ある泌尿器科開業医のひとり言

ある泌尿器科開業医のひとり言

大阪の泌尿器科開業医が泌尿器科関連の事や
趣味の音楽に関してつぶやいてます。

前の記事でも書いたように、”レココレ誌 RCサクセション特集”を読んでから、

最近は夜寝る時はRCばっかり聞いてます。

 

RC特集の記事でも書きましたが、ライブはなぜか「ラプソディ-」発売後のライブにしか

参戦してないこともあって特にライブDVDに興味がありアマゾンを覗きましたが、

もうほとんど新品はなかったので、アマゾン・マ-ケットプレイスやヤフオクでとりあえず

写真の3作品を購入しました。

 

 

いずれもCDは持ってるんですが、やはり映像を見ると興奮しますね。

 

では、写真左から順に紹介を。

 

SUMMERTOUR ’83 渋谷公会堂 ~KING OF LIVE COMPLETE~」(2016年発売)

これはわりと最近発売されたものですが、ヤフオクで新品未開封でほぼ定価で買えました。

これはまだ見れてないんですが、RC全盛期のライブで、今週末にでも見ます。

このDVDのダイジェスト映像がありましたので、ご覧ください。

 

 

 

the TEARSOF a CLOWN](1986年発売)

このライブCDも大好きな1枚。

特にこのライブの売りは3rdアルバム「シングル・マン」に収録されている名曲”ヒッピ-に捧ぐ”が

演奏されてること。(この時ぐらいしかライブでは演奏されてないんじゃないかな)

清志郎が亡くなった時はこの歌を何回も聞いてました。

 

 

 

コブラの悩み」(1989年発売)

これは問題作「COVERS」発売後のライブで、これのみLDからの買い替え。

たった8曲しか収録されてなく、CD「コブラの悩み」とは収録曲が違います。

しかし、オープニングのボブ・ディランのカバー”アイ・シャル・ビ-・リリ-スト”はやはり痛快だ。

「COVERS」を発売しなかった東芝EMIのことを思いっきり皮肉ってます。

 

 

ぜひこの曲は歌詞も見てください。

 

 

頭の悪い奴らが 圧力をかけてくる
呆れてものも言えねえ
またしてもものが言えない
権力を振り回す奴らが またわがままを言う
オレを黙らせようとしたが
かえって宣伝になってしまったとさ

日はまた昇るだろう このさびれた国にも
いつの日にか いつの日にか
自由に歌えるさ

はめられて消されたくはない
好きな歌を歌って
いろんな所にいって
見てきたものを歌うだけさ

日はまた昇るだろう このさびれた国にも
でたらめな国にも
いつの日にか いつの日にか
自由に歌えるさ

頭のいかれた奴らが 世の中を動かして
このオレの見る夢を 力で押さえつける

日はまた昇るだろう 東の芝にも
いつの日にか いつの日にか
自由にうたえるさ

日はまた昇るだろう このさびれた国にも
この貧しい国に
いつの日にか いつの日にか
自由をうたえるさ

日はまた昇るだろう このさびれた国にも
いつの日にか いつの日にか
自由を・・・

 

 

やっぱり、RCサクセションは最高だったなぁ

と思います。

 

 





 

 

レココレ誌のRCサクセション特集を見てからは、RC三昧の毎日が続いてます。

特にRCと言えば、ライブ!

とりあえず、3枚のライブDVDをオ-ダ-したんですが、

ヤフオク中心にオ-ダ-したせいか、まだ2枚のDVDが届いてない。(ブン・ブン・ブン)

 

ということで、つなぎで1980年の「ラプソディ-」でブレイク直前の1979年の渋谷屋根裏のライブ音源を。

 

昔は共有ソフト(私の場合は"Cabos")で、いろんな音源がDLできました。

この「渋谷屋根裏 19791027」も何回聞いたことか。

You Tubeにそんな音源がアップされてました。

 

 

[00:00:00] 01.よォーこそ 
[
00:07:03] 02.ロックン・ロール・ショー 
[
00:12:02] 03.上を向いて歩こう 
[
00:15:55] 04.弱い僕だから 
[
00:21:20] 05.Sweet Soul Music 
[
00:28:41] 06.ボスしけてるぜ 
[
00:32:55] 07.ラプソディー 
[
00:37:38] 08.MC(Voice of KIYOSHIRO) 
[
00:41:07] 09.夜の散歩をしないかね 
[
00:45:06] 10.お墓 
[
00:51:45] 11.たとえばこんなラヴ・ソング 
[
00:56:34] 12.いい事ばかりはありゃしない 
[
01:03:12] 13.君が僕を知ってる 
[
01:07:58] 14.ステップ! 
[
01:13:57] 15.スローバラード 
[
01:18:44] 16.雨あがりの夜空に 
~ENCORE~ 
[
01:23:42] 17.エネルギー Oh エネルギー 
[
01:26:50] 18.キモちE 

