経済DV・母娘問題からの解放~セラピスト税理士の「おカネ」のカラクリ

税理士・ライター・心理セラピストとして活動している鈴木まゆ子です。経済的DV・母娘問題・親子関係・夫婦関係・お金の心理がを扱っています。


テーマ:

こんにちは。



東京を拠点に

お金と心理を専門とする

税理士&心理セラピスト

鈴木まゆ子です。

 

 

以下の内容で「絶望」について書いています。

 

 

 

 

1.心理セラピーで言う「絶望」とは何か

2.「絶望」の前段階に二次利得がある

3.なぜこの「絶望」が大事なのか

4.絶望とは生きることを諦めることではない

5.その他

 

 

今回は、

 

3.なぜこの「絶望」が大事なのか

 

についてお伝えします。

 

 

 

 

 

3.なぜこの「絶望」が大事なのか

 

 

 

「無意識レベルから変えていくには

幼少期の感覚の状態を呼び起こし、

そのとき何が起こっていたのか、

なぜ起こっていたのかを

見ていく必要があるのです。

 

そして見ていく過程で

「絶望」が生じます」

 

 

 

 

前回、このようにお伝えしました。

 

 

 

見ていく過程では、

でお伝えしたような

現象が生じます。

 

 

 

「愛されていたと思っていたのに私は利用されていただけだった」

「私がいてもいなくても元から家族はバラバラだった」

「お母さんは幸せになるつもりなど元々なかった」

 

 

 

あれほど頑張ってきたのに!!!

あれほどお母さんのお世話をしてきたのに!!!

「家族のため」と思って自分を押し殺してきたのに!!!

 

 

 

ムダじゃんか!!!!

 

 

 

 

それまでの努力、

それまでのがんばり、

それまでの自分の人生、成功体験が

一気に崩れるかのような感覚に陥ります。

 

 

 

これが、絶望です。

ハッキリ言って、しんどいです。

 

 

でも、これ、必要なんです。

 

 

なぜか?



「自分本来の人生を生きたい」

と願う場合、

「誰かのための人生」をやめなくてはならないから。

 

 

 

誰かのための人生の上に

自分本来の人生は成り立たないからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「私ががんばったら家族がまとまる」

「私がお世話すればお母さんは幸せになる」

 

 

 

セッションを受けると

これが幻想だったということが

理屈でなく体感で分かります。

腑に落ちるのです。

 

 

 

幻想だということを

どこかでうすうす分かっていた。

でも、手放せなかった。

 

 

 

それ、つまり

「親の幸せ」「家族の幸せ」が

自分の生きる原動力であり

生きる目的や理由になっていたからです。

 

 

 

幻想を手放すと無力感に陥ります。

抜け殻にもなります。

 

 

 

けれど、絶望したからと言って

あなたの心臓が止まるわけではありません。

あなたの身体の血液が廻らなくなるわけではありません。

 

 

「この世に生きている事実」は変わらないのです。

 

 

 

絶望しているとき、

あなたはおそらく

もう恐怖をにぎりしめてはいないはず。

 

 

 

恐怖でガチガチに

固めていた身体が緩み、

生きている身体が

生きている感覚を

呼び覚ましてくれます。

 

 

 

 

恐怖が強いあまりに

これまで感じていなかった

食べ物の味が感じられるようになり

気づかなかった風景の変化を感じ取れるようになり

疲れた体の声を聞いて休めるようにもなります。

これまで、無視したり気づかないことにしていた

パートナーや友人たちの愛情も

受け取れるようになるかもしれません。

 

 

 

 

体感覚を通して、彩りあふれる

この世に生きている実感を得られるようになると

そこから「自分はどんな人生を歩みたいか」

をじっくり考えられるようになります。

 

 

 

そこからが、本来の人生のスタートです。

 

 

 

繰り返しになりますが、

誰かのための人生の上に

あなた本来の人生は成り立ちません。

 

 

 

誰かのための人生を手放すには

それまで握りしめていた幻想を手放すには

「絶望」は必要なプロセスなのです。

 

 

 

 

これ以外については後日お伝えしますね。

 

 

 

 

 

 

ではでは、また~。

 

 

 

■心理カウンセリング・セッションモニター募集中■

 

