幸せワインの達人講座♪林麻由美@東京青山・銀座

幸せワインの達人講座♪林麻由美@東京青山・銀座

ソムリエ・ワインエキスパート資格を取得するためのテクニックや、ワインを仕事にする方法、ワインを通して全体運を上げる方法をお伝えします。

企業、オンラインショップ、イベントにマッチしたワインセレクトやセミナーを行うソムリエ・ワインプロフェッショナル。レストランやワインショップで堂々とワイン選びができる方法、ソムリエ・ワインエキスパート資格を取得するためのテクニックや、ワインを仕事に変える方法をお伝えします。


ベル林麻由美ホームページ https://hayashi-mayumi.com/

ベル林麻由美Face Book http://www.facebook.com/Mayumi.Dohmen


ベル公式LINE 林麻由美ワイン大学 (@592aerpwでも検索できます)


ベルアカデミー・デュ・ヴァン講師紹介 こちらをクリック

ベルインスタグラム こちらをクリック

ベルグルメサイトippinキュレーター https://ippin.gnavi.co.jp/curator/hayashimayumi/


ワインセミナーについてのお問い合わせは、メッセージでお気軽にどうぞ!

ブドウ品種名を聞いても赤か白かもわからない・・・そんな超初心者からスタートした弓さんですが、「オリジナル替え歌暗暗記法」「強味フォーカス法」「仲間と息抜き勉強法」を駆使し、見事ストレート合格を果たしました。

合格後早速、高品質なニュージーランドワインを直輸入しているインポーターに就職!前職のデザインの仕事のスキルも生かして紙面作りなどにも関わり、充実の日々を送られています。

是非参考になさってください!

◆アカデミー・デュ・ヴァンに入ったきっかけ
何か勉強を始めたいな、趣味が欲しいなと思っていたときに、お酒が好きだったことと、香りを嗅ぎ分けたり楽しんだりすることが好きだった、という理由でワインの勉強を始めました。

 

通いやすい銀座校を見つけSTEP1を受講し始めた当初は、ピノノワールやシャルドネという品種名を聞いたことはあるけれど、それが赤ワインか白ワインかも分からない、そんな超初心者からのスタートでした。

麻由美先生の授業は、現地で実際に見た情報や小話も織り交ぜながら分かりやすい資料と解説でとても楽しく、そしてしっかりとワインの基礎知識を学ぶことができました。

クラスメイトとも仲良くなり、そのままみんなでSTEP2に進みました。

STEP2の授業が終わる頃、麻由美先生の「みなさん、ここまでお勉強してきたのですから、もちろん資格取得を目指しますよね?」という言葉に導かれ、気づいたら受験対策講座に進んでいたという感じです。

◆受験クラスの雰囲気にビックリ!
この時点ではまだまだ趣味気分で、今まで通り楽しく授業が進むことを想像していたのですが、受験対策講座初日、授業の雰囲気が全く違うことにビックリ!

テキストは分厚いし、難しいのにどんどん進むし、先生の話においていかれないようにするのがやっと。周りの真剣な雰囲気に、これは大変なことになったぞ!と焦ったことを覚えています。


◆一次試験への取り組み
ボルドーの格付けシャトーや畑の名前は、富田先生の替え歌や自分でオリジナルの替え歌を作って繰り返し歌うことで覚えました。

試験で出た時は頭から歌わないと出てこないという難点がありますが(笑)、今でも歌い始めればすらすら出てくるのが歌で覚えた利点だと思います。

ゴロもたくさん使いました。矢野先生の「ワインゴロ合わせ暗記法」も購入し、教科書に書き込んだり自分でアレンジしたりと活用しました。

どうしても覚えられず、諦めた部分もありました。イタリアのDOCGは暗記量が膨大で、テキストを目の前にするだけでもクラクラ。

ですので、重要な部分だけは最低限抑えて、細かい部分は潔く諦めました。

また、お料理の部分もほとんど手もつけず。。。ですが、その分得意なところで確実に点数が取れるよう頑張りました。

試験1ヶ月ほど前からは、山崎先生の「ワイン受験.com」に入会。

各セクションの問題を繰り返し解きながら、同時に教科書も見直して暗記を定着させていく作業を繰り返しました。

初めは間違えてばかりでしたが、回数を重ねていくにつれ高得点が取れるようになっていました。

ワイン受験.com」で鍛えたおかげで、当日も落ち着いて試験を受けることができました。

◆二次試験(テイスティング)への取り組み法
STEP1、STEP2、そして受験対策講座と1年以上アカデミー・デュ・ヴァンに通っていたので、授業だけでもたくさんのテイスティングをこなしていたことがとても有利に働きました。

