松原湖高原☆風だより

松原湖高原☆風だより

松原湖高原(八ヶ岳・東麓)からお送りする
四季折々の朝風

ようこそ! 「松原湖高原☆風だより」へ

松原湖、松原湖高原、八ヶ岳、小海線沿線に関わる、とりとめのない情報や思いを、気の向くままにお送りするつもりです。

また、都内での日常生活関連、趣味や日々の雑感についても、折に触れて記すことにします。

よろしくお願いします。            
       
                                                        
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 長野県 BlogRank

(C)風だより 2014-2019 All Rights Reserved.
 
一昨日、残暑がやや戻った午後、

神楽坂まで出かけた。

目的は、友人(S君)のギャラリーを訪れるため。

ギャラリーの名は、「相生坂ギャラリー」。

地下鉄東西線神楽坂駅から徒歩数分、

JR飯田橋駅から徒歩10分ほどのところにある。


以下、当該ギャラリーのPRを兼ねて。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


飯田橋駅からギャラリーまでのルートは、

3つほどありそうだった。

★ 地下鉄東西線に乗り換えるコース。

 一つ目の神楽坂駅で降りて

 徒歩にて4分ほどか。

★ JR飯田橋駅西口から歩いて行くコース。

 神楽坂を登り、神楽坂上交差点を直進、

 地下鉄東西線・神楽坂駅へ。その先は

 最初のコースと同じ。

★ 飯田橋駅東口から歩いて行くコース。

 大久保通りを進み、筑土八幡交差点を渡って

 参道右手の細い道を進み左折すると、

 200mほど先に。


筆者は、最後のコースを選んだ。

プリントアウトした地図を見ながらゆっくりと。

やや汗ばむくらいの陽気。

10分弱くらいで到着した。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ギャラリーの入口。


相生坂ギャラリー・入口①


相生坂ギャラリー・入口②




訪れた日は、ちょうど、「蚤の市」を開いていた。

S君が、国内及び以前駐在していた英国で

収集した骨董品が中心だという。



「蚤の市」のPOP




店内に入ると、奥様が店番をされていた。

交代で店番を務めるのだそうだ。

S君を呼んでもらった。



ギャラリー内部。


相生坂ギャラリー・内部①


相生坂ギャラリー・内部②


相生坂ギャラリー・内部③



趣味で集めた品々だという。

このほかにも多数ある由。

さぞ置き場所に困るだろうなというのが、

率直な感想。

話では、保管場所を借りているとのことだった。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



今後のギャラリー・イベントについて、

S君から話を聞いた。


★ S君の自主イベントとしては、次の二つ。

 ● 絵画関係 適宜。

 ● 蚤の市 年に3回ほど(3連休のときなどに)。

★ 貸しギャラリーとしてのイベント。

 こちらは借りた方次第だが、

 実績としては、映画上映などがあった由。


なお、利用料金などは、下記の<参考>を

ご参照されたい。


<参考>

「相生坂ギャラリー」の概要

★ 利用料 

   1日 1万円(原則3日以上)

   学生割引あり

★ 利用内容 

   絵画、美術品の展示、

   物品の販売(販売手数料は不要。)     

★ 詳しくは、下記の連絡先にお尋ねのこと。

  住所 新宿区東五軒町2-12
  電話 03-6457-5659
  HP    http://www.aioizakagallery.com




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



S君と長々話していたところ、

お客さんが入ってみえたので、

それを機に、おいとました。




                       (つづく)



▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲




筑土とはつくどと読むのか交差点汗拭きながら細道を行く

                           詠み人:樺風