リトリーブサイコセラピーによって、

私の人生は大きく変わりました。

 

 

罪悪感だらけで息苦しく、

自殺未遂や家出を繰り返していた人生から

家族や友人たちとあたたかくつながる毎日へ。

 

 

お金の悩みや経済的DVに限らず、

お悩み解決のお手伝いをさせていただいています。

 

心理カウンセリング・セラピーセッション

のお申し込みは>>>コチラ

 

 

 

 

 



 

 

下矢印下矢印お金とココロに関する質問はコチラ下矢印下矢印

ブログ上で無料でお返事させていただきます。

(お名前についてはイニシャル表記となります)


 

・mayusuzu8★★gmail.com

(★★を@に変更して送信してください)

お問い合わせフォーム

アメブロメッセージ

・QRコードから↓↓

 

 



 

 

 

 

 
■カウンセリングやセッションを受けられない方へ■
 
 
経済的な理由や、介護・育児などの事情により
 
「カウンセリングやセッションを
受けたいけど受けづらい」
 
という方には以下がオススメです。
 
 
 
1.カズ姐さんの本を読む
 
今年、カズ姐さんが心理の深いところに
ついて記した本を出版しました。
心理初心者の方にも、専門用語抜きの
分かりやすい内容となっています。
ミニワークもついているので、
カンタンなセルフセラピーをすることも可能です。

 

 

 

怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる

怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる
1,512円
Amazon

 


kindleでも販売しています。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる [ 大鶴和江 ]

怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる [ 大鶴和江 ]
1,512円
楽天

 


 
 
 
2.全国各地の1DAY講座や講演に足を運ぶ
 
 
現在、リトリーブサイコセラピーでは
日本の全国あちこちで
1DAY講座や講演を行っています。
1DAY講座では、オープンセッションという
公開の心理セッションを行っています。
これを見るだけで、自分の問題に気づいたり、
潜在意識が動いたりすることも。
地方にお住まいで身動きの取りづらい方、
1日だけ、心理に触れる時間を
持ってみてはいかがですか?


その他、大阪や東京などで
2日間集中ワークショップを
定期的に開催したりもしています。
 
 
詳細はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。



東京を拠点に

お金と心理を専門とする

税理士&心理セラピスト

鈴木まゆ子です。

 

 

以下の内容で「絶望」について書いています。

 

 

 

 

1.心理セラピーで言う「絶望」とは何か

2.「絶望」の前段階に二次利得がある

3.なぜこの「絶望」が大事なのか

4.絶望とは生きることを諦めることではない

5.その他

 

 

今回は、

 

2.「絶望」の前段階に二次利得がある

 

についてお伝えします。

 

 

 

 

2.「絶望」の前段階に二次利得がある

 

 

 

心理セラピーセッションでの「絶望」とは、

自分本来の人生を「どうせダメだ」と

諦めることではありません。

 

 

むしろ逆で

 

 

「本来の自分を生きるためには

まず、これまで握りしめていたものに『絶望』する必要がある」

 

 

 

 

と考えます。

 

 

 

これまで握りしめていたものとは何か?



苦しいながらも、

その苦しさをもちながら

生きることについての「メリット」です。

 

 

 

 

心理用語で「二次利得」と言います。

 

 

 

こんなケースを言います↓↓

 

 

 

☑かわいそうなお母さんのグチ聞き役をずっとしてきた。苦しいけどやめられない

→お母さんの役に立つことでお母さんが喜んでくれる、愛してくれる(=二次利得)

 

 

☑冷たい家族の中、誰にも見てもらえないけど、雰囲気の盛り上げ役をやっている

→そうすることで家族がバラバラにならないでいい、一人ぼっちにならないくていい(=二次利得)

 

☑できない私でいることで、お母さんがずっと過保護だった

→できない私でいればお母さんは私のそばにいてくれる、見てくれる、そしてお母さんが役割を見つけて生きる喜びを感じてくれる(=二次利得)

 

 

 

 

昨日の事例で挙げた私の場合、

 

 

 

「罵倒されて苦しいけど、がんばっていれば、お母さんは喜んでくれる、私を愛してくれる、そしてお母さんは孤独にならないし、死なないでいてくれる」

 

 

 

というのが二次利得でした。

 

 

 

 

母は私が幼いころから

祖母や兄弟姉妹の悪口を

よく言っていました。

 

 

 

その様子から、私は

「お母さん、さびしくて一人ぼっちなんだな」

というのをなんとなく感じとっていました。

 

 

 

そして、4歳のときに、突然母から

「まゆこ、一緒に死のう」

と言われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ものすごく怖かった。

同時に、「お母さんをどうにかして助けなきゃ!」と思いました。

 

 

 

 

だって母がいなくなったら暴力的な義父と二人きりになってしまいます。

それは死ぬほど怖い。

そして親戚は誰もあてにならない。

だって皆嘘つきだったから。

 

 

 

 

 

お母さんには生きていてもらわないと困るのです。

 

 

 

そして、私はお母さんを助けるために

必死にがんばる人生を始めました。

 

 

 

がんばり続けて報われることもあれば

報われないこともありました。

 

 

 

「がんばることが幸せになる唯一の道」

と信じていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、子どもの母親になり、

ふと周りを見回したとき

「あれ?おかしいな」と感じました。

 

 

他のママたちはそんなにがんばっていなくても

とても幸せそうなひとが多かったのです。

 

 

 

「がんばることが唯一の幸せの道」

という価値観は音をたてて崩れました。

 

 

 

そして、がんばるのをやめようとした。

 

 

でも、うまくいかない。

 

 

 

がんばるのをやめて毎日を楽しもうとしても、

どこか必ず「評価」を求めているのです。

 

 

それが、無意識のなせるワザでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

その無意識の根底には

先ほど述べたようなメリット、つまり

二次利得が影響していました。

 

 

これは、理屈や行動で

無理やり変えようとしても

難しいのです。

 

 

無意識は行動の90%に影響します。

そして、理屈ではなく感覚が作用します。

感覚で「快」と選んだものを

選択し続けるのです。

 

 

無意識レベルから変えていくには

幼少期の感覚の状態を呼び起こし、

そのとき何が起こっていたのか、

なぜ起こっていたのかを

見ていく必要があるのです。

 

 

そして見ていく過程で

「絶望」が生じます。

 

 

 

 

続きは後日。

 

 

 

ではでは、また~。

 

 

 

■心理カウンセリング・セッションモニター募集中■

 

リトリーブサイコセラピーによって、

私の人生は大きく変わりました。

 

 

罪悪感だらけで息苦しく、

自殺未遂や家出を繰り返していた人生から

家族や友人たちとあたたかくつながる毎日へ。

 

 

お金の悩みや経済的DVに限らず、

お悩み解決のお手伝いをさせていただいています。

 

心理カウンセリング・セラピーセッション

のお申し込みは>>>コチラ

 

 

 

 

 



 

 

下矢印下矢印お金とココロに関する質問はコチラ下矢印下矢印

ブログ上で無料でお返事させていただきます。

(お名前についてはイニシャル表記となります)


 

・mayusuzu8★★gmail.com

(★★を@に変更して送信してください)

お問い合わせフォーム

アメブロメッセージ

・QRコードから↓↓

 

 



 

 

 

 

 
■カウンセリングやセッションを受けられない方へ■
 
 
経済的な理由や、介護・育児などの事情により
 
「カウンセリングやセッションを
受けたいけど受けづらい」
 
という方には以下がオススメです。
 
 
 
1.カズ姐さんの本を読む
 
今年、カズ姐さんが心理の深いところに
ついて記した本を出版しました。
心理初心者の方にも、専門用語抜きの
分かりやすい内容となっています。
ミニワークもついているので、
カンタンなセルフセラピーをすることも可能です。

 

 

 

怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる

怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる
1,512円
Amazon

 


kindleでも販売しています。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる [ 大鶴和江 ]

怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる [ 大鶴和江 ]
1,512円
楽天

 


 
 
 
2.全国各地の1DAY講座や講演に足を運ぶ
 
 
現在、リトリーブサイコセラピーでは
日本の全国あちこちで
1DAY講座や講演を行っています。
1DAY講座では、オープンセッションという
公開の心理セッションを行っています。
これを見るだけで、自分の問題に気づいたり、
潜在意識が動いたりすることも。
地方にお住まいで身動きの取りづらい方、
1日だけ、心理に触れる時間を
持ってみてはいかがですか?


その他、大阪や東京などで
2日間集中ワークショップを
定期的に開催したりもしています。
 
 
詳細はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。


東京の税理士そして

リトリーブサイコセラピーⓇ

心理セラピストの鈴木まゆ子です。

 

 

 

本日は、講座のご案内。

 

 

今回のテーマは「好きを仕事に」となります。

 

 

 

宇宙人しっぽ宇宙人からだ宇宙人からだ宇宙人からだ宇宙人からだ宇宙人からだ宇宙人あたま

 

 

 

「好きを仕事にしたい!」

 

 

 

こういう方は今とても多いです。



2014年の調査では

「好きを仕事にしている」

人が全体のおよそ4割

という結果が出ました。

 

 

 

 

参考リンク:「好きなことを仕事にしている人は約4割」(マイナビニュース)

 

 

 

 

また、2015年の別の調査でも

約3割が「好きなことで仕事をしている」

という結果が出ています。

 

 

参考リンク:「好きなことを仕事にできていますか?」(しらべぇ編集部)

 

 

 

 

(画像はしらべぇさんのサイトからお借りしました)

 

 

「3人に1人が好きなことを仕事にできている」

と考えることができるかと思います。

 

 

が。

 

 

言い換えると、3人に2人は

「好きなことで仕事にできていない」

ということになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は20年かけてやっと

好きなことを仕事にすることができました。

 

 

 

20代で最初入ったのは

ドン・キホーテという

ディスカウントストアの会社でした。

 

 

 

「好きとかそんなのどうでもいい」

「認められればそれでいい」

 

 

 

そう割り切って入社したのですが。。。。

 

 

 

毎日15時間(以上)労働、

がんばっても売れない商品、

休まらない身体、

人間関係の悩みなどなど

 

 

「評価」「お金」だけでは

片づけられない苦しさが

どんどんたまっていきました。

 

 

 

 

「同じ人生を生きて

同じお金を稼ぐにしても

好きなことで生きるか

キライなことで生きるかで

全然違うんだ」

 

 

 

そんなことに気づきました。

 

 

 

おりしも、そのとき会計に出会い、

これだ!と思って突っ走り始めました。

 

 

 

その後、受験生活、

妊娠・出産、開業へ。

 

 

 

税理士として「好きなこと」を

仕事にできた「はず」でした。

 

 

 

しかし、その税理士業でも

色々と悩むことになりました。

 

 

 

目の前にあるのは「苦手」ばかりで

「好き」「楽しい」が感じられなかったから。

 

 

 

 

そしてその根本には

親子関係への苦しみがあることに気づき、

リトリーブサイコセラピーの門を叩きました。

 

 

 

 

これと並行して、ある日、

何気ないきっかけで

ライター業を始めることに。

 

 

 

 

執筆した記事が

Yahoo!ニュースヘッドラインの

2位にランクインしたり

記事がきっかけで

取材を受けたり出版したり

ラジオでお話する機会にめぐまれました。

 

 

 

今は、自分の心と向き合い

家族との生活を基盤にしながら

楽しく「好き」で仕事ができています。

 

 

 

 

ここに至って気づいたことがひとつ。

 

 

 

「私のアタマで考えた『好き』ではたぶん幸せになれなかった」

 

 

 

ということです。

 

 

 

「好き」にも実はいろいろあります。

これを一つ間違えると

楽しくなるはずが苦しくなってしまうのです。

 

 

 

 

その答えは潜在意識にあります。

 

 

 

 

今回の講座では、

その自分本来の「好き」を探りつつ

好きを仕事にしながら

どうしたら幸せに生きていくことができるのか?

についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

この2時間で悩みは完全解決しなくとも、

その糸口がみつかり、

重荷が少しラクになるかもしれません。

 

 

 

 

 

講座「好きを仕事にする」ための心理学

 

【内容】

 

・好きを仕事にするときに見るべきポイント
・お金と心の関係~潜在意識のお話

・「好きで仕事」をするときやるべきことイロハ(税務・営業・日常など)

・好きを仕事にするための自分ポイントを知るワーク

 

※内容は変更することがあります。

 

 

【こんな人にオススメ】

 

☑好きなことで起業したい
☑稼ぐためだけの仕事をやめたい
☑好きなことをしているけど趣味で終わっている

☑家族との生活のバランスが難しい

☑自分の「好き」が分からない

☑自分の「強み」が分からない

☑副業で好きなことを長く続けていきたい

☑好きなことで楽しく生きていきたい

☑「好きで起業」の現実を知りたい

☑好きで仕事をして「どうなりたい」がない

☑自分なりの成功が分からない

 

 

【こんな人は向きません】


・なんでもいいから稼ぎたい人

・ただかまってほしいだけの人

・好きを趣味と割り切っている人

・フワフワと生きていきたい人

 

 

 

【詳細】

 

 

■Skype講座

 

 2017年12月20日(水)19:00~22:00(多少前後する可能性があります)
 ※参加するにあたっては、SkypeIDを持っていること、資料をプリントアウトできる環境が必要です。

 ※どうしてもプリントアウトが難しい方は、その旨をメッセージにてご連絡ください。 
 

 定員:4名

 

 

■対面講座

 

 2017年12月17日(日) 13:00~16:00(多少前後します)
 場所:東京都内(詳細はお申し込み後にお伝えします)

 

 定員:4名

 

 

【参加費】5400円(税込)※事前振込制


 

 

 

 

お申込みは<<<<コチラ

QRコードはコチラ↓↓↓

 

 

 

 

好きを仕事にするとき、

イチバン大事になるのは

 

 

「本当のココロの声」

 

 

です。

 

 

そのココロの声は

「誰かに認めてもらうため」

「居場所を得るため」

ではなく

 

 

「誰が何と言おうと私はこれがしたい!」

 

 

という強い想いです。

 

 

それだけでも突っ走ってもいいのですが。。。

 

 

このとき「あるもの」に気づいていると

「好き」で生きていくことが

よりラクに、楽しくできるようになるのです。

 

 

 

みなさまのご参加、お待ちしております!

 

 


 

 

 

■心理カウンセリング・セッションモニター募集中■

 

リトリーブサイコセラピーによって、

私の人生は大きく変わりました。

 

 

罪悪感だらけで息苦しく、

自殺未遂や家出を繰り返していた人生から

家族や友人たちとあたたかくつながる毎日へ。

 

 

お金の悩みや経済的DVに限らず、

お悩み解決のお手伝いをさせていただいています。

 

心理カウンセリング・セラピーセッション

のお申し込みは>>>>コチラ

 

 

 

 

 



 

 

下矢印下矢印お金とココロに関する質問はコチラ下矢印下矢印

 

・mayusuzu8★★gmail.com

(★★を@に変更して送信してください)

お問い合わせフォーム

アメブロメッセージ

・QRコードから↓↓

 

 



リトリーブサイコセラピーによる

電話カウンセリングがスタートしました下矢印下矢印

 

 

電話カウンセリング

 

 

 

 

 

 

 

 

 
■カウンセリングやセッションを受けられない方へ■
 
 
経済的な理由や、介護・育児などの事情により
 
「カウンセリングやセッションを
受けたいけど受けづらい」
 
という方には以下がオススメです。
 
 
 
1.カズ姐さんの本を読む
 
今年、カズ姐さんが心理の深いところに
ついて記した本を出版しました。
心理初心者の方にも、専門用語抜きの
分かりやすい内容となっています。
ミニワークもついているので、
カンタンなセルフセラピーをすることも可能です。

 

 

 

怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる

怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる
1,512円
Amazon

 


kindleでも販売しています。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる [ 大鶴和江 ]

怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる [ 大鶴和江 ]
1,512円
楽天

 


 
 
 
2.全国各地の1DAY講座や講演に足を運ぶ
 
 
現在、リトリーブサイコセラピーでは
日本の全国あちこちで
1DAY講座や講演を行っています。
1DAY講座では、オープンセッションという
公開の心理セッションを行っています。
これを見るだけで、自分の問題に気づいたり、
潜在意識が動いたりすることも。
地方にお住まいで身動きの取りづらい方、
1日だけ、心理に触れる時間を
持ってみてはいかがですか?


その他、大阪や東京などで
2日間集中ワークショップを
定期的に開催したりもしています。
 
 
詳細はコチラ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。