台湾駅舎めぐりの行程記録

テーマ:

■5/7(月) 晴れ
新山口 627発(新幹線こだま・博多行)
博多 715着-725発(地下鉄・福岡空港行)
福岡空港 730着-930発(バニラエアJW151・台湾桃園行)
桃園空港 1100着-1215発(バス706路・往桃園火車站)
桃園 1300着-1308発(往新竹)
新竹 1403着-1420発(往基隆)

北新竹 1422着-1429発(往六家)
竹中 1442着-1452発(往内灣)
合興 1525着-1555発(往竹中)
竹東 1609着-1612発(往竹中)
竹中 1627着-1634発(往新竹)
新竹 1650着-1729発(往彰化)
香山 1738着-1801発(往苗栗)
造橋 1817着-1826発(往基隆)
台北 2026着
〈台北 泊〉

■5/8(火) 晴れ
台北 621発(往蘇澳)
八堵 659着-703発(往菁桐)
菁桐 809着-827発(往八斗子)
三豹嶺 905着-917発(往樹林)
七堵 954着-1030発(自強号・往高雄)
彰化 1330着-1345発(往嘉義)
二水 1420着-1440発(往車テイ)
集集 1513着-1558発(往二水)
二水 1630着-1657発(往斗六)
斗六 1713着-1732発(往嘉義)
嘉義 1803-1812発(自強号・往潮州)
高雄 1939着
〈高雄 泊〉

■5/9(水) 雨・曇り

高雄 620発(往潮州)
竹田 658着-725発(往嘉義)
後壁 1000着-1021発(往斗六)
斗南 1104着-1112発(チュイ光号・往七堵)
石榴 1133着-1137発(往嘉義)
嘉義 1214着-1242発(往潮州)
南靖 1251着-1313発(往潮州)
林鳳營 1333着-1344発(往嘉義)
新營 1352着-1413発(往潮州)
隆田 1428着-1440発(チュイ光号・往潮州)
台南 1503着-1535発(往潮州)
保安 1542着-1606発(往潮州)
路竹 1620着-1701発(往潮州)
橋頭 1713着-1730(高雄捷運・往小港)
高雄 1755着-1810(高雄捷運・往南岡山)
高鉄左營 1820-1858(高鉄・往南港)
台北  2032着
〈台北 泊〉

■5/10(木) 晴れ
台北 630発(自強号・往潮州)
竹南 755着-831発(経成追線・往豐原)
談文 837着-844発(往彰化)
龍港 903着-925発(往新竹)
大山 935着-956発(往彰化)
追分 1120着-1127発(往通霄)
清水 1154着-1234発(チュイ光号・往七堵)
大甲 1245着-1306発(往竹南)
新埔 1334着-1404発(往彰化)
日南 1311着-1327発(往竹南)
苑裡 1500着-1517発(往彰化)
彰化 1616着-1626発(経山線・往新竹)
台中 1651着-1813発(自強号・往七堵)
台北 2021着
〈台北 泊〉

■5/11(金) 曇り
台北 535発(区快・往二水)
銅鑼 725着-730発(往新竹)
苗栗 740着-816発(往七堵)
造橋 825着-845発(往基隆)
山佳 1020着-1033発(往基隆)
板橋 1050着-発(台北捷運・往南港展覧館)
台北車站 着-発(台北捷運・往北投)
北投 着-発(台北捷運・往新北投)
新北投 着-発(台北捷運・往北投)
北投 着-発(台北捷運・往信義)
台北車站 着-発(桃園機場捷運・直行・往機場第二航廈)
機場第一航廈 着
桃園空港 1655発(バニラエアJW158・福岡行)
福岡空港 2015着-発(地下鉄・姪浜行)
博多 2150発(新幹線さくら・広島行)
新山口 2225着


「戦国毛利絵巻」「戦国島津絵巻」に引き続き、兄弟アプリ「戦国土佐絵巻」をリリースしました!
タイトルに大名家の名前が入っていませんが、主人公は土佐の出来人・長宗我部元親です。

小さな勢力からのスタートですが、家臣団の結びつきや連携に優れ、戦で槍優勢を取ると敵の兵が溶けます。自分でやってみても、結構爽快です。
「毛利絵巻」や「島津絵巻」をお楽しみいただいた方にも、また違った楽しみ方ができるのではないかと思います。


今月どこまでやれるかわかりませんが、無料の「戦国絵巻」シリーズはあと3本ほどリリースを予定しています。今度は東日本です。
既存の戦国シミュレーションはあまり西日本や東日本に光を当ててくださらないので、ならばうちが積極的に(微光を)当てていきたい。そう思っています。


Androidのスマホをお持ちでしたら、通勤、通学、眠れぬ夜の御供などにぜひどうぞ。

「戦国毛利絵巻」 「戦国島津絵巻」 「戦国土佐絵巻」


昨年末のAndroid無料ゲームアプリ「戦国毛利絵巻」に引き続き、兄弟アプリ「戦国島津絵巻」をリリースしました!
今度の主人公は、島津義久です。

弟の義弘ばかりが(特に豊臣政権下や関ヶ原では)目立ってしまっていますが、正統たる当主様の義久が主人公だっていいと思うんです。軍師は変更できるけど、主人公は唯一無二です。

いきなり大勢力かつ人材豊富な大友氏とガチ対決なので、ゲームバランス的には内政よりも軍備や攻め方、戦の駆け引きに若干重きを置いています。「毛利絵巻」をお楽しみいただいた方にも、また違った楽しみ方ができるのではないかと思います。


今日中には、もう一本「戦国土佐絵巻」がリリースできる予定です。
こちらは長宗我部元親が主人公で、毛利や島津ほどの国力はありませんが、戦闘特技が炸裂するととんでもないことになるという戦メインのゲームバランスにしてあります。


Androidのスマホをお持ちでしたら、通勤、通学、眠れぬ夜の御供などにぜひどうぞ。

「戦国毛利絵巻」 「戦国島津絵巻」