megumeguのワクワク日記~111Project

megumeguのワクワク日記~111Project

小さなワクワクも沢山集まればワクワクでいっぱい。
生き方美心~コワーキングカフェKikcafe

   
     

NEW !
テーマ:

今回の思い付き湯河原の旅のもう1つの目的は、完全に私らしい自分に戻る為の時間です。

運気の流れを私らしく変える為の心のチャージです。

泊まった宿は湯河原のご縁の杜でした。

選んだわけでもなく、お盆なのに、たまたま空いていたからという単純な理由でしが、やっぱり引き寄せられたと感じるような

素敵な宿でした。

image

佇まいは、京都にでも行ったような和な雰囲気です。

image

神様好きの私に相応しいインテリア。

image

灯りも可愛くお洒落です。

image

お部屋に持って行ける本や運だめし?のオラクルカードも充実しています。

なかなかゆっくり本を読む時間もなかったので、よくばってお部屋に運びました。

image

中でも面白かった本が「数字と色が人生を変える」でした。

image

まさにそのままだと納得です。

image

温泉は勿論最高で、お部屋の窓から見る風景も心のデトックスになります。

image

お風呂から出ると瞑想スペースもあったりと至れる尽くせりです。

image

チェックアウトの時にカエルカードを引きました。

image

私の名前?恵み。

ピンチがチャンスに変わるのも時間の問題かも?なんて激励を受けた感じがしました。

image

また行きたいと思えるご縁の杜でした。

読者登録してね

 

 

 


テーマ:

昨日は京都のは五山の送り火でした。

一時期、毎年の恒例行事にしていた送り火、この日は、やっぱりご先祖の事を想います。

今年は、自分のリセットも兼ねて、無理やり母を連れて湯河原に行きました。

image

最近は忙しく自然と触れ合う事も出来ていなかったので、電車から海が見えてきただけで心が躍ります。

私が子供の頃も息子が子供の頃も、夏休みは必ず家族旅行をしていました。

湯河原もそんな夏の思い出がいっぱいな場所です。

image

母も高齢なので、歩きまわる事は出来ないので負担のかからない場所、ミュージアム巡りをしました。

西村京太郎記念館は、家族旅行でも行った場所です。

家族が1人欠け、2人欠け、息子も仕事と、あんなに賑やかだった家族旅行も気づくと母と2人です。

image

若い頃には絶対考える事がなかった、不思議な感覚を最近感じます。

過去には興味がなく今だけを生きていた私も、やっぱりお盆のせいか故人が思い出されたり、昔が懐かしく感じ始めたのは年のせいかな???

来年になったら今が思い出に変わる・・・そんな風に感じるのなら今がやっぱり大切なのです。

image

母も85歳。

幸い親友が2人健全ですが、だんだん友人も旅だっていき寂しい様子です。

image

お盆もお仕事しようかな??と思っていましたが、やっぱり日本の行事を無視して走るのはよくないと思いました。

のんびり旅して故人を偲ぶ時間、都会では忘れがちですが、京都の町が五山の送り火で一体化するように、お盆は大切な行事なのです。

image

母と2人の旅ですが、どこかにご先祖様がいるような、穏やかな旅がスタートしました。

ご先祖様、いつも見守ってくれてありがとう。

ペタしてね

 


テーマ:

7月はまだまだ準備不足で、経営してる私自身が何屋さんをやっているのかわからなくなるような日々でした。

でも、7月中旬過ぎから地味にコワーキングの宣伝を始めたら、ここ数日カフェではなくコワーキングとして利用して頂いてる

お客様が増えてきました。

image

オープン当初はコワーキングスペース作ったのに保土ヶ谷には需要ないのかと目の前が真っ暗でした。

でも想いは必ず実現するのだなと、とても嬉しいです。

「カフェの利用ですか?コワーキングの利用ですか?」と聞けるようになっただけでも、すごく進歩です。

image

メニューの表紙に使ってるアルバムです。

お客様に伝えたいメッセージは私へのメッセージでもあります。

image

そして今日嬉しかった事。

笑顔の素敵な外国の方が覗いていたのでお部屋を案内しました。

image

和室も見学。

「お散歩してたら、あまりにも素敵なインテリアだったから・・・」って仰っていました。

image

作家さんが作ってくれたステッカー。

KIKCAFE好きになってくれたお客様、自分のおうちか実家のような気持ちで過ごして欲しいです。

素敵なコミニュティが沢山生まれますように・・・・。

 

