やしの木マウイ島からこんにちは!やしの木

 

今朝は、キヘイ・カヌー・クラブで、ビジターとしてカヌーを漕いできました。

 

クラブがあるのは、キヘイのシュガービーチ前。

 

ということで、今日はシュガービーチのご紹介です。

 

カヌーのお話は、また次回。

 

 

私たち夫婦は、人が少ない、この静かなビーチをお散歩するのが大好きです。

 

砂が固めに詰まっているので、歩きやすく、距離が長いので、沢山歩けます。

 

 

 

キヘイから隣町のマアラエアまで往復したら、かなりのウォーキングコースになります。

 

ビーチの幅が広い部分もあって、気分爽快。

 

 

そういう所には、鳥もやってきます。

 

この子はコウカンチョウ (Red Crested Cardinal)。

 

元は南米出身の鳥さんです。

 

 
この足長の白い鳥はアマサギ (Cattle Egret) といって、マウイ島に沢山いるのですが、牛をハエなどから守るために、1959年にフロリダから輸入されてきた品種。
 
元はアフリカ出身だって。
 
見た目は綺麗ですが、野鳥の卵や昆虫を食べてしまうので、あまり好ましくない鳥という分類に入っているそうです。
 
ゴルフ場で芝刈り機の後をくっついて回り、掘り起こされた地面を突っついて、虫を食べる姿をよくみかけます。
 
 
 
大きなカニもいました。

 

 

クジラのいる時期は、歩きながらクジラを遠くに見ることも可能。

 

海をよく見ながらあるけば、カメが出現することも。

 

とにかく、このビーチを歩いていると、自然がとっても身近に感じます。

 

私は都会っ子だったので、こういうちょっとした生き物を見ると、感動します。

 

 

週末のシュガービーチは、ローカルの家族連れが釣りやバーベキューをしていて、リゾート前のビーチとは、いい意味で、ちょっと違う感じ。

 

 

ビーチ沿いには、古いコンドミニアムが並んでいます。

 

今はもう、こんなに海に近い場所へは建てられないことになっているので、貴重な物件です。

 

古さが気にならなければ、シュガービーチに滞在するのも悪くないと思います。

 

夜、窓を開けたまま寝ると波の音が聞こえる、オーシャンビューのお部屋が沢山あります。

 

でも、もう一度言いますが、この辺の建物はかな~り古いです!

 

なので、ラグジュアリー感はありませんが、プライバシーとリラクセーションという意味で、イイ感じです。

 

コンドによっては、ランドリーが別の建物や、お部屋の外の廊下にある場合も。

 

シュガービーチに滞在する場合は、ランドリーの有無と、内装のテイストやベッドの寝心地などを、沢山のレビューを読んで、入念にチェックするのがおススメです。

 

結構、アメリカ本土に住む、高齢のコンドミニアムオーナーが、家具や備品をアップデートしないで貸しているお部屋があります。

 

良いユニットだと、必要なキッチン用品が揃っていて、食器も素敵で、ビーチ用品が充実していて・・・という風に素晴らしいのですが、変なユニットだと、ディスカウントストアで寄せ集めたようなキッチン道具に、使い古しのタオルとか、クッションがヘタヘタになったソファとか、そういうのに遭遇することもありますから・・

 

まぁ、パーフェクトなステイを求める方は、リゾートホテルの方が安心でしょう。

 

それに、日本からわざわざマウイ島までいらしたら、素敵なリゾートに滞在したいと思うのが普通ですよね。

 

 

これは、以前、泊まったお部屋のラナイからのビューです。

 

建物は古く、お部屋も狭かったのですが、清潔で、ベッドの寝心地が良かったので、気持ちよく滞在できました。

 

 

 

シュガービーチの南端には、ABCストア、ファーマーズマーケット、人気のベーカリーとシェイブアイス屋さんがあって、ビーチウォークのついでに寄れるので便利です。

 

では、ババーイ❣ バイバイ飛び出すハート

 

やしの木マウイ島からこんにちは!やしの木

 

 

前の記事で書きましたが、

 

只今、私がうちの犬に読み聞かせている

 

(って書くと、なんだか著者にすっごい失礼に聞こえてスミマセン)

 

ハワイの歴史に関する本から、

 

興味深いお話です。

 

 

 

 

 

本はコチラ

下矢印下矢印下矢印

 

A Shark Coming Inland Is My Chief: The Island Civilization of Ancient Hawai'i

by Patrick Vinton Kirch

 

 

 

英国の海洋探検家、クック船長が

 

1778年にカウアイ島へ上陸する前は、

 

ハワイ諸島って、

 

ポリネシア系の民族が8世紀くらい、

 

世界から孤立して生活をしていたという話です。

 

まぁ、ポリネシア民族がいつ

 

マルケサス諸島から、

 

ハワイへやって来たかというのは、

 

文献によって、5~8世紀と、

 

色々ですが、

 

その後、10~11世紀ごろに、

 

タヒチからも人々がやってきて、

 