①小瓶交換法
クラスメイトとも小瓶を持ち寄り、とにかくたくさんの種類を飲んで、ワインの香り、味、特徴を自分の中に積み重ねていきました。

もともと嗅覚に自信があったこともあり、何度も繰り返しテイスティングすることで、品種はほぼ当てることができるようになっていました。

ですが、やはり苦手な品種もありました。特にイタリアが苦手で、ネッビオーロやサンジョヴェーゼは全然当てられず、、、もしイタリアが出たら諦めようとも思っていたぐらい、特徴をつかむのに苦労しました。

また、ワイン以外のお酒の勉強も大変でした。

小瓶に詰めたお酒を端から嗅いだり味わったりして、当てられたものと当てられなかったものをどんどん分けていき、それを何度も繰り返す。最終的には判断が難しいお酒だけを並べて当てる、というゲームのような勉強方法で進めていきました。

②品種別予想コメント攻略法
アカデミー・デュ・ヴァンの二次試験対策講座もいくつか受講しました。

カベルネソーヴィニヨンだったらこれを選ぶ、リースリングだったらこれを選ぶ、という各品種別に傾向が見えてきたので、テイスティングシートにまとめ、また、国が違うと少しずれることも色別で記入し、オリジナルの資料を作りました。
二次試験直前には、例えば「カリフォルニアのカベルネソーヴィニヨン」と予想した場合のテイスティングシートを記入する、という練習を重ねました。
二次試験をクリアするには、実際のテイスティング能力プラス、このような試験合格の為のテイスティングシート記入のテクニックも必要かと思います。

◆1カ月勉強できなかった焦りと復活!
受験対策講座も後半に差し掛かった頃、急に忙しくなってしまい、このまま勉強を進めて行くことが難しいと受験を諦めていた時期がありました。

その間約1ヶ月は授業にも通えず勉強もほとんどしていなかったと思います。ですが仲間達が、せっかくここまで頑張ってきたんだから、もし勉強ができなくても受験はしようよ!と励ましてくれました。

勉強を再開してからは、LINEでポイントを確認し合ったり、質問したり、時には話がそれて雑談で盛り上がったりと、支え合いながら受験に向けて頑張っていきました。授業後にテキストを開きながら食事をしたり、ワインを持ち寄ってテイスティング会を開いたりと、一人では味わえなかった楽しさや心強さを得ることができました。

ワインで繋がった仲間たちとは今でも集まってワイン会をしたり、時には旅行に行ったりと一緒に楽しんでいます。
大人になってから"ワイン"という趣味を共有できる大切な友人ができたことが、ワインを勉強して一番良かったことかも知れません。


◆資格を取って良かったこと
受験後、せっかく取得した資格を活かしたいと、ワイン関係の求人を探し始めました。
そこで入社させていただいたのが、ニュージーランドワイン専門のインポーターである株式会社サザンクロスです。

前職でデザインの仕事をしていた事も活かし、今では会社のパンレットや営業資料の作成、HPやオンラインショップの管理などを中心に行なっています。
2019年にはニュージーランドにも同行させてただき、マールボロやネルソンの畑やワイナリーの訪問をしました。

今は海外に行くことはできませんが、落ち着いたらまた現地に行って色々情報を得たり、また国内でもワインイベント等を開催して、ニュージーランドワインの美味しさを広められる活動ができればと思っています。

 

サザンクロス:https://www.scwines.com/

 

◆サラ・ジェシカ・パーカーが結んだ再会!

実は弓さんとの再会は、ニュージーランドでサラ・ジェシカ・パーカーが関わるワインを偶然手にしたことがキッカケでした。

 

滅多にいかない「オーゼキ」というスーパーに行きレジに並んでいるとき、ふと目に留まったのが「インヴィーヴォ×サラ・ジェシカ・パーカー」のスタイリッシュなワインボトル。

 

オーゼキはどちらかというと庶民的なスーパーで、そこにセレブっぽいワインが並ぶというギャップに惹かれ、すぐさま購入してみました。

するとあまりに素晴らしい味わいとお手ごろな価格にびっくり。裏ラベルの輸入元「サザンクロス」の連絡先にコンタクトしたところ、メールでのやり取りの途中に「もしかして林先生では・・・」ということになったのでした。

 

ニュージーランドに惚れ込んだ社長と、弓さんのようなプロフェッショナルが支えるインポーターならではの、一般にはなかなか公開されないワイン・テクニカルデータ情報も充実した素晴らしいホームページです。

 

以来ニュージーランドを購入するときはこちらから♪

ワイン好きの方は是非覗いてみて下さい(^^)/

サザンクロス:https://www.scwines.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🍷【たった1分でワンランク上のワインラバーになれる!】公式LINEはこちらをタップ➡https://lin.ee/jbfUaqF
  今なら【林先生がこっそり教える】驚愕コスパの家のみワイン」など、3大特典プレゼント中。(@592aerpwでも検索できます)

🍷【流し聞きでワイン力がアップする!】You Tube林麻由美ワイン大学 はこちらをタップ

🍷 ワイン力アップに必要な情報、世界の最新ワイン情報が手に入るメルマガ登録はこちらをタップ

🍷 林麻由美ホームページはこちらをタップ。