RCサクセション:
 忌野清志郎(Lead Vocals, Harmonica)
 林小和生(Bass Guitar, Backing Vocals)
 新井田耕造(Drums)
 小川銀次(Lead Guitar, Backing Vocals)
 仲井戸麗市(Side Guitar, Backing Vocals) 
Special Thanks To:
 ゴンタ2号(Keyboards, Backing Vocals) 
Great Thanks To:
 岡部好(Photography) 
Live Recorded At:
 渋谷屋根裏(October 27, 1979)

 

※You Tubeのサイトで聴けば、チャプター機能が使えます。

 (35) RC SUCCESSION LIVE AT SHIBUYA YANEURA 1979 [Audio Only] - YouTube

 

 

 

渋谷屋根裏のライブ音源は他にもあって、”19790126”の音源となってますが、

おそらくこれは間違いで、1980年の”最後の屋根裏での4日間連続ライブ”の音源だと思うのですが・・・。

(セットリストから見ても)

(35) RC SUCCESSION ライブ  よオーこそ 屋根裏ベイベー! 1979年1月26日 - YouTube

 

いずれもまだ梅津和時は参加してませんが、もう「ラプソディ-」があんなに盛り上がってたのは、

突然ではないというのがわかる音源です。

 

いまだにこんな音源が聴けるなんて、ほんま幸せです。

 

P.S.(1/19)

1979年1月26日とされる音源はやはり同日で間違いなさそうです。

ライブ音源を聞いてると、この時期に小川銀次が参加してるようなので。

と、言うことは”最後の屋根裏での4日間連続ライブ”というものが

別にあるようですね。

 

 

先日の斎藤和義の記事の”メッセージ・ソング”つながりで。

昔からメッセージ・ソングを歌うミュ-ジシャンというのはたくさんいて、

私の知る限りでは岡林信康や加川良など。

でも私の世代にあったメッセージ・ソングを歌うミュージシャンと言えば、やっぱり忌野清志郎!

そんな彼がメッセージを発し始めた最初が、RCサクセションの1988年発売の「COVERS」だと

思ってます。

 

 

多くの人がご存知のように、原発事業が当時主力のひとつだった所属会社の東芝EMIからは

発売されず、古巣のキティから発売されたといういわく付きの作品。

 

それではその問題となった”サマータイム・ブルース”を。

 

 

2011年に起こった東日本大震災をもうすでに予期してたような清志郎のこの作品。

やっぱり、清志郎はすごかったと言わずにはおれません。

 

その後もソロになって、メッセージ色がさらに強くなった清志郎。

やっぱり、スゴイ人でした。

 

では、最後に手前みそになりますが、清志郎がソロになってもこのアルバムに収録されている

”イマジン”の歌詞で歌っていた曲をカバーした私の2011年の50歳の時の”大人の文化祭”で

歌った私のカバーの音源を聞いてやってください。

 

      

昨年はコロナウイルスの流行に振り回され、

いまだその勢いは留まることを知らず。

明日には2回目の”非常事態宣言”が発令されそうですが、

おそらく昨年4月の1回目の”非常事態宣言”と違い、あまり効果のない宣言になるかと思います。

(昨年の”非常事態宣言”は誰もよくわからないウイルスの流行に加え、志村けんさんのような有名人が

亡くなるというインパクトがありましたから、国民がしっかり国の宣言に従いましたから)

流行を止めるには極端には”ロックダウン”ぐらいまでする必要があると思いますが、

そうすると経済界が止まってしまう。まさに、国のトップとしてはその決断に困惑してしまうのも

よくわかります。

今回の問題。自然災害なので、誰にクレームをつけるという問題ではないのですが、

もし忌野清志郎が今でも生きてれば、何かのメッセージを発信したと思います。

 

清志郎亡き今、かつて記事にした斎藤和義がメッセージを発信してました。

FMでもこの曲が最近よく流れてたので、気になってました。

中後年で洋楽を知ってる方ならすぐに”ニ-ル・ヤング”調とわかるこの曲。

ぜひ、一度聞いてみてください。(歌詞も添付しときます。)

 

 

