こんにちは。
スーパーアマチュアシンガーの
Madokaですお願い


ここのところ、音取りのクセを治す方法。を取り上げていたのですが、私にはもう一つ治したい長年のクセがありまして。

それは、、、


朝がめっぽう弱い!!


さすがにこれは治らないだろうと思っていたのですが、ついに今年は念願であった、『早起きは三文の徳。』生活を味わっています照れ


なんとこれも、意識で変えられるんです。


朝起きれないのは、、、


朝早く起きたいと思う理由がなかったからなのです!!


最近は朝したいことができたので、その為に起きる、という選択をしています。


おかげで今日は早すぎて、もはや夜明け前。。

極端すぎる!


もし、何らかの生活改善したいなぁ、と思われている方は、そうしなければいけない状況を作れないか?と、考えてみるのもいいかもしれませんニコ



さて。繋いで歌うために音楽の聴き方を変えてみているのですが、実はもう一つ、私が繋いで歌えていない理由がありました。


それは、、、


お腹がちゃんと使えてない!です。


『繋げて歌う』というのは、フレーズで繋げるということに気づいたワケなんですが、同時に息も繋がってるってことなんですね。


ワンフレーズ歌う時に、音を息に乗せていられるか。そしてちゃんと吐き切れるか。


そして、息をコントロールするには、お腹を使うことが必要なんです。


ちょうど先日のα-STARSのゴスペルレッスンでのこと。長谷川繁先生が歌っている時の腹筋の動きをみせてくれたんですが、

すんごい使われてた!!
お腹のインナーマッスルが。


この時は繋げながらも子音を飛ばして歌う時の腹筋の動きを教えてくれてたんですが、ここまで動くんですねキョロキョロというくらい柔軟に動く腹筋たち。


そういえば、ボイトレの時も吉田英樹先生から『お腹で支える』ってのをよく言われていたんです。


『インナーマッスルを動かす』、『お腹で支える』と先生方が教えて下さってたんですが、、、


そもそも筋肉量が少ないわたし!!


動かしたり支えたりするお腹の筋肉が、先生たちよりも圧倒的に少ないんです。


だって女の子だもんおねがい


だからより一層、意識しないと!!


(筋肉ない人は、ある人よりも何倍も意識しないと!という事を最近教えていただいたところでした。)


で、試しに腹筋を意識して歌ってみると、今までどれだけお腹を使って息を吐き続けることを意識していなかったかわかりました。


結局、お腹が使えてなかった!!

腹筋がうまく使えてないから、息を吐き出し続けられず、ぶつ切り歌いに逃げてしまっていたようです。


そういえば、2年前にNYでボイトレした時のことを思い出しました。あの時、黒人の先生にも、お腹使えてないって言われてたびっくり


しかも、そのやり方をちゃんと教わってた!


それを思い出したので、次回はお腹をちゃんと使うにはどうしたらいいのか。です。



【今日のあとがき】
最近のプログ記事を見てくださった方が、同じように一音一音、音を取っていると気付いた、という方がいてコメント下さいました。

めっっっちゃ嬉しかったですラブ

共感してくれる方がいたんだぁ。自分のクセがあるなんて、誰かと比較しなければわからなかったです。

私のやり方が正解がどうかはわかりませんが、もし何らかのヒントにでもなっていたら、ガッツポーズしちゃう爆笑

出来ないことを出来ないままにしない。そうやって探求するのが、結構好きなんだなぁって思いますお願い



Madoka