まつえ若武者隊【公式】ブログ

出雲の國、現在の島根県の松江にある
松江城を拠点におもてなしをする武者集団。

まつえ若武者隊

の、日々の活動日記及び告知の場。


城中にて
畏れ多くも
賑々しく
出陣中!

===事務方からのお知らせ===


まつえ若武者隊のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


皆さまから頂きましたコメントにつきまして、
まつえ若武者隊、皆で読ませていただいております。

但し、当ブログを始めるにあたり、頂きましたコメントに
お返事させていただくことを控えさせていただいておりますこと
引き続き御理解のほど、よろしくお願いいたします。


テーマ:

 

 

拙者、忍者の月照で御座る。

 

 

ついぞ先日、土曜日のお城番にて。

 

 

ワシ、ぽてぽてと歩いておったら

目の前に若君と姫君が現れましての。

 

 

ワシに”ぷれぜんと”があると。

 

 

若君、すっとワシに箱を差し出す。

 

 

ワシに開けれと云わんばかりに。

 

 

も、もしや例のヤツか。

 

 

箱を開けると、まっちろけになるやつか。

 

 

いや、

ワシまだいい思いしとらん。

竜○城とやらにも行っとらんし。

 

 

いや、まてよ

そういえば以前、城の敷地内に迷い込んだ亀を

堀の近くまで連れていったことがあったが、あの時の亀の恩返しか。

 

 

しかし鶴の恩返しは聞いたことがあるが、

亀の恩返しなど聞いたこと無い。

 

 

いやいや、まてよ。

そういえば別の日に側溝(そっこう)に入って

出口を見失った亀が居ったが先を急いでいた故、

見捨てて行ってしまったことがあった。

 

 

もしや、あのときの恨みか・・

恨み返しか

 

 

考えると思い当たることがあり過ぎる。

 

 

どうしよう。

 

 

こういう時、日ごろの行いがものをいうと言うが・・

日ごろの行いに一点の曇りどころか、

曇りだらけ。

 

 

 

 

 

ええい。

 

 

もう観念した。開けてくれい!

 

 

パカッ

ぬ?

 

 

手裏剣?

なんと、若君初めて自分で手裏剣をつくって

その手裏剣をワシにあげようと持ってきてくれたそうな。

 

 

 

えっいいの。

こんな柄の手裏剣見たことない。

 

 

・・うれしい。

 

 

すまんのう。ワシの日ごろの行いが怪しい故、

箱を開けるのに躊躇した。

 

 

そなたの晴れやかな心遣い。

やはり心はいつも晴れやかにしておらねばな。

こんなちいさな御子に教えられた

そんな土曜日の昼下がり。

 

 

若君コーキどの とその妹君ユイどので御座った。

 

 

だんだん。

だんだん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

 

拙者、忍者の月照で御座る。

 

 

猛暑猛暑、連日の真夏日に

しこたま悩まされておりました今夏。

 

 

しかし気が付けば九月、季節はもう秋。

 

 

九月は和名で「長月」といいますが、

秋の夜長といいますように、秋になると

陽が早く落ちるようになりまする。

 

そして、だんだん夜が長くなることから

「夜長月」と云われ、さらに略され、「長月」と

云われるようになったとか。

 

 

そんな九月に入った松江城。

気のせいか秋っぽく見えるのはワシだけかな。

 

 

穏やかに一日が過ぎ、お城番帰りの夕暮れ時・・

なんか、わちゃわちゃ している・・

 

 

わんこ?

 

 

そうなれば、ご主人様にお願いして、はいパシャ

どうやら、いやらしい。

 

 

もいっかい

もっと、いやらしい。

 

 

くーー 

何回撮ってもダメ

 

 

ワシ悔しいから、近づいて接写。

 

 

あら、かわいらしい。 

あっちのこは?

 

 

おいで

ありゃ。

 

 

結局、これ以上は無理で

始終わちゃわちゃ わちゃわちゃ。

 

 

ともだち同士でたのしくてたのしくて、

ワシなんぞかまっているどころではなかったんじゃろうの。

 

 

このワンコちゃんず、ケイどの、チョコラどの。

 

 

今度お会いしたときは、

お顔をしっかり見せてくださいな。

 

 

以上、まだまだ写真術が甘ちゃん、

忍者の月照で御座った。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆々さま、こんにちは!

 

茶々丸でござる!!

