身体のリフォーム 〜疲れない身体の作り方〜

身体のリフォーム 〜疲れない身体の作り方〜

「疲れない身体」を作って、一晩寝たら、疲れなんて吹っ飛んでしまったあの頃の身体にリフォームしましょう!


テーマ:
鈴木家のある日の晩ご飯は
ロールキャベツでした。



ロールキャベツというと


画像出典




こんなイメージですよね?




我が家では中に入れるのは
ひき肉ではなくて
豚のスライス肉






ひき肉と玉ねぎをコネコネする
一手間が省けます。



そして
美味しいんですよ〜



よかったら試してみてくださ〜い。


テーマ:
私は
ジムでインストラクターをしています。



お客様の
身体の不調を
少しでも改善できるよう
レッスンのプログラム作りには
いつも頭をひねっています。



画像出典




そんな
私のお悩みを解決する講座を
見つけました。



それは
私が教えている
ルーシーダットンという体操のインストラクター向けに開催された
『プログラムの組立て方』という講座です。



早速受けてきました。


画像出典




プログラムというのは
料理に例えると
コース料理みたいなものです。







料理を出す順番や
素材の組み合わせ方次第で
更に美味しくなるように




私たちインストラクターが
お客様に提供するレッスンも
ポーズをやる順番や
組み合わせ方次第で



その効果を活かして
不調を改善する事も
可能になるんです。




例えば
腰痛でお悩みのお客様が
いたとしたら







まず
腰痛の原因は
どんな事があるのかを考えて



次に
それを改善するためには
どんな順番で
ポーズを行う事が望ましいのか




そして
どんな風に組み合わせるのが
効果的なのかを考える




一見
腰痛だから
腰だけほぐせばいいように
思いますが




腰痛の原因は
腰だけではないので
上半身も整えていく
必要もあるんです。




そんな事を
じっくり考えていく講座でした。




この講座を受講したおかげで
自分のプログラムの見直しができて
ブラッシュアップできました。



さあ
これからその成果を発揮するぞ〜!!




そして
一緒に受講した皆さん
ありがとうございました。


前列向かって右から二番目の方が、講師の朝倉万寿美先生です。

テーマ:
私は
朝ドラを見るのが大好きです。


今回の『なつぞら』
毎日楽しみにしてます。





朝ドラって
心に響く名セリフが
結構あるんですよね。




5月18日(土)放送の
私にとっての名セリフは



主人公なつ(広瀬すず)に思いを寄せる
幼馴染みの天陽(吉沢亮)が
「アニメーターになりたい」という夢のために
故郷の北海道十勝から
東京に旅立とうとする 
なつに向けての言葉



画像出典



俺にとっての広い世界はベニヤ板だ。
そこが俺のキャンバスだ。
何もないキャンバスは広過ぎて
そこに向かっていると
自分の無力ばかり感じる。


画像出典



けど
そこで生きている自分の価値は
他のどんな価値にも流されない。


なっちゃんも
道に迷った時は
自分のキャンバスにだけ
向かえばいい。




このセリフは
私の胸に突き刺さりました。



ついつい
他の価値に流されそうになって
自分の価値を
見失いそうになってしまいます。


そんな時は
自分のキャンバスにだけ向かえばいい。



そして
自分の価値は
自分が決めればいい!



そんな事を
気づかせてくれました。



イケメン好きの私としては
国宝級のお顔の吉沢亮くんが
言うから
余計にグッときました。
笑笑




NHK連続テレビ小説
「なつぞら」のサイトは