その後、クック船長のクルーに出会うまで、

 

何百年もかけて自分たちの社会を

 

構築していたと。

 

当時、人口は40万以上にも及んだとか。

 

 

双胴カヌーでハワイへやってきた

 

ポリネシア人たちは、

 

ノアの方舟のように、

 

生活に欠かせないタロ芋や

 

パンノキやサトウキビ、

 

それにブタや犬やニワトリも

 

持ってきたそう。

 

 

そこから長い時間をかけて、

 

外部の影響を受けずに、

 

ハワイ諸島では四つの

 

古代国家が発展していくことになったと。

 

 

ここまで書いて気づいたのは、

 

それぞれの出来事のあった年代とか、

 

人口の数とか、古代国家の数とか、

 

色々な説が出回っています。

 

あと、ハワイの歴史をまとめた

 

ウェブサイトでも、

 

ポリネシア民族が現れたという記述から、

 

何百年もすっ飛ばして、

 

いきなりクック船長の出現になっていたり。

 

 

例えばこちらのスミソニアンの刊行物、

 

えぇ~っ、こんなに端折っていいの、

 

スミソニアンさん?

 

 

 

 

 

世界を見渡すと、

 

古代国家というのは他にもあって、

 

例えば、エジプトやアンデス、

 

中東、中国などの地域で見られ、

 

それらの文明と、

 

古代ハワイの社会は、

 

いくつかの共通の特徴を

 

持っているらしい。

 

 

その根幹にあるのは、

 

ズバリ、王の支配権は、

 

神様から授かったものである

 

という考え方。

 

もちろん、現実的に、

 

そんな事はありえない訳ですが、

 

そういう考え方が人間の自然な

 

思考回路に組み込まれているんですね。

 

日本もそうですが・・・

 

 

また、これら国家の共通点は、

 

階級社会であるということ。

 

ハワイの場合、一般庶民という多くの人々が

 

土地を耕し、労働を提供し、経済活動を支え、

 

その上には、支配階級として、

 

王やチーフや神官や知識階級がいると。

 

 

他にも、

 

社会全体の規律は、

 

宗教を柱に維持されているとか、

 

生贄を捧げる習慣とか、

 

そういう面も共通しているそう。

 

あと、王の血筋を守るために、

 

兄妹での縁組とか・・・

 

色々と興味深いです。

 

 

昔のハワイの社会については、

 

コチラの記事も書いてみました。

 

よろしければ、ご覧ください。

 

下矢印下矢印下矢印

 

 

こうやって、ブログを書く事で、

 

少しずつ、ハワイの文化や歴史に触れています。

 

間違ったことも

 

書いてしまうかもしれませんが、

 

お付き合いいただけると嬉しいです。

 

 

では、ババーイ❣ バイバイ飛び出すハート

 

やしの木マウイ島からこんにちは!やしの木

 

 

昨日、本を読んでいたら、

 

うちの犬が寄り添ってきました。

 

 

 

内容がハワイの歴史の本で、

 

読んでいて眠くならないように、

 

声に出して読み始めたら、

 

隣でうっとりと聞いてくれました。

 

小さい子供に読み聞かせを

 

しているみたいな構図です。

 

犬も喜び、私も声に出して読んだ方が

 

内容を理解しやすいので、

 

一石二鳥。

 

 

その姿をビデオでとって、

 

この犬を溺愛している、

 

今はLA在住の娘に送信したら、

 

彼女も犬がハッピーにしている様子が見られ、

 

喜んでくれました。

 

 

彼女、可哀そうに、

 

大学でコロナ陽性になってしまい、

 

今は隔離中。

 

幸いなことに、親切なお友達が、

 

食べ物を差し入れてくれているそう。

 

結構、元気にしている様子です。

 

これで我がファミリーは全員、

 

コロナウィルスを経験したことになります。

 

ちゃんとワクチンを

 

ブースターまで打っていたので

 

幸い、軽く済んでいます。

 

まぁ、人によっては、

 

後から支障が出る場合もあるといいますが、

 

今更、もうどうする事もできないので、

 

仕方ないです。

 

 

話は戻り、

 

アメリカには、学校や図書館で、

 

子供がセラピー犬に読み聞かせをさせてくれる

 

プログラムが存在しています。

 

文章を読むのが苦手なお子さんでも、

 

犬が聞き役になってくれると、

 

安心して本を声に出して読むことができるのです。

 

先生や大人の場合、どうしても、

 

子供がもっと上手に読めるよう、

 

間違いを指摘したり、

 

言い直しさせたりしますが、

 

犬は、じっと、聞いてくれるから。

 

 

 

 

小さいお子さんと、ペットをお持ちの方、

 

おうちで毎日、声に出して本を読んだら、

 

きっと良い練習になると思います。

 

 

では、次の記事では、

 

私がハワイの歴史の本で読んで、

 

とても面白いなと思った事について

 

書いてみようと思います。

 

 

では、ババーイ❣ バイバイ飛び出すハート

 

やしの木マウイ島からこんにちは!やしの木

 

