前足立区議会議員 松丸まことのブログ

前足立区議会議員 松丸まこと です。


平成27年5月17日に執行されました足立区議会議員選挙で、3,440票をいただき当選させていただきました。



不正や癒着を許さず無駄な事業を徹底排除する「脱ムダ宣言」を実行するとともに、大震災などの防災を備えた安心で安全な五反野駅前広場など周辺再開発に全力を尽くしております。



私は建設委員会へ入り、五反野駅前広場早期完成と駅前交番の設置および駅前通りの電柱地中化を強く推進してきました。



その結果、平成29年8月現在、五反野駅前広場工事決定・五反野駅前交番誘致成功・五反野駅前通り電柱地中化決定、五反野駅ホームドア設置決定と、五反野駅周辺をご利用される皆さま方長年の希望を達成することが決まり、今後の五反野駅周辺はますます安心安全の街へと進化していく基礎を築くことが出来ました。




★私の大きな公約の一つである五反野駅前広場は平成30年4月25日に足立による完成検査が終了し、5月2日に区民へ開放されました。
これにより五反野駅周辺区民の希望が達成され、私の 「公約実現」 と成りました。★



 
・駅前広場工事完成後に、婦人警官も常駐する二階建て警察官仮眠所付きで、パトカーが24時間待機する交番の工事が始まります。




・五反野駅前通の電柱地中化も平成28年12月の本会議で「電柱地中化決定」の発表が建設部長よりあり決定致しました。(着工日未定)




・五反野駅のホームドア設置も決まりました。(着工日未定)




これにより五反野駅周辺をご利用される皆さま方長年の希望が達成されることとなりました。



すべてが完成するまでには、それなりの数年のが必要であると存じますが、私、松丸まことが足立区議会議員を継続させていただける限り、必ずこの決定を実行させます。



五反野駅前広場の企画が、20年以上も放置されていたことは、皆さまご存じの通りです。



その原因は、五反野駅前広場の完成を待ち望んでいる住民皆さまの声を行政へ届ける議員がいなかったことです。



私、松丸まことが足立区議会議員を継続させていただける限り、声を大にして住民皆さま方の希望の声を、強く行政へ伝え続けてまいりますので、今後ともご協力のほど、何卒、宜しくお願い申し上げます。




平成29年予算委員会二日目




【ー東日本大震災特集!ー】
【開運TV!】やっちゃえオッサン!松丸まことTV =第163回=
パーソナリティ:松丸まこと(前足立区議会議員)、佐野きょう子

フルバージョン



【2018年秋の集い】

[松丸まこと500名大会オープニング動画]
無償の愛と世界平和を足立区から 2分36秒



[怒りの議会質問!フルバージョン]



【心にしみる涙の本会議質問】
[生活保護家庭でも豊かな未来への権利がある!足立68万区民 一人ひとりの命を守れ!]

フルバージョン




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

新型コロナ感染 ツインでミック確認

 

 

 

 

 

東京・大阪・北海道など全国で中国コロナウイルス感染者が増え続けている。

 

昨日には、東京都の医院でツインデミック患者の確認がされたとのこと。

 

ツインデミックとは、中国コロナウイルスとインフルエンザウイルスの同時感染のことを示す言葉で、私たち新型コロナウイルス撲滅運動では、大変に危惧している状態となってしまっている。

 

想定内と言えども11月の時点でツインデミック罹患者がいた現実から国民一人ひとりの防御が大変に重要になる。

 

 

 

ハワイでは今年8月27日より二度目のロックダウンがされており、ホノルル副市長は二つの反省を述べている。

 

1.市民の気の緩み(マスクなしでパーティーなどに集まっていたこと)
 

2.保険局が濃厚接触者追跡やコロナ検査などを効率よく行うための体制を整えることが出来なかったこと。

 

 

 

日本では GoToキャンペーンで国民の油断を煽っているが、いますぐ中止をして国民へ予防の協力を求めるべきなのだ。

 

いま政府がするべき事は、国民への正確な情報提供と想定を広げての危機管理の徹底。

 

後手に回り続けてきたこの一年間を見返し、先手を打つ施策の速やかなる実行をしなければ、年末年始の日本経済に大きなダメージを与えることになる可能性は否定できないだろう。

 

旅行に行こう、食事に行こう、買い物に行こう、不急不要の外出はやめよう、多人数の飲食はやめよう、集会はやめよう、マスクをしながら飲食をしよう、などなど曖昧模糊たる状態は回避せねばならない。

 

 

 

新型コロナウイルス撲滅運動 コロナと闘い看護師松丸きょう子 ホームページ

外国資本の土地買収規制の法整備検討へ

自民党が、休眠状態にある「安全保障と土地法制に関する特命委員会」の活動を再開させ、外国資本などによる防衛施設周辺や水源地の森林などの土地買収を規制する法整備に向けた検討を進める。

 

当面は幹部が非公式に集まって論点整理し、早期の議員立法を目指す。
 

夕刊フジ / 2020年10月26日

私の “政治座標テスト” と “政党座標テスト” 結果

 

 “政治座標テスト”  と “政党座標テスト” を受けてみにした。

 


 

私の政治座標テスト結果は、「完全に左と右の真ん中、33.3%の共同体主義者」でした。

 

 

政治座標テスト

 

 

 

 

私の政党座標テスト結果は、「あなたの友人のひとりが自分の政党座標にあなたをリンクしたので、あなたはここにいます。それは:19.4% 右派, 27.8% 共同体主義」でした。

 

 

 

政党座標テスト

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>