要!想像して欲しいんですが、花の種でも発芽するとき、人間でも生まれるときって、爆発的なエネルギーが必要ですよね。  確かに、棄権になってしまったことは力不足だし、練習不足もあったはず。もっと出来たことはあったかも。 だけど、泳げない、走る自信もない、ママチャリではない細いタイヤで(レース用ってブレーキも付いてないのでは)走るのだって怖い。でも「挑戦しよう!」と思って、時間もお金も費やして参加したことって、彼女の人生の中で大きな一歩だったはず!!!   ところで、話は長くなったのですが(つづく・・にしようと思ったけど続けます)。  私は、ずーーーっと「おたより」という無料のニューズペーパーを発行しています。(現在はPDFで送信のみ受付)ブログも、ドイツにいた頃からだから、もう10年ほど書いている。(毎日・・ではないけど・・) 文章を書くことが好きで、人にも「文章上手ね」と言われることも度々ありました。だから、自分でも「ちょっとは上手なのかも」という自惚れもあり・・。  5月ごろから、何回かエッセイコンテストなるものに応募していたんです。これね、結構怖かった。応募して、ダメだったら「ダメです」という判断をされるわけで、それってもうそうなわけで。 緊張して、何度も書き直して、自分を見つめ直して、出そうかどうしようか躊躇もして、そして出した!  結果は、ダメでした。  これは去年のおたより↑ 郵送している方へは、切手もこだわるようにしています♪  下書きなし! 結果はダメだった。だけど、思ったよりもショックじゃなかった。 冷静に、自分のことを振り返りました。 これまでは、身近な人からの評価しかなかったけど、一般的な評価によって、自分の現在位置が分かったから。  結果を知ること=現在位置が分かること  これって、本当に大切で「あーダメだった」「もっとああすればよかった」「こうしたらよかった」「だからダメなんだ」って言っても、前に進まないんですよ。  だって、「今」自分が「どのあたり」にいるのか分からないから。  どこにいるか分かれば、「では、ここから どこ に向かってどうするか?」が決められる。それで、これまでのやり方ではダメだから、じゃあ次はこうして行こう!!と続けられるのです。

      5
      テーマ:
  • 02 Sep
    • 選ぶ選ばない

      もうこの季節、「ほぼ日手帳」。 まだ夏も終わっていないのに「もう来年?」と思ってしまうのは私だけ?  何か物を買うとき、何を基準に選んでいますか? 例えば「あなたは、車を買うことにしました」の場合。何を基準にするかって「あなた」によって違うはず。 ・予算(金額)・デザイン・機能・運転がしやすいか?・メーカー・流行・中古に出したときに値が下がりにくい車か?etc 車を例に挙げたものの、そんなに車に詳しくなかった・・・。まあ、いろいろあると思います。  車以外にも、私たちは日常いろんな「選択」をしていますよね。  話は車に戻します。 「あなた」は、本当は海外のメーカーのかっこいいスポーツカーに乗りたかった!としましょう。 そして「あなた」は、その「かっこいいスポーツカー」が買える余裕があったとします。   が、それを選ばなかった。なぜ?   それは、その車を買ってしまうと「お金がなくなる」「勿体無い」「自分にはまだ相応しくないし」という理由から。  そういう理由で、本当に欲しい車を選ばなかった「あなた」は、「どうしても欲しいという訳ではないけど、まあこれでもいーかな〜〜」という車を買いました。   こういうこと、よくあると思います。そして、一時的には「安心」させるんです。自分の心を。 そして「あのスポーツカーは燃費が悪いから、これを選んで良かった!」「あんな高級車だったら車検も高いし、やっぱりこっちで良かった」・・ナンタラカンタラ・・。 と、いう風に自分で自分に言い聞かせるんですよね。これも、よくあると思います。どうでしょうか?  でも、これって・・・・・・・・?  こういう選択の仕方って、車や家を購入するという値の張ったものを買う時以外にも、至るところで行っているのではないですか? 「無理矢理、自分に言い聞かせ納得させて諦めさせる」って、「本当の自分」はどう感じているのかな〜〜????????  もちろん、「諦めること」「我慢したこと」がバネになって「ガンバっていくぞーーー」というパワーにつながることもあります!  でも「1番欲しいものを諦めて、2番目、3番目に欲しいものを買った」という時、その買ったものを手にしているときは「諦めた」という「思いのエネルギー」は、ずっと「そこ」に残ったままになっています。  頭では(顕在意識)では、忘れてしまっても、意識の奥(潜在意識)ではずっとずっと覚えているので。  ここでは「車」を例に挙げましたが、どんなことでもそうです。自分を大切にするって、この「諦めた思いのエネルギー」をそこに残さないことだと思います。  何かを選ぶとき、自分が何を基準にしているか?どんな気持ちでいるのか?っていうこと感じてみると面白い発見があるかも、です!  ということを、これを選びながら感じた次第・・・。 ほぼ日手帳 HP写真をクリックしたら拡大されます。サイトをご覧になりたい場合は、上のリンクをクリックしてください♪  