 

私のピックルボール仲間たちは皆さん、

 

お爪がキレイです。

 

ボールを拾ってもらって、

 

渡してもらう時に、

 

つい見ちゃいます。

 

マウイ島の新参者としては、

 

どこのサロンが人気なのか

 

要チェックと思って、

 

聞いてみると、

 

ご自身でなさっているとのこと。

 

皆さん、サロンへ行く時間を考えると、

 

自分でチャッチャッとした方がいいと。

 

私もそういうタイプです。

 

以前はサロンへ通ってネイルアートとか、

 

してもらっていましたが、

 

今は、ベーシックなお手入れが

 

出来ていて、小綺麗であれば満足です。

 

自分ですると、

 

サロンのような美しい仕上がりには

 

ならないけれど、

 

私のリタイア生活は結構、

 

忙しいので、セルフケアだと

 

時短になって便利です。

 

 

お友達から、速乾性のある、

 

自宅で使える、

 

UVライトのいらない、

 

普通のリムーバーで落とせる

 

(アセトン系の方が良いらしい)、

 

ジェルマニキュアを教えてもらいました。

 

サリーハンセンのミラクルジェル。

 

 

結構、前からあるものらしいですが、

 

使ったことありませんでした。

 

ベースコートは使わずに、

 

カラーを2回塗ってから、

 

専用のトップコートを使います。

 

色も豊富にあって、

 

トップコートは、

 

ツヤツヤとマットの二種類から

 

選べます。

 

使い心地も普通のマニキュアみたいでした。

 

持ちも、普通のに比べると、

 

多少ベターとのこと。

 

何よりも、乾きが早いのが

 

嬉しいです。

 

 

ハワイのお土産としても、

 

良いのかなって思いました。

 

そういえば、高校生の時、

 

私は日本のインターに通っていたのですが、

 

友達が夏休みにアメリカへ里帰りをすると、

 

メイベリンとかレブロンの

 

コスメを頼んで買ってきてもらいました。

 

あと、ソニープラザとかで

 

アメリカのコスメを見るのが

 

楽しかったなぁ、とか。

 

良い思い出です。

 

 

では、ババーイ!バイバイ飛び出すハート

 

やしの木マウイ島からこんにちは!やしの木

 

引っ越す前に、マウイ島にはどんなヨガスタジオが

 

あるのか、オンラインでリサーチしました。

 

すると、こんな感じで、色々な流派のスタジオが

 

あることがわかりました。

 

それぞれ、カラーがあります。

 

 

ティーチャー・トレーニングで人気のあるところとか、

 

 

本格的なアシュタンガ・ヨガを指導しているところとか、

 

 

ホットヨガのスタジオとか、

 

 

ヴィンヤサのクラスが沢山あるところや、

 

 

高台にあるヒーリングセンターのヨガクラスとか。

 

 

 

 

もちろん、これら以外にも、まだまだあります。

 

 

私が通っているのは、コチラ

 

下矢印下矢印下矢印

 

 

 

キヘイにある、

 

真面目なアイアンガーヨガのスタジオです。

 

海の前のお教室で、

 

経験豊かなオーナー自らが

 

指導なさるレッスンのみ。

 

朝8時のビーチヨガが月曜から土曜まで、

 

スタジオ内で行われる、

 

朝9時半の正統派アイアンガーヨガレッスン

 

は月曜から金曜まで。

 

スタジオレッスンは、

 

ズームで参加することも可能。

 

 

ビーチヨガはカジュアルなスタイルで、

 

スタジオレッスンは修行っぽい内容。

 

フィットネスとしてのヨガではなく、

 

マインドを鍛錬し、

 

心の中に平穏をもたらすために

 

身体を動かす、

 

本来あるべき姿のヨガを

 

学ぶことができます。

 

 

私とヨガのお話については、

 

別途、書こうと思いますが、

 

これまで、色々な土地で、

 

様々なスタイルのヨガを、

 

沢山の先生方からご指導いただき、

 

私自身もヨガの指導者として

 

レッスンをしていました。

 

これまで、本当に良い先生方に

 

恵まれてきましたが、

 

マウイ島の Deni 先生が、

 

一番好きです。

 

先生は、私がそう思っていることは

 

ご存じありませんが、

 

近いうちにお伝えしようと思います。

 

先生の指導法が素晴らしいのはもちろんですが、

 

何より、お人柄が優しく、

 

愛情にあふれているので、

 

生徒としての「受け入れられている感」が、

 

実感できます。

 

新しい土地で、良い先生に出会えて

 

良かったです。

 

 

最後に付け加えると、

 

このお教室がすべての方に

 

向いている訳ではなく、

 

人によっては、

 

全く合わないという事もあります。

 

ヨガの流派、指導者との相性、

 

立地の便利さ、など、

 

複数の要素が影響するので、

 

しっくり来るお教室が見つかるというのは、

 

非常にラッキーなことだと思います。

 

 

では、ババーイ❣バイバイ飛び出すハート