土方先生特別講演会 en あすわ | あすわマヤンカレンダーリーダーKU-KOのつぶやき

あすわマヤンカレンダーリーダーKU-KOのつぶやき

神戸のマヤ山麓に住まいし「一度きりの人生、山あり谷あり、楽ありゃ苦もあるさ!」と、日々様々なことを経験・体験し、学ばせていただいてます。


テーマ:

2020年マヤの大長老さんを再び日本へお招きしようプロジェクト

大きくこれから進めていく中での

 

2020年プロジェクトにつながる企画第1弾として

謎多きミステリアスな古代マヤ文明を楽しく学ぼう◆
土方美雄さん特別講演会&限定勉強会あすわスペシャル

 

マヤ考古学の世界では

知る人ぞ知る、有名なお方

 

土方美雄(ひじかた よしお)先生は
古代アメリカ学会会員
ラテンアメリカ探訪世話人

「リプレーザ」編集長

フリーランスライターとして、

マヤ考古学に精通しておられ、

メキシコやグアテマラに実際に何度も足を運ばれ

現地を訪れたこと方にしか語れないお話しの数々

現地で、遭遇された数々の逸話、裏話等

考古学の世界の今の現状

考古学をどうとらえればいいのか・・・等等

 

とても客観的で、偏りのない、

貴重なお話しをお聞きできる機会をいただきました。

 

こんな素敵な企画をできちゃうのは、

 

「古代マヤ」と「銀河のマヤ」どちらも大切なものとして

車の両輪のようなもの

どちらが欠けても融合はあり得ないと

取り組みを進める

「あすわ」をおいて

ほかには無いです!


 講義の前の秋山先生のお話しが、

開始早々から、私の中で、とてもタイムリーで、

ここでお聴き出来るんだ〜!と、ワクワクはじまりました。


ホゼ博士の遺された「銀河のマヤ」と、マヤの大長老さんの「古代のマヤ」の真の融合を目指され秋山先生が取り組みを進めていかれるこれからが、楽しみでなりません。


 


 

 



 

秋山先生のお話しされることと

土方先生のお話しされることが、

リンクしてとても重要なこれからに必要な情報でした。

 







 

始まった1日目

 

「遥かなるマヤ~密林の中の古代都市~」

何故、人はマヤ文明にあこがれるのか?

マヤ文明とはどのような文明なのか?


 

 秋山先生と、土方先生の対談形式のなかでのお話しも、この場だからこそ、お聴き出来たとてもレアな内容でした。


考古学を楽しく学べる時間は、あっという間に、過ぎ、



先生の絶版になっている貴重な著書に
直々のサインもちゃっかり頂き


満面の笑み!


肉体を持ち、この世界で生きる私たちの、今を、これから未来をよりよく生きていく為にあるあらゆる学問の中でも、考古学は、懐古趣味のものではなく、人間の素晴らしさと愚かさが表裏一体の現代に必要な情報であるということを、
再認識させて、頂きました。

そして、今日、明日は、
さらに深く、マニアックな

◆土方美雄さん特別限定マニアック勉強会◆
「マヤとメソアメリカの文化を旅して」

マヤ考古学を俯瞰して見られる立場にある土方美雄さんから
考古学業界の裏話や、グアテマラのマヤ系先住民の現在、
メキシコのサパティスタに代表される先住民蜂起の現状、
メソアメリカに実際に訪れられての裏話、このタイミングでしか聞けないお話し。
今回、あすわ限定で少人数のお話し会という形で、限定開催していただきます!
このチャンスをお見逃しなく!!
しかも、2日間の勉強会終了後には、土方さんを囲んでの懇親会も開催します!!

主な内容(予定)
6章構成からなる勉強会になる予定です。
(1)始まりのマヤ~クエヨからエル・ミラドールへ~
(2)マヤ黄金期
(3)メキシコ中央高原の文化
(4)古典期から後古典期へ
(5)神々の肖像
(6)永遠のマヤ~現代へ~

あすわセミナールームへ!
向かいます!

二日目、行ってきまーす!

 

 

 

 

神戸のあすわマヤンカレンダーリーダーKU-KOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります