こんばんは。今日は、東北地方整備局秋田港湾事務所、秋田県主催『「風」を受け、エネルギーを創り出す秋田港シンポジウム〜日本海から脱炭素社会へのフロントランナーをめざして〜』が開催されました。

 

私は、第二部のパネルディスカッションのパネリストとして参加させていただきました。

 

秋田テレビでも、イベントの様子が伝えられました。

 

日本初の大型洋上風力発電施設へ シンポジウム開催 秋田(秋田テレビ) - Yahoo!ニュース
 

秋田港と能代港は、2020年9月2日に洋上風力発電の基地拠点に指定されました。秋田港飯島地区岸壁は20年度内に完成する見通しです。

 

脱炭素化に向けた取り組みが世界で加速する中、洋上風力発電は、日本の脱炭素化の柱の一つです。今回のパネルディスカッションでは、地元への経済的な波及効果などについて話し合いました。

 

欧州の洋上風力発電プロジェクトは、自治体が主導して開発を進めていく流れがあります。

 

パネルディスカッションで、秋田県が積極的に企業の誘致や人材育成への取り組みを進めているお話も伺えました。

 

秋田港が、クリーンエネルギーの拠点港として今後発展していくことを期待しています。