      6
      テーマ:
  • 01 Sep
    • カフェ・マルリーという夢の場所

      初めてフランスを訪れたのは、1994年。ちょうど関西国際空港が開港した年でした。 フランスを訪れた、といってもフランスに居たのは2泊だけ。その後、列車に乗ってスイス〜ドイツを転々と旅しました。 このとき、私はフランス語は全く理解できず。英会話は、ほんの少し・・といったところでした。  旅行から帰り、ますますヨーロッパに憧れを持ち、興味を抱き「フランス」というタイトルの雑誌は片っ端から手にしていたような。そして、買った雑誌の写真を切り取り、スクラップにしていました。 今でこそ「ドリームボード」(?)という、夢を叶えるツールのようなものが登場していますが(とはいっても、私はこれをやってみたことはない)、当時はそんな名前も存在も知らず、切り抜きでスクラップブックを作るのが好きだったので、楽しんでやっていました。 (母に見つかると何を言われるか分からないので、こっそりと・・)  今でもよく覚えているのが、この下の写真のカフェ・マルリー。ルーブル美術館のピラミッドの横にあるオシャレなカフェですが、ここの写真をみたとき「あーーーー、なんて素敵なところなんだろうーーーー。行きたいーーー」って思ったんです。 私の中では「これぞパリ!!」っていうオシャレな場所。   今回は、満席で、私も時間がなかったので入ることができず。といっても、まだ一度も入ったことがなかった!!!!!!縁がない・・・。  初めてフランスへ行ってから、一人で、また友人と一緒に何度かフランス旅行をしました。そして、いつのまにか留学してみよう!ということになり。  何を言っているのか分からず、言葉を聞くだけで分からなさすぎて若干ストレスを感じていたこともあります。が、いつのまにかフランス語が聞き取れるようになり、少しずつ話せるようになり。 気がつけば、一人で何年も住むことになったフランス。  海外に住むなんて夢の夢の話。「叶いそうにない夢」でも、想像すると楽しいから、想像し続けていた。それが、知らぬ間に現実になっていたんですね。  こうなったらいいな〜〜ということ、想像するって、楽しいじゃないですか?気分よくなるじゃないですか?  これって、本当に「些細なこと」だけどとても大切なことで、すごくパワフルなことだと思います!!!だから、落ち込みそうな時、気分が乗らないときは、なんでもいいから「気分よくなること」を考えて見ることがオススメ!           

      2
      テーマ:
  • 31 Aug
    • 不思議な世界 【閲覧注意】

      この世界には、いろんな生き物がいます。そしてその生き物は、どれもとても不思議を抱えている。昨日見たこの昆虫。トノサマバッタです。写真を載せます。虫が嫌いな方はご注意ください。、、、、、、よーく見ると、トノサマバッタはとても複雑な体つきをしています。wikiで調べました。小さな体には、神経系循環器系消化器系全てがここに詰まっています。人間の体もそうですが、トノサマバッタにしても動物にしても植物にしても全てが完璧に成り立っています。一体、誰が作ったのか?とても不思議です。

