100点ゲームで先週の筑波戦の痛い敗退のダメージを払しょくした。

成蹊の甘いディフェンスに個人の力で抜け出してトライを重ね、

50分で70点を超えたときは、120点くらい行くかと思ったが、

メンバーチェンジもあり、中だるみもあり、

先週の筑波戦のように、攻めても攻め切れない10分間があった。

ここは気になった。

しかしそのあとまたモールで押し込みトライを連続して奪い、

ロスタイムに100点を超えたのはよかった。

 

成蹊のアタックの場面はほとんどなく、

課題のディフェンスについては11月を待たねばならない。

 

この2か月で鍛え上げて、明治早稲田帝京を連破してほしいものだ。