 

 

 

あいや、気づけば夏が終わり

 

九月になってしまいもうした。

 

 

 

 

七月、八月はお祭りや様々な催し事への出陣のため

 

如何なる戦略を用いて攻めうるか、軍議を行ったり

 

実戦に向けて稽古を重ねたりと

 

本番にて “笑利” を勝ち取るべく、精進致しておりもうした。

 

 

 

 

米子がいな祭りでは、猛暑の中、計四回の戦がござったが

 

ちゃんばら教室で、武者が斬られてバタッと倒れたものの

 

地面の熱さに驚き、ビクッと一瞬生き返ったり致しもうした。

 

天に照らされた戦地の「こんくりーと」と申す岩盤が熱々に焼けており、いやはや大変でござりもうした。

 

 

 

 

松江フォーゲルパークの盆夜祭では、我ら “ゆるキャラ” として出陣。

 

心の内では 「我ら “ゆるキャラ” ではなく “しぶキャラ” じゃろう」 と思いながら

 

沢山の可愛らしゅうゆるキャラ達と共に、祭りを盛り上げて参りもうした。

 

 

 

他にもお話したきことはござりまするが

 

拙者が今回お伝えしたきことはこちらでござる!

 

「松江水燈路」(まつえすいとうろ)!!!

 

 

 

「松江水燈路」は、松江の代表的な秋祭りでござりまする!

 

 

 

好きな絵や言葉を描いた四角い行灯を、松江城山内に沢山ならべて灯すのでござりまする。

 

それはそれは幻想的な風景が広がり、普段はできぬ “夜の松江城” を満喫することができまするぞ。

 

その様は、まるで火の神と水の神が松江城にてお客人をもてなしておるようでござる。

 

 

 

そんな 「松江水燈路」 は

 

九月一日 ~ 十月三十一日に開催しておりまする!

 

時間は、十八時 ~ 二十一時まででござる!

 

 

 

 

夜の松江城での幻想的な風景

 

是非、一度ご覧あれ♪

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

  九月 出陣表  

 

             
   1(金)

 

 
   2(土)

(出陣場所 松江城

 
   3(日)

(出陣場所 松江城

 
   4(月)

 
(出陣場所 松江城

講師/本間亀二郎
※まつえ城学 11時 開講 (松江城 二の丸上の段 中櫓にて)

 
   5(火)

 

 
   6(水)

 

 
   7(木)

 

 
   8(金)

 

 
   9(土)


(出陣場所 松江城)

 
   10(日)

(出陣場所 松江城

 
   11(月)


(出陣場所 松江城

講師/堀川茶々丸

※まつえ城学 11時 開講 (松江城 二の丸上の段 中櫓にて)

 
   12(火)

 

 
   13(水)

 

 
   14(木)

 

 
   15(金)

 

 
   16(土)

(出陣場所 松江城

 
   17(日)

(出陣場所 松江城

 
   18(月)


(出陣場所 松江城

講師/堀川茶々丸

※まつえ城学 11時 開講 (松江城 二の丸上の段 中櫓にて)

 
   19(火)

 

 
   20(水)

 

 
   21(木)

 

 
   22(金)

 

 
   23(土)

(出陣場所 松江城

 
   24(日)

(出陣場所 松江城

 
   25(月)


(出陣場所 松江城

講師/堀川茶々丸

※まつえ城学 11時 開講 (松江城 二の丸上の段 中櫓にて)

 
   26(火)

 

 
   27(水)

 

 
   28(木)

 

 
   29(金)

 

 
   30(土)

(出陣場所 松江城

 
 

 

 

 
  スケジュールおよび出陣メンバーは予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

挨拶多義にて御免あれ、

亀二郎である。
 
 
 
 
さてもさても
かくも賑々しく
松江城が沸き上がるとは
 
 
 
 
 
松江だんだん夏踊り。
 
四十三団体
 
千二百人、
 
踊りに踊られ
 
 
 
 
 
松江の姉妹都市
愛知県大口町からも参陣され、
 
ーー
余談ながら、
愛知県大口町はかつては
尾張の国御供所村と云い
松江を開かれた 堀尾吉晴公の生地である。
ーー
 
わちゃわちゃと
盛り上がる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後まで観客が引かず。
 
さてさて。
日曜日 二十七日も
舞台で催し物があるでの。
 
お楽しみあれ。
 
 
 
 
 
IMG_20170825_153710244.jpg
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

挨拶多義にて御免あれ、

亀二郎である。
 
 
 
 
今年もやって来た
松江だんだん夏踊り。
そして、
お城のBEERガー殿(びあがぁでん と読む)。
 
 
 