      2
      テーマ:
    • 母性的な・・・

      最近はまっている作家は「西原(サイバラ)理恵子さん」。 ご存知の方も多いと思いますが、この方は漫画家。代表作はたくさんありますが、中でも映画になった「毎日かあさん」は有名ですよね。  そう、西原さんの作品はたくさん映画にもなっています。私が初めて観たのは「パーマネント野ばら」でした。   パーマネント野ばら [DVD] 4,104円 Amazon  菅野美穂さんが主演の映画で、タイトルが可愛いので観たのですが、衝撃的で、軽くショックを受けたことを覚えています。  そして、先日観たのが「女の子ものがたり」   女の子ものがたり [DVD] 4,935円 Amazon  これは、映画館の予告で知ってなんだかいいな〜と思ったので、ネットレンタルで観ました。が、やはりこれも軽い衝撃を受けた。  「一体、こんな作品を作っている人って誰なんだ?」と調べたら、どちらも西原さんの漫画が原作で、「一体、西原さんてどんな人なんだ?」と思って興味を持ち調べてみたのです。  「女の子ものがたり」の方は、西原さんが生まれ育った四国から東京へ上京するまでのことがベースになっていて、実話である部分が大きいんです。  私はまだ観ていないのですが、「毎日かあさん」も実話に基づいた作品。   毎日かあさん(通常版) [DVD] 4,104円 Amazon   既に離婚していた、小泉今日子さんと永瀬正敏さんが離婚後、再び共演したことでも話題になったこの映画。 DVDのこの写真とタイトルだけだと「明るく楽しい映画のかなーー」とイメージしがちですよね。  ここに挙げた3本の映画、どれもタイトルがかわいい♪でも、内容はシビアな部分も多く含まれていて、「軽く」はないんです。   話は変わりますが、先日「母性」という小説を読みました。湊かなえさんの作品です。  母性 (新潮文庫)   Amazon   ちょうど、フランスへ行って生後4ヶ月の赤ちゃんと日々を共にしていた時で「母性ってなんだろう?」と、ふんわり思っていた時に手にしました。 「母性的」ってこれまでもよく耳にしました。保育士として働いていた時、「母性がある、ない」「母親なのに母性がない」ということも耳にしたことがあります。 「母性」ってなんでしょうか?  女性なら誰もが「母性」ってあるものなのでしょうか?なくてはならないものなのでしょうか?母になったら芽生えるもの?母であればないといけない?  私は、若いころ職業柄たくさんの「おかあさん」に出会いました。女性にも出会ってきました。(職場はみんな女だったし)  確かに「母性的」ではないようなお母さんもいた。でも、それは「一見」という前置きがつきます。今、改めて思い浮かべてみると、母性がない女の人っていないんじゃないかな?というのが私の意見。 これは、母親であっても、そうでなくてもということです。 「母性」という言葉も、ひとつのイメージなので、その自分の中のイメージと、人の姿が重なった時に「あ、この人は母性的ね」って感じるものなのではないかと思います。まあ、なんでもそうだけど。  で、話はかなり逸れたのですが、西原さんに関していうと、私はこの人って母性の塊のような人だな〜〜って感じるのです。   検索するとご本人の写真を見つけられるのですが、写真を見なくても、映画を観たときからそう感じていました。 では、なぜそう思ったか?  人の「生と死」を生々しく体験し、それをこんなに明るいタッチで描けるって凄いことだと思うんですよね。「生と死」を真っ向から体験し、それを自分で受け止め、乗り越えてきたひとに共通することがあります。それは、色気。私が感じることなのですが。 その「色気」が、エロティックではない「色気」が、とても大きく、まあるいフワフワの綿菓子のようなオーラと合わさっているような人=母性的 なんていうか、いろんな人の「血」を見てきたという凄まじさを感じてしまうのです。だけど、そこには悲壮感とか、痛々しさとか、凄まじさとか、ゴツゴツした感じがなく柔らかく温かいの。  あ・・・・・とても抽象的で、それをわかりやすい言葉に出来ないのがもどかしい。私の文章力の限界を感じてます・・。  あまり続けると、ボロが出るので(ってもう露わになってるけど)この辺りで終わりたいと思います。  西原さんに興味のあるかたは、ぜひ映画を観たり、本を読んだりしてください!!!!!  面白かった本を何冊か貼っておきます。    上京ものがたり   Amazon   この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)   Amazon  

      1
      テーマ:

プロフィール

tiki

血液型:
O型
お住まいの地域:
京都府

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。