そして8月16日はお店と私のメンテナンスの為、コワーキングもお休みさせて頂きます。

ご迷惑おかけしますが宜しくお願い致します。

 

アメンバーぼしゅうちゅう


テーマ:

KIKCAFEがオープンして1ヶ月が経ちました。

休みなしで我を忘れそうになったり、素敵なお客様と語りあったり1ヶ月の間に10年位生きたような濃い日々でした。

そんな私の様子をスタッフとは別に冷静に見てた子がいました。

image

名前はCHIKURIN。

飼い主は森田ヒロさんです。

1ヶ月、お店の中で嬉しい時も疲れた時もCHIKURINは、ちょっと生意気な顔して見ていてくれたのです。

12日にヒロさんの展示が終わり、CHIKURINとさよならしなくちゃいけなくって寂しい気持ちになりました。

image

でもでもヒロさんCHIKURINをこのお店に置いていってくれました。

CHIKURINの魔法で、KIKCAFEは私の大好きな映画「ハチミツとクローバー」の一場面のような日々になりました。

image

日曜日のコワーキングの予約は作家さん3人トリオ。

みんな黙々と作業をしていました。

私がイメージしていた素敵な時間が実現した感じで感無量です。

image

ヒロさんの絵がなくなって、お店は真っ白の壁になりましたが、誰も見えないけど魔法のコトバが見える気がします。

「吾輩はCHIKURINである」これからもCHIKURINは生意気な顔で私を見ているんだろうな・・・(笑)

2か月目のKIKCAFE、頑張りすぎないで頑張ります。

読者登録してね

 

 

 

 


テーマ:

kikcafeのレセプションから1ヶ月が経ちました。

最初2週間は、まったく余裕がなく、冷静に対応が出来ないくらいドタバタでした。

慣れない事ばかりで、私の本当にやりたかった事さえ見失うほどの悪循環。

休む事に罪悪感を感じて、ずっとお店に出ていましたが、今週は友人と過ごす時間も多く、従来の私に復活する事が出来ました。

蘇ったきっかけは、先週日曜日のリフレッシュから・・・・。

image

旅行行ったり、お祭り行ったりと、夏のお楽しみをいつも共有していたヘアメイクの圭依子ちゃんとも疎遠になりそうな忙しさでした。

2人の神社仏閣巡りの他のお楽しみは、素敵なホテルで語り合う事。

去年の夏は、箱根富士屋ホテルで何時間も語り合いました。

image

今年は遠出は出来なかったので、パレスホテル東京に行きました。

パレスホテルはパーワースポッッと言われていて、住所は丸ノ内1丁目1-1と111のゾロ目の住所に位置するのです。

111は私のラッキーナンバーでもあって会社の設立日も1月11日にしたくらいなのです。

image

東京という街に疲れて地元にお店を出したのですが、東京の洗練された空気に触れる事も大切だなと痛感しました。

image

綺麗なものを見てると、もっともっと自分のお店も綺麗にしたいという気持ちも高まります。

これで良いなんて思ったらそこまで。

向上心は大切です。

image

天使がおりてきちゃった?と思うような雲が綺麗すぎて、2人でずっと見ていました。

そんな感性も圭依子ちゃんとは似たもの同志で共感しあえます。

image

夜の丸ノ内。

image

人も少なく、散策もめちゃくちゃ楽しい。

image

これからも忙しい時間の中で、こんな時間は持っていきたいと思っています。

どくしゃになってね!

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス