お豆腐のデザート

テーマ:
今日から6月ですね。

また、10日には、QVCの生出演が入りました。

女性ホルモン減少ぎみ、かつダイエットも考えて、イソフラボン豊富なお豆腐にきな粉をかけた一皿をこれから毎日食べます。




黒いソースは、はちみつ入り黒蜜です。


濃い豆腐、という絹豆腐を、ローソンで買って食べています。

後ろのは、マンゴー酢に、豆乳、無糖ヨーグルト、低脂肪乳、バナナ、リンゴ、パイナップルをいれて混ぜたスムージーです。


あっという間に間食、ぺろっとたべちゃう美味しさですよ。

ジュリナ錠

テーマ:
51歳を目前にして、生理が止まりました。

半年位前から、生理周期が23日になり、おかしいなぁ~と思っていたのですが、ある日突然止まりました。


不思議に思って婦人科に行ったら、閉経に向かって卵ほうホルモン数値が下がっていると。(ほぼゼロ)


そういえば、なんで急に額から汗がじんわり出るのかな、とか、電車に乗っていて急に暑くなるのは体温調節が出来ないからかな、とか、気になる事が多々ありました。


先生に薦められ、早速ホルモン療法を始める事にさました。



処方されたのは、ジュリナ錠です。

1日1回、飲めば良いそうで、不規則な私にも続けられそう。



しかし、いきなり生理が止まり、そのまま更年期障害になるって事、あるんですね~、ビックリ。


女性の閉経の平均年齢は50.5歳。
私も、ピッタリ50歳。標準タイプです。


これから、更年期の女性の悩みや症状など、身を持って体験していくのでしょうが、40歳を過ぎて子供を産んだ場合、子供が小学校の低学年で更年期障害を迎えるんですね。。。


この現実は、40歳を過ぎて子供を産みたいと思う女性に良く考えて貰いたいです。

更年期障害で、いつもイライラしたり、疲れやすかったり、自立神経失調気味の母親に怒られたら、子供はたまりません。


女性の出産、子育て適齢期は、やはりあるんだなあ、と改めて感じた次第です。


桜を見る会 2018

テーマ:
今日は、朝早くから安倍首相主催の、桜を見る会に行ってまいりました。




朝8時半から新宿御苑で受付。

招待状と引き換えに、升と胸に付けるこんなのを渡されます。


桜は、全てもう散っており、桜餅の葉っぱに相応しい青々とした葉が初夏の兆しを感じさせる、桜の葉を見る会になりました。

和菓子やお赤飯、茶そば、甘酒、樽酒などが、無料で配られ、あちこちで歓談する、財界人と奥様方。


うーん、正直、あまり素敵な人はいないなぁ…と言うのが感想でした。




先ず、社会的地位があっても、品格やマナーの良い方が少なく、ほぼ庶民でした。

奥様方は、似非上品な方が多く、それは食べ方や座り方、手の仕草に、日々の暮らしぶりがあらわれていました。


足の悪い方がいても、席を譲ろうとせず、我先に座りたがる中高年のお立場のある人々。


一年に一回も着ない着物と帯が、体に馴染んでいないチンドン屋の様な女性タレント陣、等々。


日本は、もはや、下流民族が主流となってしまいました。


桜を見る会は、安倍首相の営業活動の一環なんだなぁ、と私は冷ややかに和菓子を頂きながら、見ておりました。


余り中身の無い、桜を見る会。

二年おき位で良いのでは無いでしょうか。。。