人は
愛がなくては生きていけない。
人生の目的は幸せになることです。
そして、愛情と思いやりこそが、
最大の幸せをもたらすのです。

・ダライ・ラマ14世-1989年ノーベル平和賞受賞者

 

結婚生活では

思いやる気持ちとゆずり合う

が大切です

互いの人格を尊重し、相手の気持ちを

よく考えて行動しよう。


男性が希望する女性とは
 ・温和で優しい女性
 ・元気で可愛い女性
 ・穏やかで心優しい女性
 ・明るく笑顔が綺麗な女性

 ・綺麗な言葉で話せる女性
 ・お互いに尊重し合える女性

 ・温厚で思いやりがある女性
 ・落着きがある家庭的な女性

 ・共通の趣味を持っている女性
 ・一緒にいて心が落ち着ける女性


ストップ ”少子高齢化”
  
2015年日本の人口
・1億2709万4745人

 ※平成22年から962,607人減少

 *都道府県別
 人口減39道府県 地方衰退
 ・増加した
都県
 東京:1351万、神奈川:912万
 愛知:748万、埼玉:726万
 千葉:622万、福岡:510万

 ・減少した道府県
 大阪:883万、兵庫:553万
 北海道:538万
 ・100万以下の
 鳥取:57万、島根:69万、高知:72万
 徳島:75万、福井:78万、佐賀:83万
 山梨:83万、和歌山:96万、香川:97万


 ・年間出生数
   2015年:約100万人
 (因みに1970年は約210万人)
 ・15歳未満:15,864,000人
 (総人口の12.7%)

 ・65歳以上:33,422,000人
 (総人口の26.6%)


総人口に占める65歳以上の人口割合は
  日本は世界一です

  -総務省資料:平成27年国勢調査より-


人は、一人で生きているのではない。

生かされている。

本気で婚活するなら・・・  
  結婚への確かなステップ
      きっとお力になれます
日本最大級の結婚相談所ネットワーク IBJ加盟

http://www.ibjapan.com/

ご成婚・仲人型&地域密着型

結婚相談所
 ベストマリッジ

 ↓ 検索  
http://www.bestmarriage.jp/


職場だけでは、なかなか
理想の相手に出合えない時代

結婚離れの最大の理由です 


愛、幸福、生き甲斐など
価値あるものはすべて感じるもの、

それが感性です。

お相手と、心を寄せ合っていますか
わがまま、甘えがありませんか


人生を俯瞰すれば適齢期が見える
女性が結婚適齢期と思う年齢は28歳

平均初婚年齢(2015内閣府)は

男性:31.1歳、 女性:29.4歳
・20代前半の結婚割合:8%
・20代後半の結婚割合:40%
平均初産年齢30.7歳
2011年にはじめて30歳を超えて
毎年上昇中

-2015厚労省調査より-


晩婚化・晩産化の進行
子育てと親の介護を同時に担うダブルケア
晩産化で、仕事と育児と介護の時期が重なる。

40歳以上で出産した女性は
2014年に5万人を超えている。

(1980年は約7000人)

日本産科婦人科学会によると、
2013年に実施された体外受精などの
高度な不妊治療数は約37万件。
晩婚や晩産などを背景に
2003年約10万件の約3.7倍となった。
年齢別では
40歳が最多で約33、500件。
無事に出産できた割合・分娩率は
8.3%に留まる。


運命こそ、うつされた自分のほんとうの姿です。

 

ごまかさないでじっと見つめよう。

正しく、ほんとうの自分を知ろう。

自分をわかって、自分を正そう。

それが運命を変える道である。

それが、良い運命を開き、

前進の勇気を生み出す道だと思う。


今がよければ・・・
自分さえよければ・・・
自己中、利己主義の人生はつまらない。


思いやりに欠ける人は

自己中心で、自分本位です。
自分の目的や欲望を叶える事に必死で
周囲の人の都合や気持ちを考える
心の余裕がありません。


2015国勢調査より

女性未婚率

30~34歳:33.7%
35~39歳:23.3%
40~44歳:19.1%
45~49歳:15.3%


男性未婚率
35~39歳:34.5%
40~44歳:29.3%

45~49歳:25.2%

因みに1970年の男性未婚率は
35~39歳: 4.7%
40~44歳: 2.8%


2020年の生涯未婚率予想
  男性:30%、女性:20%

 ・因みに1970年の生涯未婚率は
   男性:1.7%、女性:3.3%

===================
「幸せな結婚」は
   相性の良さで決定される


似た者同士の
   似た者夫婦が一番


似た者が夫婦になる


末長く、幸せに人生を築いていくには
相性が良く、気が合う、ストレスのない
配偶者を見つけることが最も
大切です。

人の寿命を縮める一番の要因は
ストレスフルな配偶者がいることです。

 


オーシャンブルー(琉球アサガオ)
 花言葉は”愛情の絆”


ベスト・パートナーとは

 ◎見た目がタイプ・好みである
 ◎感性・フィーリングが合う
 ◎人柄がよく、誠実である
 ◎
相性が良く、気が合う

 ◎うまが合う、肌が合う
 ◎趣味・趣向が合う
 ◎一緒にいて安心感がある
 ◎ずっと一緒にいたいと思う
 ◎金銭感覚・時間感覚が合う

 ◎考え方や価値観が似ている

価値観とは
 人は十人十色
価値観は生まれ育った家庭環境、社会環境、
職業、等で形成されていくものです。
兄と弟、姉と妹、兄弟と姉妹、一人っ子等。


一人っ子は結婚が苦手
一人っ子は、わがままと甘えが性格の基本に
なっている。

一人っ子の甘えは、自我の強さで示される。
社会性や相手の気持ち、立場に無頓着で、
自分の考えで行動するという甘えがある。
しかも、

自分が甘えていることに気付かない。

一人っ子男性には、長子長女が似合う!
一人っ子女性には、長子長男が似合う!

長男特有の性格は、指導性、責任感、
自制心
があり、思慮深く、相手のペースに
合わせる
ことが苦もなくできる部分が、
女性の一人っ子には心強く映る。


価値観には多様性があって、
柔軟に考えることが大切です

自分の価値観、考え方を押し付けず
お互いの個性、人格として尊重し合い、
認め合い、共有する気持ちが大事です。

 

===================
人は見た目が9割

人は見た目と感じで、相手を判断している

・身だしなみ、表情、しぐさ:55%
・声の質、大きさ、話すテンポ:38%
・話の内容:7%


女は愛嬌、男は度量
愛嬌とは
可愛らしさ、人に好かれる優しい笑顔
心が、表情やしぐさに現れる。

度量とは
豊かで広い心、寛容の精神
人に優しく、親切である


心が満たされていなければ
人に親切にすることは難しい


====================
・今は仕事も私生活も充実している、
仕事はバリバリ、生活もエンジョイ、
十分な収入があり、毎日が充実、

そういう人は結婚できない可能性

があります。

現状に満足している人は、
本音では

現状を変えようとは思わないのです。

===================

婚活中の男性へ
      結婚力を磨こう

就業力あっての就活であり、家庭を形成し、
維持する力あっての婚活である。

婚活の前提としての結婚力のない男性が
未曾有の未婚率の上昇を招いている。


経済力があれば結婚できるわけではない。
経済力は必要条件の一つで全てではない。
女性と経済的な責任を分担し、家事・育児を
分かち合って、
人間的な絆を深める結婚が
益々増えていく。

掃除、洗濯、食事等の家事能力も必要だが
最も重要な能力は人と繋がる能力である。

 

相手の言い分を聞いてよく理解し、
自分の言い分を
伝えて分かってもらう、
その上で協力し合う生活能力である。


職業人に必要なコミュニケーション能力は
結婚生活では必要不可欠である


ベストパートナーになるために


男性が女性に求める17の視点


婚活中の男性が求めているものを把握し
良縁を掴もう

 
 1.
愛嬌があり、好みのタイプ
 2.感情表現、話し方が上手
 3.ポジティブでユーモアがある

 4.恋愛感情が生まれやすい
 5.料理上手で、家庭的な雰囲気
 6.よく気が付く、気が利く

 7.さりげない気配りが上手
 8.明るく、自然でやさしい笑顔
 9.
清潔感のある見た目と雰囲気

10.やわらかな物腰と態度
11.控えめなアクセサリー
12.自分に合った濃すぎないメイク
13.聞き上手で合わせ上手
14.NO自己主張!
15.ごめんね、ありがとう、が言える
16.しっかりとした金銭感覚と時間感覚

17.自分の魅力をいつも磨いている


相手を変えるより自分を変えられる

自分さえ良ければ・・・
わがままで、自己中心主義の人に
良縁のチャンスは巡って来ない


自分に気づいて自分を変えなければ
良縁は成就しない。


この人かもというお相手に出会った時に
お相手からもこの人だと思われている


選んだ人から選んでもらえる人になろう

どんなお相手でも批判的にならず、
寛大な心で、お
相手の長所を見て、
加点主義
で接する事が大切です。

減点主義
見れば、殆どの人が
落第点になり、ご縁は繋がりません。

この人のここが嫌、という気持ちで
接していると、見事に以心伝心で
相手に通じています。


=================
本気で婚活されるあなたに
良縁のお世話をいたします

 信頼の結婚カウンセラー
  田伏豊章(たぶし)
お問い合わせは
http://www.bestmarriage.jp/contact.html
=================================