2020 DIARY

作詞 / 作曲:斉藤和義 編曲:斉藤和義

緊急事態宣言が始まったばかりの頃 
僕はずっとガレージで ギターを作ってた
音が出た時の感動は まるで13才の頃のよう
窓の外にはいつも 透き通るような青空 

パンデミック クラスター オーバーシュート ロックダウン
聴き慣れない横文字が パフォーマンスに使われて
夜の街やライヴハウスが 槍玉に挙げられる
いつも通り官僚は 杓子定規でぼんやり
真面目な顔で誇らしげに マスクを二枚配る人 

もしも総理大臣が半沢直樹だったら
いったい何倍返しだろう 誰に土下座させるんだろう
まぁそれより冷静に、そして寛大に、誇りを持って 一つになって 

辛いことの後には いいことあるはずさ
昔からそう言うだろ きっと本当のことだから

憶測ばかりのワイドショー 無闇に不安を煽る
冷静さを失った人が 我先にと買い占めに走る
イライラ募らせた人は 鬱憤をネットにぶちまけて
相変わらずの汚い言葉で それぞれの正義を振りかざす
藁人形に呪いの釘を打って アドレナリンで快感の中

そんなことしたってウイルスはなくならないのに
そんなことしている場合じゃないのに 
もっと冷静に、そして寛大に、働いてくださる皆さんに心から感謝しなくちゃ

辛いことの後には いいことあるはずさ
昔からそう言うだろ きっと本当のことなのさ

いつかマスク外して 君とまた会えたら
もっと側に近づいて 抱きしめ合おうよ 会おうよ

緊急事態宣言が始まったばかりの頃 
窓の外にはいつも 透き通るような青空

 

 

レコード・コレクターズ誌は昔は毎月買っていたが、

いつのころからかよほど興味のあるものしか買わなくなった。

 

先日、アマゾンのサイトでたまたま2021年1月号がRCサクセションの特集だと知り、

速攻で購入した。

 

 

1970年3月にシングル”宝くじは買わない”でデビュ-してるので、昨年結成50周年と言うことで、

特集が組まれたようだ。

でも私はRCのことは1980年の「ラプソディ-」で知ったので、フォ-ク時代のRCのことはあまり知らない。

(「シングル・マン」だけは後追いで購入したが)

「ラプソディ-」は衝撃的なアルバムだったし、当時御堂会館に今の嫁さんと観に行った。

(高3か浪1の頃だから、いかに勉強してなかったかがわかりますなぁ)

そりゃ、もう熱気ムンムンのライブでした。

それからのアルバムはレンタルも含めすべて聞いていたが、

なぜかライブには参戦してなかった。

1990年発売の「Baby a Go Go」ではすでに新井田耕造とGee2woの2人は脱退しており、

この時のツアーを収めた「ミラクル」はLDで購入したが以前のような輝きはもうなかった。

そしてRCは1991年に無期限活動休止を表明。

 

清志郎がソロ活動に入ってからは疎遠になっていたが、

2006年7月に喉頭癌であることがニュ-スになった頃から、また清志郎のことが気になってきてた。

それが2008年2月に日本武道館で『忌野清志郎 完全復活祭』を開催し、チャボと耕ちゃんが

参加していることを知り、「これは絶対観たい」と必死にチケットを探し、当時ヤフブロで”し-やん”と

いう人からチケット余ってますとの連絡を受け、なんと原価でチケットを譲ってもらい、

忌野清志郎 完全復活祭 @ 大阪に参戦できました。

それからはまた清志郎のことをたくさん記事にしました。

(私のブログで”清志郎”で検索していただくと、その数に驚いてもらえると思います。)

 

しかし、悪い予感があたり、清志郎は2009年5月2日に天に旅立ってしまいました。(享年58歳)

でも亡くなってからも、発売されるアイテムはほとんど購入してると思います。

 

私にとって、RC時代の思い出の1曲をあげるとすると、これはどこかにも書いたと思いますが、

”トランジスタ・ラジオ”かな。

医学部入学という当時はとてつもない目標に向かって、一浪の時はうちの高校は半分は浪人するような

感じだったんで、のんびりしてたんですが、さすがに二浪目に突入が決まった時に、

「このままの環境ではあかん」と親に無理を言って、京都の駿台に入り寮生活を始めたのでした。

(結局、その後実家に戻ることはありませんでした。)

でも、気合を入れて京都に乗り込んだのはいいんですが、入学当時はなんかやる気がなく、

♪授業さぼって、屋上でタバコの煙とても青くて♪ってな具合で。

(まぁ、その後も結局1年下の寮生と仲良くなり、楽しい寮生活してました。まぁ、あれでよく医学部に

入学できたもんです。私の運はあの時にすべて使ってしまったんだと思います。)

 

最後はちょっと話がそれてしまいましたが、”トランジスタ・ラジオ”の画像貼っときます。