 
八月二十六日は
お昼から夜八時まで
松江城で夏踊り。
四十三団体
千二百人が順々に舞い踊られる。
見物見学、大歓迎である。
 
 
さて、
お次は酒好き
特に昼の麦酒(びぃる)が好きなもの必見。
 
 
 
 
 
 
二十六日、二十七日、
午前十時から開催の
お城のBEERガー殿。
 
 
 
 
 
 
たまらぬのう。
 
そして最後に告知、
二十七日は
儂らまつえ若武者が
弓射ち的当てげーむ、を開催。
 
さ  ら  に
 
演武も有るぞ。
 
 
 
 
 
 
乞うご期待。
而して待て。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

挨拶多義にて御免あれ

亀二郎で御座る。
 
 
 
 
 
儂らまつえ若武者隊と
堀尾吉晴公、及び松江武者と参陣致した。
  
 
 
 
 
大勢のゆるキャラ達と
…儂ら武者(かっこわらい じゃ)
 
 
 
 
 
 へんな者…亀姫、とか云ったかな、右端の、
妖怪だと云う。姫路の刑部姫と姉妹だと云う。不思議じゃ。
 
 
 
 
なんだかんだでな、
子供も大人も
大にぎわいじゃった。
 
 
 
 
 
忍者の手裏剣的当て、も好評をはくした。
 
儂らは八月十四日だけだが
盆夜祭は十五日まで。
 
残りの夏を楽しまれたし。
 
 
 
 
 
追記、
載せるか載せないか、
躊躇った画↓
 
 
 
うーむ。夢で出そうな顔じゃ。
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

挨拶多義にて御免あれ

亀二郎である。

 

今日も、明日も、

これが十四日まで。

 

 

なにが、とな

そう

松江フォーゲルパークにて行われている 

 

 盆 夜 祭

(盆夜祭:2017年 8月11日~15日)

 

IMG_20170809_191737600.jpg

 

ぼんやさい。

 

十一日から、

十四日まで忍者が

手裏剣道場を行って居る。

 

的に ばずっ と当たった感触は

やみつきに為るぞ。

 

そして、

十四日は

我らまつえ若武者隊と…

 

FB_IMG_1472482301748.jpg

 

そして

あの

お方が、

御出馬されるという。

そう

あの

従四位の。

 

IMG_20170809_184932224.jpg

 

乞うご期待。

而して 十四日を 待て。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

挨拶多義にて御免あれ

亀二郎である。

 

 

先の七月の三十日、

伯耆の国鳥取の米子の「がいな祭」

がいな は米子の地言葉で大きいと云う意味じゃが

なかなかに大形なお祭りであったわい。

 

IMG_20170809_185101019.jpg

 

 

我らまつえ若武者隊は勿論

 

 

IMG_20170809_184932224.jpg

 

 

 

松江開府の祖、堀尾吉晴公と

 

 

 

IMG_20170809_185127458.jpg

 

 

武者から忍び、

足軽まで

米子で賑やかし、おもてなし、じゃ。

 

 

IMG_20170809_185412974.jpg

 

 

松江の宣伝を暗に示しつつ

弓射ちの遊戯で盛り上げたぞい。

 

 

IMG_20170809_185008837.jpg

 

 

更に四回の演武を披露し

 

 

IMG_20170809_185329277.jpg

 

こうして、

がいな祭は今年の催しを閉めた。

 

 

 

 

さてさてさて、

祭から祭へ。

 

八月十一日から

松江のフォーゲルパークにて

 

 「盆夜祭」

 

のいよいよ開催である。

ぼんやさい、と読む。

 

IMG_20170809_191737600.jpg

 

この祭りで忍者

八月十一日から十四日まで手裏剣道場を開催。

夕方五時半から夜九時まで。

手裏剣・・・投げてみぬかね。

 

 

そして、

若武者隊は十四日、

茶々丸修理月照

 

 

特別賓客 をお呼びし

賑やかしをする。

皆、遠慮はいらん参陣せよ。

 

而して楽しめ。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

挨拶多義にて御免あれ

亀二郎である。
 
 
 
 
先達ては八月六日
松江歴史館の流しそうめんを
賑やかしに覗いてきた。
 
 
此れは…良い、
 
 
 
 
 
将に
 
快なり、である。
 
 
 
 
 
 
涼を食すは
 
人間(じんかん)の妙。
愉しき事よな。
 
…儂、流れてくるそうめんを掬いきれず
結構流してしもうた。
 
今夜辺り勿体無いお化け、じゃなぁ。
 
 
 
 
 
この 流しそうめん 、来年もまた有るかも のぅ。
要 御留意あれ。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。