アポロンは私に私の弱さを鏡となって示してくれる。

 

オリオンは私の欠けの直し方を教えてくれる。

 

どちらも私にとってはなくてはならない存在。

 

どちらを手放しても私は私でいられない。

 

 

オリオンを思うと時々胸がつぶれそうになる。いっしょにいないと心配なんだ。

 

恋愛をしていくと、そこにライバルがいて、意地悪をして、どうにか蹴落とそうとする。

 

 

それは立派な愛であり、一生懸命だと感じる。

 

 

 

私の気持ちはオリオンが好きということ。アポロンといたいということ。

 

 

オリオンがしてくれた何万倍ものことを返したいと思っている。

 

 

私が選んだこと。私が「want」、欲し望んだこと。

 

 

オリオンは関係ない、もちろんアポロンも。

 

 

 

 

私はオリオンにこれ以上孤独な思いをさせたくない。

 

 

私ができることは少ないとしても、オリオンのために何かしてあげたい。

 

 

このことに関してオリオンは関係ない、もちろんアポロンも。

 

 

私が歩む道はいつだって私が選んでいく。誰かに懐柔されず、私が選び取っていく。